THE F1RST TIMES

NEWS

2021.08.04

ザ・キッド・ラロイ、2020年代のビルボードチャート最年少記録を更新

■ザ・キッド・ラロイ、通算4度目となるリパック盤『ファック・ラヴ3+ (オーヴァー・ユー)』が米ビルボード・アルバムチャートにて首位を獲得!

ジャスティン・ビーバーとのコラボ曲「ステイ」が全世界で2億回再生を突破、米ビルボードのHOT100チャートにて初登場3位、ストリーミングチャートでは初登場1位を飾り、全世界から注目を集めているオーストラリアの大型新人ザ・キッド・ラロイ。

7月23日に、自国オーストラリアで最年少ソロアーティストとしてNo.1を記録したアルバムのリパック盤『ファック・ラヴ3(オーヴァー・ユー)』を発表し、27日にはさらなる新曲を追加した通算4度目となるリパック盤『ファック・ラヴ3+ (オーヴァー・ユー)』をサプライズリリースしたばかりだが、米ビルボード・アルバムチャートにて同リパックアルバムが首位を獲得し、2020年代のビルボードチャート最年少記録を更新したことが発表された。

元となるミックス・テープ『ファック・ラヴ』が昨年の7月にリリースされてから、ジュース・ワールドとの楽曲「ゴー」や、全世界で6億回再生の大ヒットとなった「ウィズアウト・ユー」など、着実に実力と知名度をあげてきたザ・キッド・ラロイは、今回、チャートインから53週目で、17歳という若さで初のアルバム・チャート1位を獲得。今回全米1位を獲得した『ファック・ラヴ3+ (オーヴァー・ユー)』は昨年11月にリリースされた『ファック・ラヴ (サヴェージ) 』内22曲にジャスティン・ビーバーとの「ステイ」やポロ Gとスタンナ・ガンビーノを迎えた「ノット・ソバー」を含む新曲13曲を追加収録した、全35曲の大変豪華な内容となっている。

ザ・キッド・ラロイは29日に追加収録曲である「アイ・ドント・ノウ」の公式ビジュアライザービデオを公開。『ファック・ラヴ3+ (オーヴァー・ユー)』の発売を記念して開催されたLAでの無料ライブの様子が収められており、コラボ相手のジャスティン・ビーバーや、マシンガン・ケリーのサプライズ出演に加えて、ザ・キッド・ラロイの力強いパフォーマンスにより、会場が熱狂に包まれている様子を垣間見ることができる。

ここ日本でも「ステイ」の再生回数がShazamの検索楽曲ランキング1位を獲得するなど、注目度が高まっているなか、ザ・キッド・ラロイは今回ビルボード1位を獲得した『ファック・ラヴ』シリーズの完結後、新しいステージに進んだ最新アルバムを準備しているとのこと。過去のインタビューでは、ツアーの前にアルバムをリリースしたいと語っており、先日配信された米Grubhub主催のイベント内にて、ツアーで訪れてみたい場所を聞かれた際には「東京」と発言をしていた。

過去作のジャケットに日本のアニメ風イラストを起用したり、「ピカチュー」という楽曲を発表したりと、たびたび日本文化に興味のある様子が伺えるザ・キッド・ラロイ。話題作をひっさげての来日公演の実現を楽しみに待とう。


リリース情報

2021.07.27 ON SALE
ALBUM『ファック・ラヴ 3+(オーヴァー・ユー)』


『ファック・ラヴ 3+(オーヴァー・ユー)』購入・再生リンクはこちら
https://SonyMusicJapan.lnk.to/FCKLOVE3plus

ザ・キッド・ラロイ OFFICIAL SITE
https://www.sonymusic.co.jp/artist/thekidlaroi/