THE F1RST TIMES

COLUMN

2021.09.11

踊って痩せたい!体が勝手に動くほど聴いた曲しばりで選曲した『家フェス・K-POPソング編』

TEXT BY もーちぃ

日本一新大久保に詳しいOLのもーちぃです。

今回はお家でフェス気分で盛り上がれる『家フェス・K-POPソング編』を紹介します。テンションの上がるK-POPソングに欠かせないのが、マネしたくなるようなダンス。振りの完コピはできなくても、音楽がかかると思わず体が動き出してしまう! そんな名曲が多いですよね。

というわけで。勝手に体が動き出すレベルまで聴き込んだ楽曲を中心に、踊って盛り上がりたい時に外せない全9曲をセレクトしました。

私の趣味がたーっぷり詰まった偏りありまくりの選曲ですが(笑)、踊りまくって体が汗ばみ、聴き終わった後にはストレスもカロリーもぶっ飛んでいること間違いなしです。

かわいい&怖いの波に圧倒される
Red Velvet「Russian Roulette」

レドベルこと、Red Velvetの代表曲のひとつで、ポップでかわいい! まさにレドベルらしい一曲です。曲の雰囲気に反して、MVは衝撃的な内容で初めて観た時、次々と押し寄せるかわいいと怖いの波に圧倒されました。

振りのユニークさも特徴的な曲であり、「この曲にそんな振りがつくの!?」と衝撃を受けた人も多いはず。単純なようで作りこまれた振り付けは聴くたび踊りたくなります。

浮気を皮肉る歌詞もおすすめ
EXID「L.I.E」

昨年活動休止したガールズグループ・EXID。セクシーな振りに浮気を皮肉る歌詞がまたEXIDらしくておすすめです。

振りもキャッチーで覚えやすいのですが、音に合わせて体を動かしたくなるよう名メロディラインなので振りを知らなくても楽しめます。特に後半のボーカルラインであるソルジのフェイクは最高にテンションが上がります。

ターニングポイントにもなった一曲
MOMOLAND「BBoom BBoom」

踊りたくなる曲といったらハズせない! MOMOLANDの「BBoom BBoom」。

MOMOLANDが楽曲の方向性を変え、一躍人気者になったきっかけとなった「BBoom BBoom」は、一度目にしたら頭から離れません。親指を立てながら上げていく振りは誰でもマネできますし、踊っているうちに元気が出てきますよね。簡単に見えますが、踊ってみるとかなりのカロリーが燃焼されます。

王道アイドルソングのような爽やかさ
NCT 127「0 Mile」

ここで初のボーイズグループを。NCT 127の「0 Mile」です。

この曲はNCT 127 の3枚目のミニアルバム『NCT #127 CHERRY BOMB』収録曲なのですが、歌番組やライブでも度々披露されている人気曲です。特徴的な楽曲やトリッキーな振りのイメージが強いNCTですが、この曲は愛する人との心の距離を歌ったラブソングで王道アイドルっぽい爽やかさがたまりません。

ダイナミックさと繊細さが融合したダンス
TWICE「Feel Special」

「Feel Specia」の歌詞に支えられた…なんて方も多いのではないでしょうか? 私もそのひとりです。

デビュー当時、特徴的な歌い方をした楽曲や振りが多かったTWICEですが、「Feel Special」ではより洗練された美しいダンスで魅了。NiziUを生み出した“Nizi Project”内でも課題曲として披露されたこの曲は、ダイナミックでありながら繊細な動きが取り入れられていて、まさに覚えたくなる一曲です!

もーちぃ的No.1おしゃれグループ
f(x)「4Walls」

今年、メンバー全員が所属事務所を退社してしまいましたが、SNSでデビュー12周年をお祝いするなど、今も絆が見える多国籍グループ。

K-POPブームを牽引したグループの1組でもあるf(x)は、つねに前衛的な楽曲やファッションを披露していて、私にとっていちばんおしゃれなK-POPグループでした。

そんなf(x)の「4Walls」は曲、衣装、振り付けすべてがとにかくおしゃれ! アンニュイで大人な雰囲気にピッタリな振り付けは簡単に見えてカッコ良く見せるのはとても難しく、奥深い魅力があります。

“ノムノムノム~”には逆らえない!
I.O.I「Very Very Very」

そろそろ踊り疲れてきたころでしょうか(笑)? まだまだここから盛り上がっていきますよ~!

Mnetのサバイバル番組『PRODUCE101』のシーズン1からデビューしたI.O.Iのデビュー曲であるこちらはキュートなメロディにぴったりなキャッチーな振りが最高に盛り上がります。

“ノムノムノム~”とサビが流れたら、誰もが踊らずにはいられません。ハイスピードな楽曲なのでカロリー消費も狙えちゃうかも(!?)

振りを気にせずとも体を揺らすだけで爽快
SHINee「View」

『家フェス・K-POPソング編』も終盤です。こちらの楽曲もおしゃれなんですよ!!

ナチュラルかつ、細かく難しい動きも取り入れられた振りですが、それを気にせず、まずは流れるメロディに合わせて体を揺らしちゃってください。

余談ですが、こちらの曲のMVは“ファンがSHINeeメンバーを連れ出し、普通の男の子としての束の間を過ごす”という全オタクの夢が詰まった(!?)一度は見てもらいたい内容となっています。切ないラストにもご注目…。

SISTARのいない夏は夏じゃない!
SISTAR「I Swear」

最後を飾るのはSISTARの「I Swear」です。2017年に解散をしたものの、今でも夏にSISTARはマストです。SISTARのいない夏は夏じゃないんです(力説)!

「I Swear」は夏の終わりにぴったりな、爽やかで少し切ない気持ちになる一曲。SISITARの代名詞であるセクシーでアクティブなダンスが、ポップなのにエモーショナルな雰囲気を誘うメロディにぴったりと合っていて夏の思い出を恋しく思う気持ちにさせてくれます。

さて、皆さん踊りまくって汗だくになっているのではないでしょうか。家で過ごす機会が増えた今、今回紹介したK-POPに合わせて踊って、踊って、ストレスもカロリーも吹き飛ばしちゃいましょう。

それではもーちぃでした!