THE F1RST TIMES

COLUMN

2021.11.25

ナナヲアカリが『RING³』で見せた人懐っこさとストレートな感情表現に心掴まれる

TEXT BY 菜本かな

■『RING³』第3弾にナナヲアカリが登場

チャンネル登録者538万人(2021年11月25日現在)を超える『THE FIRST TAKE』が手がけるYouTube雑談コンテンツ『RING³』(リン・リン・リン)。

部屋に置かれた一台の電話を前に、相手も用件も一切不明なまま電話をとるアーティストたち。声色、息遣い、対話相手との間合い…電話だからこそ自然とにじみ出る、アーティストの“素”。

第1弾の森七菜、第2弾の岡崎体育に続く、第3弾にナナヲアカリが登場。“ゆかりのある人物”との会話を通して、彼女もまた素顔を垣間見せていく。

■小さな葛藤を掬い上げる、ナナヲアカリの音楽

大人になるほど、好きなものを「好き」と素直に言えなくなった。嫌なことがあっても、笑顔で蓋をすることも覚えた。このままでいいのか、こんなはずじゃなかったのに…。

そんな時、ナナヲアカリの楽曲に出会う。彼女はファンから“ダメ天使”というキャラクターで愛されるシンガーソングライターだ。

彼女が手がけた「愛の歌なんて」を聴いた時、“私のことだ”と感じた。

何も不自由はないのに、なぜか苦しい。自分でもよくわからない小さな葛藤を、ナナヲアカリは優しく掬い上げてくれる。そして、「そんなことどうでもいいよ」と言わんばかりに、吹き飛ばしてくれるのだ。“愛の歌なんて歌えるかよ/バカみたいバカみたい/バカみたいじゃないか”と歌う中毒性のある声。一緒になって歌っているうちに、もう少し頑張ってみるか…と思えてくる。

それにしても、どうして燻っている人の気持ちがわかるのだろう。ずっと抱いてきた疑問が、冒頭で紹介した『RING³』での会話で少しずつ明かされていく。

■“好き”も“嫌い”も全力で、もどかしいさまをも表現

1度目にかかってきた電話(1st Call)は、TVアニメ『PUI PUI モルカー』の監督・見里朝希からだった。

“モルカー”の大ファンである彼女は、電話の相手が見里監督だとわかった途端、「めちゃくちゃ好きなんですよ!」とまっすぐに愛を伝えた。そして、見里監督の言葉を一語一句聞き逃さないよう必死でメモを取る。

そんなナナヲアカリの姿は、“大人”としては新鮮であり、とても羨ましくもある。どんな時だって彼女は好きなものを全力で「好き!」と叫ぶことができるのだ。

そんな自然体な性格が、楽曲にも影響しているのかもしれない。

「ナンセンス・ハビット」の、“見知らぬ誰かの不幸で/またちょっと息ができたね”や、「ホントのことを言うのなら」の、“あたしが笑っていられるように/あの子のことを笑ったんだ/あたしが愛されますようにって/君に嘘をついてるんだ”など。彼女は、人間の“嫌なところ”も歌にしてくれる。

好きなものは「好き」。嫌いなものは「嫌い」。時にそんなふうに割り切れないもどかしさまで、ナナヲアカリは包み隠すことなくストレートに表現する。だからこそ、彼女の言葉はダイレクトに届くのかもしれない。

■苦労の日々も心を豊かにしてくれる大切な思い出として刻む

2度目の電話(2nd Call)で、さらに彼女の“素”が浮き彫りとなる。

電話の相手は、元バイト先の店長。「ここで働かせてください」と直談判したという古着屋は、上京したての彼女にとって“第二の実家”のような存在だったのではないだろうか。店長と話している時は、アーティスト・ナナヲアカリとしてではなく、あの頃と何も変わらないひとりの元気な女の子。

苦労していた時期を知る店長と、「下北沢でやったライブで30人くらいしか集まらないこともあったね」とデビュー前の日々を振り返っていく。彼女は、その当時の苦労を忘れていないのだろう。むしろ、大切な思い出として胸にしまっているのかもしれない。彼女の歌が、燻っている人の心に響く理由はここにある。

さらに、店長から楽曲制作の方法について聞かれると、照れくさそうに「元気がない時に書く」と明かした。「元気がある時は、散歩に行っちゃうから」と笑うナナヲアカリ。また、私たちの知らない表情が見えた。

彼女は、強さと弱さを両立している人なのかもしれない。

強くありたい自分と、弱い気持ちを抱えている自分。人懐っこい性格でありながら、どこか他人に苦手意識を持っていたり…そんなナナヲアカリのアンバランスな部分に、私たちは惹かれるのだろう。

『RING³』を通して、彼女の魅力を改めて知ることができた。この動画を観る前と今とでは、楽曲の響き方も変わってきそうだ。


ナナヲアカリ OFFICIAL SITE
https://www.nanawoakari.com/

『RING³』
https://youtube.com/playlist?list=PLi1F8vriz0_X0gR9JNsf-kWa5Gm64nlFS

『THE FIRST TIMES』OFFICIAL YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCmm95wqa5BDKdpiXHUL1W6Q