THE F1RST TIMES

INTERVIEW

2021.10.27

“今までにない日向坂46”が溢れる新曲「ってか」。「見かけじゃなく内面を見て」という強いメッセージ

日向坂46が通算6枚目となるニューシングル「ってか」をリリースした。二期生の金村美玖が新センターを務め、メンバーが「今までの日向坂46にはないクールでカッコいい楽曲」と口を揃える躍動感あふれるダンスポップに果たしてどんなアプローチで挑んだのか。

上村ひなのが三期生として初めてセンターを務めた「何度でも何度でも」で初のフロントに立つ二期生の松田好花と、みーぱん(佐々木美玲)ファミリーの末っ子として初のユニット曲「酸っぱい自己嫌悪」に参加した三期生の山口陽世のふたりに話を聞いた。

INTERVIEW & TEXT BY 永堀アツオ
PHOTO BY 藤城貴則

■ガラッと変わった日向坂46をお見せできる機会

──ニューシングルの表題曲「ってか」を最初に受け取ったときの感想から聞かせてください。

松田好花(以下、松田):まず、タイトルが気になってましたね。みんなで「どうやって発音したらいいんだろうね」って話していたり、「歌番組でMCの方々はどんなふうに曲フリしてくれるのかな?」っていう妄想をしてて。タイトルもかなり気になってたんですけど、曲調もこれまでに比べるとクールな感じで、歌詞も“見た目じゃなくて、内面を見てほしい”という、ちょっと強いメッセージも込められていて。ダンスも激しいですし、これまでとはガラッと変わった日向坂46をお見せできる機会になるんじゃないかなって感じました。

山口陽世(以下、山口):私も小さい“っ”から始まる楽曲のタイトルを初めて見たので、すごく斬新に感じました。でも、印象に残りやすいタイトルだなって思いましたし、楽曲を聴いて、歌詞の内容も強い女性目線で、今までのかわいらしい感じとは違う雰囲気だなと思いました。

──松田さんがおっしゃった“見かけじゃなく中身を見てほしい”という気持ちを含めて、歌詞は共感できますか。

松田:2サビに“他の誰かには絶対にない/そんな魅力とか見つけて/目移りできない私らしさ/それが何なのか知りたい”ってあるんですけど、そういう気持ちはありますね。グループで活動するなかで“他の誰かにない魅力”ってなんだろうって考えることがある。だから、私らしさが気になる気持ち、なんなのか知りたいっていう気持ちは共感しますね。…でも、「かわいい」って言われるのもうれしいです! あははははは。

山口:(笑)私もかわいさだけじゃなく、内面も含めて、好きになってもらいたいんじゃないかなっていう気持ちはすごくわかりますね。

──顔が好きって言われてもうれしくない?

山口:いや、うれしいです! あはははは。

──(笑)では、お互いを見て、他の誰かには絶対にない魅力はどこだと思いますか。

松田:陽世は自然とかわいがりたくなるんですよね。愛され力があるというか。同期だけじゃなくて、先輩方とも仲良くしているところを見て、後輩力がすごく高いなって感じました。

■何気ない会話を一緒にさせていただける先輩

──先ほどの撮影中、セッティングチェンジの間も山口さんの膝の上に松田さんが乗ってましたね。

松田:あはははは。はい。でも、絶対に私の膝の上には乗ってくれないんですよね。「先輩の上には乗れないです」って。乗ってほしいんですけど、そんなところもかわいくて。

山口:実は結構、年上ですよね。

松田:そうだね。5つ上だから、小1と小6。

山口:好花さんは、5つも歳が離れている私に対してもフレンドリーに接してくれるのが魅力なんじゃないかなと思います。

松田:歳の差は全然感じてないんだよね。「君しか勝たん」のときにフォーメーションが隣になって。そこきっかけで関わる機会が多くなったんですけど、陽世はしっかりしてるというか、大人の部分があるなって感じてて。あんまりキャピキャピしてないし、落ち着いているので、5個も下っていう意識はなくしゃべってますね。

山口:何気ない会話を一緒にさせていただける先輩で、すごく一緒にいて楽しいし、話しやすいし、なんでもお話しできるような方ですね。

──では、自分自身としては、どこを褒められたらうれしいですか。

松田:基本的には褒められることはなんでもうれしいんですけど、「ライブでのパフォーマンスを見て好きになりました」って言ってもらえると、練習してきて良かったなって思えますね。パフォーマンス面で褒められるのが結構、うれしい気がします。

──そうなんですね。もっと喋りとか、返しとか、トークのほうかと思ってました。

松田:いやいや。そっちはまだまだこれからなので、逆に褒められたら不安になっちゃうかもしれないです。ファンの方は皆さん優しいので、「今のままで大丈夫だよ」とか、全部肯定してくださるんですけど、自分がまだあんまりうまくできてないかなっていうことまで褒められちゃうと、“それって、ほんとなのかな?”って逆に不安になっちゃいますね。だから、歌とかダンスの面で、「前より上手になったね」って褒めてもらえるとやる気が出ます。

山口:私も好花さんと一緒ですね。頑張ってきたことを見てもらってるとうれしいです。パフォーマンス面をライブで見てくださって、「1年前よりここが成長したね」とか、「ここすごかったよ」って言われるのがいちばんうれしいですね。

■自分が知らないことを知ってる人は魅力的

──この歌詞で描かれている恋愛観はどう思います。楽曲の女の子は「価値観を共有したい」って言ってますよね。

松田:うーん…同じところで笑えるのはいいなって思いますけど、逆に同じじゃなくても、こういう人もいるんだっていう考え方にもなれるし、新しい視点みたいなものを得られる気がするんですよね。友達でも、自分とは全然タイプの違う人と仲良くなるってこともあるじゃないですか。だから、同じ価値観がほしいというこだわりはないですね。ただ、自分が知らないことを知ってる人は魅力的に感じたりはするかな。

山口:誰であっても、たぶん、自分が持ってないものを持っているので、そういう部分には興味がありますけど…私は一緒にいて楽な人がいいなと思います。

──グループの中では誰といると楽ですか。

山口:同期の三期生とか、(隣を見て)好花さんもそうですね。

松田:あはははは。言わせた感があるけど。

山口:いや、本当です。楽というのは、全く気を遣わない相手という意味ではなくて。一緒の空間にいて、たとえ話をしてなくても背筋が伸びない方ですね。

松田:あははは。いや、うれしいよ。ありがとう。

──(笑)楽曲の話に戻ると、“これまでとは雰囲気の違う”という楽曲に対して、どんなアプローチで臨みましたか。

松田:サビも難しくて大変だった印象があるんですけど、私にとってのレコーディングは、大声で歌えるので、ストレス発散の場でもあるので、わりと楽しかったですね。(オーオーオーオー)とか、追っかけるところが楽しかったです。

山口:私は“誠意ある人はどこ?”っていう部分を歌ってて。地声は低めなんですけど、歌うと高くなっちゃうので、いつもより声を低めでかっこいい感じで歌おうっていう意識がありました。

──MVの撮影はどうでしたか。

松田:ひたすら風を浴びながらの撮影だったので、風に手や足を持っていかれそうになってましたね。あと、風に砂が乗っていて、結構、目に入っちゃったりとか。身体的にも大変だったんですけど、みんな意外と楽しみながらやってて(笑)。「風やばい! 前髪死んだ!!」とか言いながらも、楽しんでましたね。

山口:本当に風、風、風っていう印象が強くて。風に乗っていろんなものが飛んでくるので、それを浴びながらも、何回も撮ってて。体力的に疲れていても、映像としてずっと残るものなので、踏ん張ってやってましたね。

■みんなで一丸となって進んでいくぞっていうメッセージもある

──どんなテーマで撮ったんでしょうか。

山口:竜巻みたいになった巨大なソフトクリームに、みんなで挑んでいくっていう。ひとりでもかけちゃうと崩れちゃうんですよ。で、センターの美玖さんが戻ってきて、またみんなで向かってく。風に乗って飛んでくるものを避けて、前に進んでいくっていう映像になってます。

松田:カッコいいだけじゃなくて、日向坂46らしく、ちょっとかわいい要素を入れて、ソフトクリームにしたんだと思うんですけど、このコロナ禍を象徴したものと言いますか。そういうものにも負けずに、みんなで一丸となって進んでいくぞっていうメッセージもあるのかなって思います。

──この曲で初センターを務める金村さんはふたりからはどう見えてますか。

松田:めちゃめちゃ頼もしいですね。華奢なんですけど、ダンスをすると動きが大きいので、迫力があると思いますし、カッコいい曲調がすごく似合うなと思っていて。“DASADAライブ”(『日向坂46×DASADA LIVE&FASHION SHOW』)のときに、小坂菜緒の代わりに「青春の馬」で金村美玖がセンターをしていたんですけど、そのときにもすごいカッコいいと思っていたんですね。で、「ってか」を聴いたときに、これは絶対に金村にぴったりだなって思いましたし、完成したMVを観ても、さすがだなって思いました。目鼻立ちがキリッとしたクールな表情で、ダンスもキレがあって、すごく魅力的だなと思います。

山口:MVでものを避けて前を向くっていうシーンがあって。そこが私、すごく好きなんですよ。金村さん、カッコいいけど笑ってるんですね。そういう表情ができるのがかっこいいなって思うし、パフォーマンスも、それこそ、誰も真似ができないというか。ダイナミックに綺麗に踊ってらっしゃって、後ろから見ていても“ついていきたいな”って思うし、美玖さんについていけば大丈夫っていう感じがありますね。

──齊藤京子さんと加藤史帆さんが金村さんの手を取って連れてくシーンはちょっと泣けるくらい感動的でした。松田さんはソロのダンスシーンもありますよね。

松田:私は今回のMV撮影で一番目、最初のシーンだったので、結構、思い出に残ってますね。TAKAHIRO先生が振り付けしてくださったんですけど、私がクラシックバレエをやっていたこともあって、ちょっとしなやかな動きをつけてくださったので。ぜひ注目してほしいなと思います。

山口:私はラスサビが好きです。美玖さんの手を取ったあとに、みんなで手を繋いで、一直線に向かっていくところが印象的だったし、最後に(東村)芽依さんが、トリケラトプスを拾って、また違うニンジンのモンスターに向かっていくのもいいなって思いました。

──現場にはソフトクリームのお化けもニンジンの怪物もいないんですよね。

山口:いないですね。MVを観て、こんな感じなんだって思いました。

松田:撮ってるときはちゃんとできてるのかなって思ってたんですけど、CGや編集が加わると、こんなにも迫力のすごいものになるんだという驚きがありましたね。

山口:あと、みんなでフワって上に手をあげるシーンがあって。フリを入れてるときは、イメージだけでやってたんですけど、完成したMVを見たら、時が一瞬止まっているのを観て、すごく感動しました。

■筋肉痛が史上最高くらい

──ダンスもこれまでよりも激しくなってますね

松田:筋肉痛が史上最高くらいに出ました。みんな、体が限界を迎えていたんですけど、そのなかでもカッコ良く見せたいという思いで頑張りました。

山口:しゃがんだり、立ったりっていうのが多くて。2サビもジャンプするシーンがすごく多いので、足にもきてたんじゃないかなと思います。

──全国アリーナツアー「全国おひさま化計画2021」でも披露してきました。

松田:ライブパフォーマンスでは、より歌を届けようっていう気持ちがあるので、ハンドマイクで披露したんですよ。音の特効があるので、ライブならではの盛り上がりを感じて楽しいですね。

山口:ハンドマイクなので、両手で踊るよりは迫力がなくなると思うんですけど、片手だけでも、ダイナミックさをみんなで表現できるようにと思ってて。最後らへんで披露してきたんですけど、全部の力を振り絞ってやってました。

松田:有観客ではあったんですけど、まだ満員にはできないし、お客さんも声を出せなくて。声を聞きたいなという気持ちは日に日に増してましたし、その壁はみんなで乗り越えていきたいなと思いますね。

──カップリングについても聞かせてください。「何度でも何度でも」は上村ひなのさんが三期生としては初センターを務めてます。

山口:ひなのちゃん、すごくセンター似合ってるし、この楽曲にも似合ってるなと思って。いつもはふわふわしててかわいらしい雰囲気を持っているんですけど、目つきも何もかも変わってカッコ良くなってて。私、ひなのちゃんの斜め後ろで、パフォーマンス中もよく見えるんですけど、そのときもすごい頼もしいセンターだなって思います。

──松田さんは初めて1列目でのパフォーマンスとなってます。

松田:そうですね。グループで活動するなかで、いつかは立ってみたいなという気持ちを持って活動していたので、全員曲では初めてフロントに立たせていただけることになって、すごくうれしかったです。あとは、なんていうんだろうな…。

──MVでもたくさん登場してました。

松田:違和感はありましたね。撮影のときから、こんなにカメラが自分に向くことはなかったので(笑)、すごく変な感じでした。でも、公開されてからは、家族や友人、いろんな人が連絡をくれて。「よかったね」って言ってもらえて。ファンの方にもミート&グリートのときにオンライン上でお祝いしていただけて、よかったなと思いました。

■自分の道を信じていってもいいんじゃないかなって思わせてくれる

──高校生クイズ』の応援歌となってますが、楽曲はどう捉えましたか。

松田:すごく元気を与えてもらえる曲だなって思いました。でも、マイペースでいいんだよ、みたいな。楽しみながら進もうって寄り添ってくれる応援ソングだなと感じましたし、自分を信じるっていうことは大事だなってことにも改めて気付かされましたね。

山口:高校生以外の方でも刺さる部分があるんじゃないかなって思います。私自身、研究生時代に何回も折れそうになったんですけど、そういうときも、前を向いて自分らしくって思ってきて。だから、自分の経験にもすごく当てはまるというか、胸に刺さった部分もありますし、人の背中を追いかけて歩くのもいいけど、やっぱり自分の道を信じていってもいいんじゃないかなって思わせてくれる曲だなと思います。

──折れそうになったときはどうやって立ち上がったんですか。

山口:やっぱり家族とか、周りの力ですかね。自分だけではどうにもできなかったと思います。

松田:私もそういうときは家族に話を聞いてもらったり、メンバーと話したりするかな。同じ悩みや苦しみを感じてる子がいることがわかると、一緒に頑張ろうって思ったりできる。それがグループアイドルの良さだと思います。メンバーだけでなく、スタッフさんやファンの方々、いろんな方に支えられて、頑張ろうって思うことができてますね。

──先ほどもお話に出たMV撮影はどうでしたか。

松田:『高校生クイズ』の応援ソングということで、みんなで制服を着ていて。私はとうに高校生を卒業してしまってるんですけど(笑)、制服を着て学校の体育館で撮影したので、高校生に戻った気分で新鮮でしたね。

山口:一人ひとりで撮影して。みんなバラバラの場所で、バラバラの制服で撮影していたので、このMVどうなるんだろうってずっと思ってて。完成したら、いろんな場所でダンスしてる、そのダンスの振りも一人ひとり違っていたので、歌詞に寄り添ったMVだなって思いました。

松田:私はやっぱりこんなに映っていいのかなって思いましたね。あはははは。ただ、一人ひとりのソロシーンがあった「ドレミソラシド」も好きだったので、全員に焦点が当たるMVはファンの方もメンバーもうれしいだろうって思いました。あと、画角が昔っぽい4:3になっていて、画質もちょっとフィルム感があるので、青春を感じられて。これもまた新しくていいなって思いましたね。

──青春の思い出を聞いてもいいですか。

松田:私は高校3年生の夏に加入したので、学生としても、ひらがなけやきとしても、両方の青春を味わっているなと思ってて。“青春”と言われたら、やっぱり体育祭とか文化祭とか学校の行事が浮かぶかな。

山口:普通の日の学校の帰り道も青春ですよね。今は、人と歩いて家まで帰るということはないので、それは青春だなって思います。

■MV撮影でも素を出せる

──山口さんがみーぱんファミリーの一員として歌った「酸っぱい自己嫌悪」も青春ソングですよね。

山口:すっごいうれしかったです。振り入れの期間から、独特の温くて、ゆる〜い雰囲気が流れてて。MV撮影でも素を出せるというか。MVって、素を出すというよりは、何かを演じることが多かったんですけど、今回は校庭で踊ってる2サビのシーンも、素で笑っちゃってて。でも、そういう部分が青春ぽくて、素敵なものにしてくださってうれしかったですね。

松田:一本の映画を観たような気分になるMVだよね。みーぱんファミリーだから家族構成なのかなって思っていたら、同級生という設定になっていて。なんか、エモいなって思いましたし、素の笑顔を見れて、ザ・青春っていう感じがして、とてもいいなって思いました。

──こちらは、苦い青春の思い出ですが、もう1回やり直したいことはありますか。

山口:一応、まだ高校生なんですけど(笑)、中学生のときにこれ嫌だったなっていうことも、今、思い返すと笑い話になるし、楽しかったなって感じることが多くて。

松田:私、高校生のときに軽音部に入ってたんですけど、自分が組んでたバンドで文化祭に出て。そのときがすごく楽しくて。だから、酸っぱい思い出ではないんですけど、もう1回、やりたいですね。ギターで軽くコーラスを入れるくらいだったんですけど、今でいうライブの感覚をあのときに味わって。すごく楽しかったので。またやってみたいなと思います。

山口:私はわりとなんでもやりたいことはやってたタイプなんですけど、もう一度味わいたいというと、大会に出たいですね。部活でバトミントンをやってたんですけど、これから絶対に味わえないだろうなって思うので、大会の本気の雰囲気をもう1回味わいたいですね。

──ありがとうございます。もう一曲、全員曲の「思いがけないダブルレインボー」についても聞かせてください。

松田:これも希望系の歌ですね。ライブの終盤で歌うんじゃないかって感じがするんですけど、夢をあきらめないで、忘れないで、自分の未来を信じていこうっていうところは、日向坂46らしいんじゃないかなと思います。あと、虹に縁があるといいますか。「ジョイフルラブ」で虹があったり、高橋未来虹という虹が名前に入ったメンバーがいたりとか。また虹の曲がいただけてすごくうれしいですね。

山口:日向坂46って勇気を与えてくれる、希望を見せてくれる楽曲がすごく多くて。自分の人生なんだから、他人ではなく、自分で決めていいんだよっていう。みんなそう思ってると思うけど、もうひと押ししてくれる楽曲だなと思います。

■東京ドームにみんなで立ちたい。ひとつの目標であり、夢

──最後に、この曲にもかけて、自分の夢、未来を聞かせてください。

松田:そうだな〜。満員の東京ドームを夢見ていますね。まだどうなるかわからないけど、「約束のたまご」という東京ドームを目指した歌をいただいていて。ずっとライブの最後に歌ってきて、夢見た場所でもあるので、まずは東京ドームにみんなで立ちたいなというのがひとつの目標であり、夢なのかなって思います。

──個人としての夢は?

松田:最近、叶っちゃったんですけど、ありがたいことにラジオのパーソナリティーをさせていただいて。次の夢はパッとは思いつかないんですけど、いろんな方と出会っていくなかでやりたいことが見つかっていくと思うので、次の夢を見つけるのが夢です。

山口:日向坂46にいることでできることが増えると思うんですね。いつか日向坂46を卒業したら、“これがしたい”と思ってもそんなにできないと思う。今は自分がしたいことを発信できるので、自分の趣味や特技を発信して、何かに繋がればなっていうのが夢ですね。具体的に言うと、野球が特技なので、始球式に繋げられたらなっていうのが大きな夢ですね。まだまだだと思うけど、いつかはやってみたいなと思います。


プロフィール

日向坂46
ヒナタザカフォーティーシックス/秋元康が総合プロデュースするアイドルグループ。欅坂46のアンダーグループ、けやき坂46として2015年より活動。2019年3月27日の単独デビューを発表後、グループ名を改名し、日向坂46へ。12月24日、25日に幕張メッセにてクリスマスコンサート「ひなくり2021」開催予定。


リリース情報

2021.10.27 ON SALE
SINGLE 「ってか」

初回仕様限定盤TYPE-A

初回仕様限定盤TYPE-B

初回仕様限定盤TYPE-C

初回仕様限定盤TYPE-D

通常盤


日向坂46 OFFICIAL SITE
https://www.hinatazaka46.com/