THE F1RST TIMES

NEWS

2021.07.29

北村匠海、自身のファッションスタイルについて熱弁!「ずーっとダサいと言われきたんです(笑)」

■撮影の日々を追った特別映像にキャスト感激!映画『東京リベンジャーズ』大ヒット舞台挨拶に北村匠海、杉野遥亮、磯村勇斗が登壇

映画『東京リベンジャーズ』の『大ヒット御礼!東リベの夏は終わらない!舞台挨拶』が本日7月29日に東京・新宿ピカデリーにて行われ、キャストの北村匠海、杉野遥亮、磯村勇斗が登壇。イベントの様子は、全国332の劇場でライブビューイングされた。

この日の衣装テーマは「夏休みに仲間で『東京リベンジャーズ』を観に行くときのカジュアルコーデ」。

デニムにTシャツをインするスタイルを選んだ北村は「男は黙ってデニム履けというマイルールといいますか(笑)。僕Tシャツをズボンにインするっていうのを17歳くらいからやっていて、ずーっとダサいと言われきたんです(笑)。でも最近こういうスタイルが少しずつ広まってきているんではないかと!」と10代から貫いてきた自身のスタイルについて力説。

なぜか事前に「仲間と観に行く」という設定が伝わっていなかった杉野は、「デートに行く設定」で衣装を選んだ告白。自身がチョイスしたきれいめのシャツスタイルについて「ミスった(笑)。本当は普段は白Tにチノパン、ジーパンとか楽なスタイルなんですけど」と話した。

全身黒で統一した磯村は「『リベンジャーズ』って黒のイメージがあって。ポイントでピンクも入れているのでワイワイ感もいれています。映画観終わって仲間と“よかったなぁ!”っていうスタイルです」と説明。3者3様のファッションを披露した。

公開から20日間で観客動員数180万人以上という大ヒットについて感想を求められると、北村は「僕だけではなく撮影に携わったキャスト、スタッフさんも含めて、撮影中からこの作品はものすごい作品になるんじゃないかという確信がありました。自粛とかいろんなことで撮影が止まったり、公開が延期になったりしたんですけど、僕はどこかでずっと必ず撮りきれる自信と、これがたくさんの人に届いて日本を元気にできる自信がありました」と力強くコメント。

杉野は「本当にこのような時期にいろんな方が劇場に足を運んでくださるような作品に自分も携わることができて、すごく良かったなというのが正直な想いですね」と話し、磯村も「何度もリベンジしてこの仲間たちと撮り終えられてよかったなと強く思いますので、うれしいですね」と喜びを語った。

ここで3人にもサプライズでSUPER BEAVERが担当する本作の主題歌「名前を呼ぶよ」の映画『東京リベンジャーズ』ver.のMVがスクリーンに映し出された。

この映像はクランクインからクランクアップまでのメイキング映像を使用したもので、観終わった北村は「いろんなことを思い出しました。撮影ってほんの20秒に1日かけたりとかする世界で、地道に地道に映画って出来上がっていくんですけど、普通の映画を作る過程よりも長かったですし、(撮影の)ストップもあったなかで、時代とも皆で戦った現場だったと思います。その結果が出てうれしく思います」と少し涙ぐみながらコメント。

さらに北村はSUPER BEAVERのボーカル・渋谷龍太とプライベートでエンタメについて話す機会があったと明かし、「今世の中を少しでも元気にするにはやっぱりエンタメに生きる僕らのエネルギーがすごく大事だし、その点タケミチというキャラクターは今の世界を照らす人物になってくれるんじゃないかと思いますし、それに僕が出会えたことと、このふたり(杉野、磯村)とは20歳くらいからの付き合いですけど、そういう人と出会えたことに改めてすごく感謝できる映像でした」と熱く語った。

また続編について「(映像の最後で)言ってましたけど、匂わせとかでもなんでもなく、このチームでまた映画作りたいですし、『リベンジャーズ』の続きがあってほしいなと思います」と話すと、会場からは続編を願う大きな拍手が巻き起こった。

最後に磯村は「このご時世に『東京リベンジャーズ』が盛り上がっていることは、ひとつの希望でもあるのかなと思いますので、応援のほどよろしくお願い致します」、杉野は「少しでも日本に活気を与えられる、これを観に来たいと思える作品の一員になれたことを誇りに思っています」とそれぞれ挨拶。

そして北村が「僕はこの作品で改めて自分が役者をやる意味を再確認できました。エンタテイメントがストップしかけているなかで、こうして皆さんと同じ空気を吸って舞台挨拶を行うことも長らくなかったですし、そうしたなかで生まれた『東京リベンジャーズ』という作品が、本当にたくさんの方に観ていただけて、面白かったと言ってもらえる作品になっているということを感慨深く思います。いろんなことが起こっている世の中で、僕らができるのはこうした作品を届けることだと思いますので、『東京リベンジャーズ』に力を借りたくなったら、映画館に足を運んでもらえたらと思いますし、楽しく生きてください。僕はどんなに打ちのめされても何度も立ち上がるタケミチの姿にすごく希望を感じました。『東京リベンジャーズ』に出会ったことで皆様の日々が少しでも明るくなっていることを願っています」と熱のこもった言葉でイベントを締めくくった。


映画情報

『東京リベンジャーズ』
大ヒット上映中!
原作:和久井健「東京卍リベンジャーズ」(講談社「週刊少年マガジン」連載中)
監督:英勉
脚本:高橋泉(高は、はしごだかが正式表記)
出演:北村匠海 山田裕貴 杉野遥亮 今田美桜 鈴木伸之 眞栄田郷敦 清水尋也 磯村勇斗/間宮祥太朗/吉沢亮
主題歌:SUPER BEAVER「名前を呼ぶよ」
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)和久井健/講談社  (C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会


映画『東京リベンジャーズ』作品サイト
tokyo-revengers.jp