THE F1RST TIMES

NEWS

2021.08.19

クリス・ペプラーが、BTSの日本での爆発的人気についてコメント

■「それは、まずはARMYの力じゃないでしょうか」(クリス・ペプラー)

BTSが「Butter」と「Permission to Dance」で日本のチャートをかつてない勢いで席巻している。

オリコンが8月18日に発表した最新ランキングによると、BTSが先月リリースした新曲「Permission to Dance」は週間再生数が970万7,356回で、7月26日付から5週連続で「週間ストリーミングランキング」1位を獲得。「Permission to Dance」の累積再生数は8,098万7,690回となった。

「週間ストリーミングランキング」2位は、BTSの「Butter」。「Butter」の週間再生数は901万7,449回で、累積再生数は1億8,680万405回と集計された。

これにより、BTSは7月19日から最新ランキングで6週連続で1位と2位を独占。7月19日付のランキングでは「Butter」が1位、「Permission to Dance」が2位、その後からは5週連続で「Permission to Dance」が1位、「Butter」が2位にランクインしている。

「Permission to Dance」の人気はオリコンだけでなく、日本の有名ラジオ番組チャートでも明らかになった。「Permission to Dance」は、8月8日付の東京J-WAVE『TOKIO HOT 100』で3週連続1位を維持したのをはじめ、大阪FM802『OSAKAN HOT 100』で3週連続1位、北海道FM NORTH WAVE『SAPPORO HOT 100』で2週連続1位を獲得。さらに、名古屋ZIP-FM『ATEAM ZIP HOT 100』でも1位(8月15日付)にランクインした。

なお、BTSはJ-WAVE『TOKIO HOT 100』で「Butter」で6週連続トップを守り、「今年最多1位」の記録を達成。番組のMCであるクリス・ペプラーからのコメントも到着した。

PHOTO BY BIGHIT MUSIC

■クリス・ぺプラー コメント
私、クリス・ぺプラーがナビゲートするJ-WAVEのカウントダウン番組『TOKIO HOT 100』で、今年6月、BTSの「Butter」が6週連続No.1に輝きました。

その後、エド・シーランに一度は1位を譲ったものの、その後「Permission to Dance」が3連覇。ちなみに「Butter」が6連覇中、日本独自のベスト盤がリリースされたことによって、「Butter」が1位「Permission to Dance」が2位にエントリーして、なんと『TOKIO HOT 100』の33年の歴史の中で、初のワンツーフィニッシュを決めたのがBTSでした。

このBTSの快進撃なんですが、J-WAVEでの大量オンエアに加えて、番組ホームページからBTSへのリクエスト、VOTE、さらにサブスクのポイントをしっかりゲットした結果、通算9週のNo.1を達成しました。

BTSがなぜ、ここまで日本でも人気なのか、それは、まずはARMYの力じゃないでしょうか。さらに楽曲も時代に適したサウンドなのかなと思います。とてもポップに仕上がってますね。日本でも幅広い層に受けているんじゃないかなと思います。

日本のみならず、アジアのアーティストの悲願でもある“アメリカのチャートを席巻する” “ビルボード初登場1位”を達成してくれたのも大きいのではないかと思います。


リリース情報

2021.06.16 ON SALE
ALBUM『BTS, THE BEST』

2021.07.09 ON SALE
SINGLE「Butter」【輸入盤】


BTS OFFICIAL SITE
https://bts-official.jp/