THE F1RST TIMES

NEWS

2021.07.27

「原作の再現率高けぇ!」ジャニーズWEST・濱田崇裕の体当たり超真剣コメディに反響続々

■エロ漫画を読んで涙する濱田崇裕(ジャニーズWEST)に、視聴者ももらい泣き!?

ジャニーズWEST・濱田崇裕(濱は異体字が正式表記)の単独初主演ドラマ『武士スタント逢坂くん!』の第1話が、昨日7月26日に放送された。

ドラマ化が決まった際から、

「これ本当に、ジャニーズWESTの濱田くんが演じるの?」
「どうやって撮影するの?」
「よく事務所OK出たな」

と話題になっていた。原作冒頭の強烈なシーンでは、ジャニーズWEST濱田が渾身の筋肉披露。漫画の再現度の高さに、SNSでは

「原作の再現率高けぇ!」
「純粋にギャグだけど、真剣な登場人物がいる話、久々に見る」
「こんなにも漫画に忠実なドラマない気がする。本当にすごいよ、濱ちゃんの体も最高」
「おかしい、匂い伝わらないはずなのに、汗クサいっww」

といった、原作漫画から飛び出してきたかのような再現度の高さに驚く声が多数あがっている。ほかにも、生きたタコと共演した濱田熱演の衝撃のオープニング映像には、

「オープニングだけで20回見られる」
「オープニングの音楽と映像かっこよすぎ! 春爛漫!」

と、おかわり希望の視聴者が続出。さらに全体を通して見て、

「涙流しながら、笑いながら見た」
「30分ドラマが体感5秒」
「純粋にギャグだけど、真剣な登場人物がいる話、久々に観る」
「色濃い目で進む映像は艶やかさとコメディの配分が最高で昂ぶりまくる」

と逢坂くん同様、“昂ぶり”が伝わってくる感想も続々とあがった。

■逢坂くんの令和での暮らしが始まった…! 現代で昂ぶりまくりの【第2話】の内容は!?
「先生を、師としてお仕え申し上げたい!」

春画師である武士・逢坂くん(濱田崇裕)は、無事に中堅漫画家・宮上裕樹(今井隆文)のアシスタントに弟子入り。逢坂くんの「まんが道」が始まった。
しかし、「エロ漫画を読んで捕まらないとは、素晴らしい世だ!」と感動してばかりで、現代のことをまったく知らない逢坂くんは、何のアシスタントをしてもらえばいいのか? それより、何ならできるのか…? と宮上は頭を悩ませる。その姿を見た、宮上のチーフアシスタント・緋村(森本慎太郎)は、逢坂の存在が宮上の作業の邪魔になるのではないか? そして、宮上はじめアシスタントの瀬戸(長井短)や宮上の担当編集・丹内(久保田紗友)と緋村以外の仲間たちがすんなり逢坂くんを受け入れ始めていることに不安を覚えていた。


番組情報

日本テレビ『武士スタント逢坂くん!』
毎週月曜深夜放送
※次回放送日8月2日(月) は25:09より放送
※他ネットワーク局でも放送中
※Huluでも配信

キャスト:濱田崇裕(ジャニーズWEST)、森本慎太郎(SixTONES)、久保田紗友、長井短、今井隆文

原作:ヨコヤマノブオ「武士スタント逢坂くん!」(小学館「ビッグスピリッツコミックス」刊)
脚本:坪田文、伊達さん
演出:渋江修平、大江海
音楽:近谷直之
主題歌:「喜努愛楽」ジャニーズ WEST(Johnny’s Entertainment Record)
制作プロダクション:ギークサイト
製作著作:日本テレビ ジェイ・ストーム
(C)ヨコヤマノブオ・小学館/NTV・J Storm


『武士スタント逢坂くん!』番組サイト
https://www.ntv.co.jp/bushi/