THE F1RST TIMES

NEWS

2021.07.05

香取慎吾、クエンティン・タランティーノとの共演シーンを語る。「バンバンバンって撃ち合って終わり」

■ROLAND、稲垣吾郎による自身のモノマネ“ゴローランド”を激賞!「本人よりROLANDに似てる」

ABEMA(アベマ)「ABEMA SPECIAL2チャンネル」にて、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾3人によるSNSを本気で遊び倒す世界初の「SNSバラエティ」、月一回の7.2時間で届けるレギュラー番組『7.2新しい別の窓 #40』が、7月4日15時から7.2時間にわたり生放送された。
※「草なぎ」の「なぎ」は弓へんに剪

■ROLANDが下積み時代の給料を告白「月で2,800円くらい」
番組には、実業家でカリスマホストのROLAND(ローランド)が初登場。冒頭では、稲垣がモノマネをしたゴローランドについて触れ、「ゴローランド、本人よりROLANDに似てるなって。完璧だったんでびっくりしちゃって」とコメント。さらにROLANDは、「僕の真似をしてくださる方が結構いらっしゃったんですけど、歴代でいちばんROLANDに近かった」と絶賛した。

コーナー内では、ROLANDの年表をもとにトークを展開。少年時代はプロのサッカー選手を目指し、日々練習をしていたというROLANDだったが、ある日、ブラジルのネイマール選手のプレイを見たときに「こいつ上手すぎるなって。(ネイマール選手は)同い年なんですけど、この世界で、僕が365日24時間練習したとしても、こいつには一生勝てないなと思った」とサッカー選手の夢を諦めたことを説明。その後、大学を1日で中退し、一攫千金をするには“海賊”か“ホスト”しかないと思ったROLANDはホストの道に進むが、最初はなかなか売れなかったと語り、「最初の給料は月で2,800円くらい。1年くらいはそんな生活でタクシーとかも乗れなかった」と意外な下積み時代を明かした。

そんなROLANDが3人に下積み時代について尋ねると、3人は「あるある」と即答。「でも、お腹が空くまでのことはなかったですよね?」とROLANDが確認すると、香取が「小学生くらいから叙々苑行ってたかな(笑)」と答えスタジオは大爆笑。まさかの回答にROLANDも「なんか悔しい(笑)」と笑顔で答えた。

■篠田麻里子のターニングポイントは、恩師・秋元康からのひと言「スポンジになりなさい」
続いてのコーナーは、3人がこれまでに共演した俳優・女優を迎えてトークを展開する「役者トーク」。舞台『醉いどれ天使』に出演する桐谷健太、高橋克典、篠田麻里子が登場。コーナー内では、舞台『醉いどれ天使』の監督を務める三池崇史の話題となり、ゲスト3人がそれぞれ三池監督の印象を語るなか、香取が「僕も監督とご一緒したことがあって。『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』という作品。オープニングでクエンティン・タランティーノさんと僕が一緒に撃ち合うっていうシーンから始まるんです」と説明すると、スタジオからは「え!」と驚きの声が。キャイ~ンの天野が「なぜそういうシーンだったんですか?」と尋ねると、香取は「わかりません(笑)。現場に行ったら、『タランティーノが空港から到着してなくて遅れている』と言われて。初めての現場で、ウエスタンの衣装を着て待ってたら、タランティーノが汗だくで『ゴメンナサイ! 遅れた!』ってやってきて。そのあと、よーいスタート! でバンバンバンってふたりで撃ち合って終わり」と説明し、スタジオは笑いに包まれた。

また、ゲスト3人の“ターニングポイント”となった出来事をクイズ形式で出題。元AKB48の篠田にまつわるクイズでは、「『こうなりたい』という強い願望や『自分はこういうものが合う』と勝手に自己プロデュースをして凝り固まることが多く、そんなときに秋元康先生から、『スポンジになりなさい』と言われた。それ以来、いろんなものを素直に吸収できるようになった」というエピソードが披露された。

篠田は、「スポンジは何でも吸収できるのもそうだし、『ケーキのスポンジなら、いろんな人がデコレーションして形になるんだよ』という意味もありました。『自分がスポンジになって、周りにデコレーションしてもらいなさい』と言われたんです」と説明し、そこから自分の考え方が変わったことを明かした。

■武正晴監督が俳優・山田孝之の魅力を語る「彼のアドリブは演出に近い」、稲垣も絶賛「究極の演技ですよね」
番組の後半では、“大の映画好き”であり自身も数々の映画に出演している稲垣が、映画監督や作家をゲストに迎えトークを展開する「インテリゴロウ」を放送。ゲストには、話題沸騰中の配信ドラマ『全裸監督 シーズン2』の総監督を務める映画監督の武正晴が登場し、『全裸監督』シリーズの製作秘話や、作品へのこだわりを存分に語りつくした。

主演を務める俳優の山田孝之がブリーフ姿でカメラを持ち、宇宙ヘルメットを被っているポスターについて、武監督は「このポスター撮影には映画『JOKER』のスタッフも入っていて、ヘルメットどこから持ってきたんですか? って聞いたら『NASAから持ってきた』って言うんですよ」と答え、稲垣を驚かせた。さらに、武監督はヤクザの事務所のシーンで大きな水槽が出てくるシーンについて、「水槽含めてかなり力を入れました。ヤクザは獰猛な生き物を飼っているって言う人が多いから。はじめサメって言ったんだけど、サメは却下されました(笑)」と説明。

シーズン2では、大きなピラニアを中国から輸入したという武監督。「こいつらが意外と臆病で、隅っこでジーっとしてるんですよ。全然暴れてくれない。助監督でピラニア担当がいて、ずっとピラニアの飼育をしていた。だんだんとピラニアの気持ちがわかるようになったみたいで、『30分時間ください、30分後行けますから』って言うんですよ。でも本当に目の前を泳ぎ始めて、あの助監督さんは素晴らしい仕事をしてくれた」とこだわりのシーンを語った。

また、主演の山田について、武監督が「山田さんのアドリブは演出に近くて、相手の気持ちを引き出すところがすごい」と語ると、稲垣も「究極の演技ですよね」と絶賛した。

その他、今作の中で武監督がいちばんすごいと思った山田のシーンや、15歳の頃の山田との意外なエピソードなど、ここでしか観ることができない『全裸監督 シーズン2』のエピソードは、「ABEMAビデオ」にて1週間無料で視聴できる。次回の放送は、8月1日15時より生放送。

(C)AbemaTV,Inc.


番組情報

『7.2新しい別の窓』#40
07/04(日)15:00~22:12
放送チャンネル:ABEMASPECIAL2
出演:稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾


放送URL
https://abema.tv/channels/special-plus/slots/Dxgq98iuFpc1iF