THE F1RST TIMES

NEWS

2021.09.03

池田エライザ、RPGゲーム『クッキーラン:キングダム』新CMで9種類のキャラクターに変身! 歌唱も担当

■実は『クッキーラン:キングダム』ヘヴィユーザーだった池田エライザ。「意外とゲーム内にいますよ!」

スマートフォン向けキャラクター収集RPGゲーム『クッキーラン:キングダム』(iOS/Android)にて、9月4日より実装される大型アップデートに伴い、池田エライザを起用した新CMや交通広告、マンガアプリ『GANMA!』でのマンガ化企画など、各種プロモーションが展開されることが発表された。

『クッキーラン:キングダム』は、個性豊かなクッキーを収集・育成して、戦闘ごとに戦略的に組み合わせて楽しめるRPGゲーム。キュートな建物で自分だけの王国を作り上げ、収穫や生産、納品、探検など様々な活動を通じて発展させることができる。

新CMでは、池田が『クッキーラン:キングダム』の各キャラクターにインスパイアされた、オシャレな衣装で登場。定番の勇敢なクッキーや、妖艶な雰囲気のラテ味クッキー、恥ずかしがり屋で愛らしいイチゴ味クッキー、怒りっぽい紅イモ味クッキーなど、多彩な表情を披露する。

『クッキーソング:勢揃い』篇では、池田がステッキを振ったり、シャンパンを持って踊ったりと、各キャラに合わせたポーズや振り付けで、かわいく『クッキーラン:キングダム』のキャラクターや世界観を表現。『クッキーソング:大冒険』篇では、クッキーランシリーズ初となるRPG仕様を表現すべく、池田がクッキーたちと走ったり、武器を振りかぶりながらジャンプして、巨大な敵に立ち向かう姿を描いている。

また、女優ながら歌唱力も話題の、池田本人が歌ったCM楽曲にも注目だ。

また、YouTubeでは池田のキュートなダンスをフルバージョンで楽しめる『クッキーソング』篇や、大型アップデートに伴って参加した、声優の小野賢章や鬼頭明里の音声を楽しめる『キャラボイス』篇も公開される。

■撮影エピソード
今回の撮影では、トランポリンやルームランナーなど、様々なアクションにも挑戦した池田。幼いころクラシックバレエを習っていたという池田は、慣れないトランポリンのシーンでも鍛えられた体幹のおかげか、すぐに軽々とポーズを決めてスタッフを驚かせていた。また、トランポリンから降りると跳べなくなる状態に「岩になったみたい!」と、無邪気に体の不思議を楽しんでいた。

多くの衣装チェンジがあり大変な撮影だったが、自身が『クッキーラン:キングダム』ユーザーという池田は、むしろ大好きなキャラクターになりきれることを楽しんでいる様子で、特に、紅イモ味クッキーに扮し、ポーズを決めるシーンでは、キャラクターになりきりすぎた池田が、自身の映像を見て「変顔の域だよー!」と大爆笑し現場を和ませていた。

休憩中には、差し入れにあったクッキーを見て「食べるのが悲しくなっちゃった……」と、キャラクター愛を見せる場面も。

■合計10種類もの衣装チェンジを披露! キャラクターにインスパイアされたオシャレな衣装にも注目!
キャラクターに変身する前の衣装も合わせると、CM撮影で使用した衣装は全部で10種類。今回の衣装制作・スタイリストは、スタイリストとして幅広く活躍しながら、CDジャケットなども手掛けるなど、多岐にわたって活躍する高橋 毅が担当。各衣装がそれぞれ、『クッキーラン:キングダム』に登場するキャラクターを忠実に再現している。

(C) 2020 Devsisters Corp. All Rights Reserved.

■池田エライザ コメント
Q:『クッキーラン:キングダム』のCMキャラクターに就任された感想をお聞かせください。
A:本当に『クッキーラン:キングダム』を楽しくプレイしていたので、知っていたのかな、と思いましたし、いろんなことが語れるはずだと思いました!

Q:今回のCM撮影の感想をお聞かせください。
A:普段自分が遊んでいるゲームのキャラクターになるという経験は初めてで貴重な経験ですし、キャラごとにいろんな性格があって、そのキャラクターを表現したり、なりきってみるのが楽しかったですし、ウキウキしました。チェリー味のクッキーは周りからも好評で、楽しかったですし、ラテ味のワンピースは純粋にきれいでほしいなと思いました。

Q:今回のCM撮影でこだわった点や、難しかった点をお聞かせください。
A:表情筋をすごく求められたんですが、表情筋が追い付かなくて大変でした(笑)。「うわぁー」という表情が難しかったんですが、それが楽しかったです。

Q:今回の撮影でお気に入りのポーズがあれば教えてください。
A:勇敢なクッキーですね。クッキーの杖を動かしたりするポーズで切れのある動きができたので、それがすごく楽しかったです。

Q:ご自身も実際に遊ばれているとのことですが、お気に入りのキャラクターをお聞かせください。
A:悩んじゃいますね、、。そしたら私のパーティーを発表します。まずダークチョコクッキーを使ってます。突撃型ですね。そしてイチゴクレープ味クッキー。これは防御型の子。最新の海の妖精クッキー。そしてエスプレッソ味クッキーと、ピュアバニラ味クッキーです。これを聞いただけで遊ばれている方は、かなりやり子こんでいることをわかっていただけると思います。今最前線の子たちは全員レベルマックスにしています(笑)。

Q:どんなときに『クッキーラン:キングダム』を遊ばれていますか?
A:朝起きて前日の夜に作っておいた作物を回収して、また作っておいて移動中にちゃちゃちゃと回収したり、ギルドも夜の12時に起きていたらそのタイミングでしたりとか、夜まったりした時間とか結構ことあるごとに開いて遊んでいますね。今日も朝早く起きれたので、ベルベットケーキドラゴンを討伐してから来ました。

Q:クッキー王国のまちづくりでこだわっていることはありますか?
A:街づくりはまだまだ工事中なんですが、なるべく建物がぎゅぎゅぎゅっとなってしまわないように、領地を拡大しつつ、様々なタイルを使ったり、レッドカーペットを強いたり、池を作ったりとか、戦うことだけに集中すると王国づくりが疎かになってしまいがちなんですが、そっちも楽しもうと花や木を植えたり、いい王国づくりを頑張ってます。

Q:『クッキーラン:キングダム』を遊ばれる方にアドバイスをお願いします。
A:もちろん宝物もレベル上げも大事なんですけど、トッピングが大事ですね! クッキーたちはそれぞれいいところと弱いところがあるので、それを補うトッピングが重要かなと思います。例えばピュアバニラ味クッキーだと、すごく回復にたけているので、そのぶんクールタイムを早めるためのトッピングを使ってたりとか、、上には上がいると思うので、あんまり言えないですけど、、(笑)。

Q:クッキーたちを集めて戦うゲームですが、プライベートで集めているものはありますか?
A:観葉植物を集めるのがすごい好きで、家には猫がいるんですけど、猫もOKなものを調べたり聞いたりしておくようにしています。もう少ししたらベランダでも育てたいなーと思っています。すごく背の高い木から、サボテンやちっちゃいガジュマルなんかも集めてます。

Q:今回の撮影では衣装の変化も見どころですが、池田さんの人生の中で変化したターニングポイントはなんでしょうか?
A:たくさんターニングポイントはあって、2年前まではお仕事に対してやる気だけで戦ってきたところを、他の人からアドバイスをいただいて、いろいろ知識を深めたり興味を持って、仕事に取り組むようになったことだったんですけど、2019年になるタイミングで、「もっと人とコミュニケーションをとろう」と決めたのがターニングポイントで、そこから人見知りを少しづつ克服してきているというか、変化中ですね。友達も何人か増えましたね!

Q:友達が増えたとありますが、ゲーム内でも友達は増えましたか?
A:友達申請はよくするんですけど、なかなか申請を承諾してもらえないですね、、。韓国ユーザーもレベルが同じくらいだと友達になったりするんですけど、せっかくなので日本人ユーザーを探したりして、そういったギルドに入ったりしています。意外とゲーム内にいますよ! 全部カタカナで家の猫の名前で登録しているので、エライザとは登録していないですけど、転がっていると思うので探してみてください!

Q:CMをご覧の皆様へメッセージ
A:私も噓なく、『クッキーラン:キングダム』に大大大熱中でございます。CMをご覧になった方は、きっとみんなが勇敢に戦いに行くぞーというゲームと思った方もいらっしゃると思うんですけど、ストーリー要素もすごくしっかりあって、私はそのストーリーにうるっときたりとか、自分が念入りに育てたキャラクターが活躍するとわくわくするので、育成という視点でも楽しんでもらえるのではないかと思います。ぜひ育成や作物を育てるのが好きな方も楽しめると思うので、気兼ねなく挑戦してみてください。皆さんもぜひ一緒に『クッキーラン:キングダム』を楽しみましょう!


アプリ情報

『クッキーラン:キングダム』
ジャンル :キャラ収集ソーシャルRPG
開発/運営:DEVSISTERS Corp.
(C)2020 Devsisters Corp. All Rights Reserved.

※DEVSISTERS および DEVSISTERS ロゴは、株式会社 DEVSISTERS の登録商標です。


『クッキーラン:キングダム』OFFICIAL Twitter
https://twitter.com/CRKingdomJP