THE F1RST TIMES

NEWS

2021.06.28

緑黄色社会、たったひとりの女子高校生のためにライブ演奏!「気持ちよ届けと思っていました」

■「実は、私たちもひとりに向けてライブをするのは初めてだから緊張してるの」(緑黄色社会・長屋晴子)

中高生のアクティブな毎日を応援するボディケアブランド“シーブリーズ”が、全国の中高生から募集した青春を全力で応援するプロジェクト『#シーブリーズど青春にやりたい 100 のこと』を実施中。多数の応募から選ばれた青春のひとつとして、緑黄色社会がたったひとりの高校生に向けて歌う、特別なライブが開催された。

『#シーブリーズど青春にやりたい100のこと』プロジェクトは、「今だからこそ、こんな青春がしたい!」という全国の中高生の熱い想いから生まれた企画。「青春時代に絶対やっておきたいこと」を Twitterで募集し、応募された投稿から100個の“ど青春”を選定し応援するプロジェクトだ。

さらにその中から選ばれた一部については、実際に様々なインフルエンサーやアーティスト、CMキャストとともに、実現のサポートを行っている(※現在新規応募の受付は終了)。

今回、実施されたイベント「『1人の高校生に捧げる、ど青春スペシャル LIVE』by SEA BREEZE」では、実際に寄せられた夢「緑黄色社会のライブに行きたい!!」を実現するべく、スペシャルサポ―ターとして人気アーティスト緑黄色社会が協力。女子高校生・アカネさんひとりのために、ヒット曲「Mela!」や2021年のSEA BREEZE CMのための書き下ろし楽曲「これからのこと、それからのこと」を含む全4曲を演奏、MCトークも実施した。

最後には緑黄色社会メンバーとアカネさんで記念撮影を行い、「明日からの日々も強く生きていこうと強く思いました」とアカネさんからのコメントも溢れ、かけがえのないひとつの青春が実現した。

■やっておきたかった青春をかなえる『一人へ贈るライブ』
緑黄色社会とは去年4月に出会った、高校生のアカネさん。先の見えない不安のなかで緑黄色社会の楽曲をくり返し聴くにつれ彼女の活力となり、その中でも「inori」は彼女の生活の中で“お守り”のような存在になっていた。そんなアカネさんは、今年も友達と緑黄色社会のライブへたくさん行って青春を楽しむはずだったが、思うようにライブへは行けなかった。

そこで出会ったのが今回の『#ど青春にやりたい100のこと』。「ライブのときには、自分の記憶がなくなってしまうほど夢中になってしまう」と語るアカネさんは、イベント前に「めちゃめちゃ緊張してます」と不安とながらも期待をにじませ、会場に向かった。

会場に到着し、アカネさんを迎えたのは大きな垂れ幕。「Overture」が流れるフロアでステージに向かうと、「Mela!」のイントロが暗闇から響いた。幕が開け、たったひとりのためのライブを始める緑黄色社会のメンバーを見たとき、アカネさんの表情は明るく輝いた。

■「『inori』は私にとってお守りのような曲」。緑黄色社会への思いを目の前で伝える。
ヒット曲「Mela!」から、コーラスの部分では長屋晴子(Vo&Gu)と一緒に手を振るアカネさんにメンバー全員で応え、パワフルにライブが始まった。息もつかせぬまま最新曲「ずっとずっとずっと」を歌い上げたあとには、たったひとりに向けたトークセッションの時間。「実は私たちもひとりに向けてライブをするのは初めてだから緊張してるの。楽しんでくれるといいな」と語りかける長屋。

2曲の演奏を終えると、今日のために手紙を書いてきたアカネさんから思いを伝える時間が始まった。ステージを降り、真正面で受け止める長屋を前に、「先が見えず、これからどうなっていくんだろうと不安な日々を過ごしている中、”あのころ見た光”に出会い、頑張ろうと思うことができました。特に『inori』がお守りのような曲になりました。試験前に『inori』を聴いて、歌詞カードをお守りのように持っていたおかげで、厳しいかもと言われていた志望校に合格することができました。ずっとずっとずっとリョクシャカが大好きです」(一部抜粋)と、気持ちを伝えた。

メンバーはそんなアカネさんの思いを受けて、お守りにしていた楽曲「inori」を演奏。大切に、今はひとりに向けた祈りを歌い上げた。

■新曲「これからのこと、それからのこと」披露
ついに終わりに近づき、2021年のSEA BREEZE CMのための書き下ろし楽曲「これからのこと、それからのこと」を披露。SEA BREEZEのCMソングとして公開されていた楽曲で、爽快感あるメロディにアカネさんも笑顔で体を揺らして楽しみながら、緑黄色社会と共に最高の盛り上がりでライブを終えた。

■「明日からの日々も強く生きていこうと強く思いました」
ライブ終了後には長屋から「今日は素敵な時間をありがとう。会いに来てくれてありがとう。アカネちゃんのことをずっと愛しています。いっしょに頑張ろうね」とあたたかいメッセージ。

そしてメンバー全員から『#シーブリーズど青春にやりたい100のこと』Tシャツにサインと「学校も部活も頑張ってください」とメッセージのプレゼント、そして記念撮影を行った。

メンバーに見送られ会場を出たアカネさんは、その場に座り込んで、大粒の涙を流しながら今回の特別な青春のひと時を噛みしめていた。また、「生の音楽の力強さを改めて感じ、明日からの日々も強く生きていこうと強く思いました」と前向きな言葉を残した。

■緑黄色社会 インタビュー
◇今回のライブについて

長屋晴子:ライブをたくさんしてきて、毎回一人ひとりに届け、という想いではいるんですけど、「目の前にいるたったひとりに届ける」という機会はなかったので、今日はその想いを具現化できた日だったと思っています
peppe:彼女の真っ直ぐな眼差しからは、「すべてを目に焼き付けよう」とする気持ちが伝わってきて、私も届けるということを改めて意識することができました。アカネちゃんが喜んでくれてたらうれしいです。
穴見真吾:アカネちゃんのこれからの青春が花開くように、魂を込めて演奏しました。
小林壱誓:楽曲がお守りになるなんて思ってもなく、大切に音を紡ごうと思って演奏しました。
長屋:言葉とか音じゃなくて、気持ちよ届けと思っていました。今日は(メンバー)みんなの顔が違う気がしました、いつもより。

◇“ど青春”のうちにやっておくべきことのアドバイス
長屋:制服は今しか着ることができないので、制服を着て輝いている自分をしっかりと愛してあげてください。
穴見:「告白」失敗しても成功してもどっちでもいいと思います!
小林:なにかひとつを続ける、ということをやってほしいです。そのときは意味のないことだと思ってしまうこともあるかもしれませんが、やめたときに改めて大切さや、助けられていたことに気づくと思うので、何かひとつを続けてみてください。

◇新曲に込めた思い
長屋:サビの始まりにある“失うものなんてもうないし”というフレーズにすべてを込められたんじゃないかなってくらい(この考えを)大切にしていて、下に行ききったんなら、上に行くしかないじゃないですか。そういった底力みたいなものを高校生は持っていると思うので、みんなには何も恐れることなくいろんなことに飛び込んでほしいと思ってこの曲をつくりました。

◇ファンに向けたメッセージ
小林:きっと何かにぶちあたるのが青春だと思うんですけど、ずっとうまくいくことはないと思うんですよね。そんなときに支えになるような楽曲であったらうれしいなと思っていて、僕らよりも年上の人も、まさに今青春の真っ只中にいる人も、吹っ切れるような楽曲であったらうれしいなと思います。そういう生き方を選んでもいいし、自然とそういう風に体が動いてもいいし、過去の青春や今の青春に花を持たせられたら良いなと思います。
長屋:「これからのこと、それからのこと」は、日々いろんなことが起こる青春真っ只中にいるみんなの背中を押せる、そんな曲であったらいいなと思います。ぜひ聴いてください!


リリース情報

2021.06.04 ON SALE
緑黄色社会
DIGITAL SINGLE「ずっとずっとずっと」


『#シーブリーズど青春にやりたい100のこと』オリジナルサイト
https://doseishun.seabreezeweb.com/doseishun100/

SEA BREEZE ブランドサイト
https://www.seabreezeweb.com/

緑黄色社会 OFFICIAL WEBSITE
https://www.ryokushaka.com/