THE F1RST TIMES

NEWS

2021.07.31

濱田崇裕(ジャニーズWEST)と森本慎太郎(SixTONES)が、ガチの相撲対決!

■「逢坂くんと緋村の筋肉のぶつかり合いから、最後の最後まで見逃さないでほしいです」(ジャニーズWEST・濱田崇裕)

シンドラ『武士スタント逢坂くん!』第2話が、8月2日25時9分から放送される。

逢坂総司郎(濱田崇裕/「濱」は異体字が正式表記)は、無事に中堅漫画家・宮上裕樹(今井隆文)のアシスタントに弟子入りすることに。しかし、逢坂くんの存在を怪訝そうに見つめる宮上のチーフアシスタント・緋村清人(森本慎太郎)の姿が……。逢坂くんに緋村はひとつの申し出をする。「僕と勝負してもらえませんか?」。勝負の結果、逢坂くんが勝てば、自分はもう何も言わない。しかし、緋村が勝てば、ここから出て行ってほしいと。緋村からの果たし状が渡された。

その戦いとは……相撲!

第2話の見どころは、逢坂総司郎 vs 緋村清人の相撲シーン。原作でも有名なシーンでドラマ化が決まった際にも「このシーンあるんですよね?」「楽しみ!」と期待されていた。原作では、公園で相撲をとるこの場面を、ドラマではまさかの深夜の海岸で再現!?

このシーンを濱田と森本はいかに演じたか、ふたりからのコメントが到着した。渋江監督の演出でどのようなシーンになるのか、放送を楽しみ待とう。

■濱田崇裕 コメント
相撲の動きは監督から自由に動いてくださいと言われて撮影に臨みました。(森本)慎太郎とは事前に話をしなくても次後ろ、次右とか、昔から知っているからか呼吸が合って、芝居もピッタリできました。このシーンで注目していただきたいのが、勝負のあとに緋村が言うセリフ。そこが相撲シーンのなかでいちばん好きなんです。あの瞬間、慎太郎が緋村に見えたんですよ。役柄と僕らふたりの関係が繋がった場面のような気がします。
ラストにもうひとつ見どころもあります。逢坂くんと緋村の筋肉のぶつかり合いから、最後の最後まで見逃さないでほしいです。

■森本慎太郎 コメント
大人になってガッツリ相撲を取ることなんてないじゃないですか。すごくいい経験だなと。ただ、めっちゃ恥ずかしかったです。逆に全然恥ずかしがらない濱田くんがいて、「なんか先輩偉大…」と本当尊敬しちゃいましたね。
相撲では、濱田くんが右に行きたいときは、僕を右に誘導してくれるんですよ。それに反応して僕が動くので、リードしてくれてすごく助かりました。きっと社交ダンスやったらめっちゃ上手いだろうなって(笑)。原作でも重要なシーンですが、とてもカッコよく撮れていて、渋江監督の演出や映像もすごいことになっています。相撲対決がキーとなって登場人物みんなが変化していくのも見どころです。


番組情報

日本テレビ『武士スタント逢坂くん!』
08/02(月)25:09〜 ※繰り下げスタート
※その他ネットワーク局にて放送。
※Huluでも配信

キャスト:濱田崇裕(ジャニーズWEST)
森本慎太郎(SixTONES) 久保田紗友
長井短 チョー / 今井隆文
高嶋政宏(「高」は、はしごだかが正式表記)

原作:ヨコヤマノブオ「武士スタント逢坂くん!」(小学館「ビッグスピリッツコミックス」刊)
脚本:坪田文、伊達さん
演出:渋江修平、大江海
音楽:近谷直之
主題歌:「喜努愛楽」ジャニーズ WEST(Johnny’s Entertainment Record)
制作プロダクション:ギークサイト
製作著作:日本テレビ ジェイ・ストーム
(C)ヨコヤマノブオ・小学館/NTV・J Storm


『武士スタント逢坂くん!』番組サイト
https://www.ntv.co.jp/bushi/