THE F1RST TIMES

NEWS

2021.08.12

『THE FIRST TAKE FES vol.3』いよいよ明日13日22時よりプレミア公開

■CHEMISTRY、yama、梅田サイファー、BURNOUT SYNDROMESのコメントも公開!

YouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』の人気シリーズ『THE FIRST TAKE FES』の第3弾『THE FIRST TAKE FES vol.3 supported by Xperia & 1000X Series』が、いよいよ明日8月13日22時よりYouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』上で無料で公開となる。

今回の出演者は、BURNOUT SYNDROMES、梅田サイファー、yama、CHEMISTRYと多様なラインナップで、すでにSNSなどで話題沸騰中。ここだけでしか観られないライブハウスでの一発撮りは必見だ。

恒例のフェスの楽しみ方動画も公開。さらに、明日の公開に向けて、出演アーティストからのコメントも到着した。

■BURNOUT SYNDROMES コメント
THE FIRST TAKE FESに出演させていただきます、BURNOUT SYNDROMESです。
THE FIRST TAKEの出演アーティストたちが口を揃えて「緊張した」とおっしゃる理由が、実際に立ってみてわかりました。
照明と暗闇に逃げることを許さない真っ白な空間。どんな歌のニュアンスも歌詞間違いも逃さず捉える、平等かつ無慈悲なコンデンサーマイク。フロアには観客の代わりに我々をじっと見つめる数十台のカメラアイ。そして「リテイクとか絶対しないから、キメてくれよ?」というスタッフの皆様の殺気…!(笑)
声や表情、小さなミスまで実力として残る、誤魔化しの効かない世界。まさに満員の会場の舞台袖で感じる、あのヒリヒリした空気がそこにはありました。今となっては懐かしい、一発勝負の緊張感。
僕らにとってTHE FIRST TAKE FESは本物のライブ、あるいは本物を超越したライブであったように思えます。貴重な経験をありがとうございました。ぜひ最後までお楽しみください!

■梅田サイファー コメント
やり直しなし、一度だけのステージ。
そんな一瞬を噛み締める「ファーストテイク」は、
即興でラップをし続けた俺たちの始まりの場所である「梅田サイファー」によく似てると思いました。
どんな場所でも好きなラップを好きな仲間とカマすのは最高に楽しい。
ファーストテイクを観てくれた人たちと、この楽しさを分かち合えたらと思ってます。
そして、この先のどこかのライブで音楽を分かち合えたらといいですね。待ってます。

■yama コメント
再びTHE FIRST TAKE に出る機会をいただけてうれしく思います。
はりつめた空気のなかで一度きりのパフォーマンスという緊張感は何度味わっても慣れないです。息をする音までも拾う繊細なマイクなので、正直怯みそうにもなります。でも、そんな自分を奮い立たせる感情がいつも以上に音楽へ真剣に向き合わせてくれるので、より感情的に歌えるのだと思います。皆さんにも楽しんでもらえたら幸いです。

■CHEMISTRY コメント
ライブでもなくレコーディングでもない独特の空間で
真っ白い世界の中、ただひたすら「声」だけに集中して歌いました。
今まで何回歌ったであろう2001年にリリースしたこの楽曲を
THE FIRST TAKE FESという一回きりのステージで歌えたこと、
CHEMISTRYの歴史の中でも忘れることができない貴重な経験をさせていただいたと思います。ぜひその瞬間をお楽しみください。


『WHAT IS THE FIRST TAKE FES vol.3 / 視聴の楽しみ方』
https://youtu.be/eDWqbMVTFgY

『THE FIRST TAKE FES vol.3 supported by Xperia & 1000X Series』 ※8月13日22時よりプレミア公開~8月19日17時59分まで限定公開
https://youtu.be/z06t0G6ea_0

『THE FIRST TAKE』OFFICIAL YouTube
https://www.youtube.com/channel/UC9zY_E8mcAo_Oq772LEZq8Q

『THE FIRST TAKE』OFFICIAL SITE
https://www.thefirsttake.jp/