THE F1RST TIMES

NEWS

2021.06.18

石崎ひゅーい×磯村勇斗、“大人の七夕の一夜”を描いたスペシャルWEBムービー公開

■「ブラックスター。宛先はボウイ。たくさんの憧れを込めて書きました」(石崎ひゅーい)

石崎ひゅーいが、サッポロ生ビール黒ラベル七夕企画タイアップソングとして、新曲「ブラックスター」を書き下ろし。この楽曲が使用されているWEBムービー『【OFFICIAL PV】石崎ひゅーい – ブラックスター(Be a STAR ver.)by サッポロ生ビール黒ラベル』が、本日よりYouTubeにて公開となった。

WEBムービーでは、 “それぞれにきっと、大切な星がある。”というコンセプトのもと、石崎が「ブラックスター」を書き下ろし、さらに本人役として出演。そして、俳優の磯村勇斗が、葛藤しながらも、七夕の夜に力強く一歩踏み出すひとりの“大人”を演じている。

役者やアーティストではあるが、それぞれのひとりのリアルな像が表現されており、見る人の背中を押す内容となっている。

さらに、黒ラベルの缶やグラスにデザインされている「星」のロゴを「STAR READER」のサイトのブラウザカメラで読み込むと、石崎と、磯村ふたりによるスペシャル対談ムービーが観られる。楽曲制作の背景やふたりが共演した感想など、ここでしか聞くことができない内容となっている。

■「STAR READER」概要
「STAR READER」の特設サイトにある専用のブラウザカメラを起動して「サッポロ生ビール黒ラベル」の缶やグラスのロゴを読み取ると、時期に応じて様々なスペシャルコンテンツが観られる。各コンテンツはそれぞれ公開期間が設けられている。

■第3弾「Be a STAR -それぞれにきっと、大切な星がある。-」概要
公開期間:6月18日12時〜7月16日17時
内容:それぞれにきっと、大切な星がある。”というコンセプトのもと、大人の七夕の一夜を描いたスペシャルコンテンツ。あわせて公開されるWEBムービーでは、石崎ひゅーいが書き下ろしたオリジナル楽曲「ブラックスター」をテーマに、磯村勇斗が葛藤しながらも七夕の夜に力強く一歩踏み出すひとりの“大人”を演じている。

さらに、「STAR READER」サイトにて、専用ブラウザカメラで黒ラベルの「星」ロゴをスキャンすると、石崎ひゅーいと磯村勇斗によるスペシャル対談ムービーが視聴できる。

■石崎ひゅーい コメント
今まで、夜や、星についてたくさんの歌を書き続けてきました、それは亡くなった母に向けての手紙のようなものでした。
5年前、僕の名前の由来でもあり、母が熱烈なファンだったデヴィッド・ボウイが亡くなった日。夜がやけに明るくて、星がひとつ増えたような、そんな気がしました。ブラックスター。宛先はボウイ。たくさんの憧れを込めて書きました。
みんな何かを目指したり、何者かになろうと生きている、そんな今だと思います。葛藤や渇望する気持ちを、この歌に重ねて聴いてもらえたらうれしいです。

■磯村勇斗 コメント
最初音源を聴いたときに、自然と体が動き出すような不思議な感覚がありました。頭から離れない歌詞と、石崎さんの優しいながらも心を揺さぶる歌声に惹きつけられ、僕自身すごく楽しみながら撮影に臨むことができました。
舞台上のシーンでは、公演中止を経験した周りの俳優たちの話を聞いていたので、彼らのどこにもぶつけられない苛立ちなどを、自分の中に落とし込みながら演じました。


「STAR READER」特設サイト
https://starreader.c-kurolabel.jp/

石崎ひゅーい OFFICIAL SITE
http://www.ishizakihuwie.com/