THE F1RST TIMES

NEWS

2021.09.02

オアシス、映画『オアシス:ネブワース1996』より「リヴ・フォーエヴァー」のライブ映像公開

■「『リヴ・フォーエヴァー』を書き終えたときーーロックスターになる野望が爆発した」(ノエル・ギャラガー)

9月23日公開の映画『オアシス:ネブワース1996』より、「リヴ・フォーエヴァー」のライブ映像が公開された。

オアシスのキャリア絶頂期に行われ、時代を定義/象徴する伝説のコンサートとなった1996年8月の英ネブワース公演からちょうど25年目の今年。ギャラガー兄弟が製作総指揮を務めたライブドキュメンタリー映画 『オアシス:ネブワース1996』が劇場公開される。

このたび解禁となった「リヴ・フォーエヴァー」のライブ映像ではノエル・ギャラガー(Vo、Gu)がナレーションでこの曲を振り返り、

「『リヴ・フォーエヴァー』を書き終えたときーーロックスターになる野望が爆発した。インディーズバンドだった俺たちを『リヴ・フォーエヴァー』が世界一のバンドに押し上げたんだ。あの曲ができたとき、これはインディーズなんかじゃなくて、とんでもなく最高な曲だって確信した。歌詞もメロディもシャウトも何もかも完璧で、俺にとって特別な曲だ。“自分たちには価値がある”、そう思えるようになった」

と語っている。

「リヴ・フォーエヴァー」 は、デビュー・アルバム『オアシス (原題: Definitely Maybe) 』(1994年)からの第3弾シングルで、作詞・作曲はノエル・ギャラガー。オアシスにとって記念すべき最初の全英トップ10シングルとなった曲で、ノエル・ギャラガーは、当時のニルヴァーナを代表とするグランジシーンの “悲観的でネガティブな性格” へのレスポンスとしての思いを込めて、

「死ぬほど才能があるあのクソ野郎(カート・コバーン)が、俺がほしかったもんを全部持ってやがったんだよ。金持ちで有名で、あの頃トップに立ってたロックバンドで音楽やってて。しかも自分のことが嫌いだとか、死にたいとかいう曲を書いてんだぜ!俺としては、俺は自分のことをファッキン愛してるし、永遠に生きてやる(Live forever)って思ってたね」

とかつてコメントしている。

またこの曲は、英「ラジオX」が毎年行っている“イギリス史上最高の楽曲”を決めるリスナー投票で、2018年に続いて今年2021年に、2度目の1位を獲得している(2019年と2020年はクイーンが1975年に発表した「ボヘミアン・ラプソディ」 が1位となっていた)。

なお、本日9月2日から「リヴ・フォーエヴァー」 (Live at Knebworth, 10th August 1996) の音源が配信開始となっている。

PHOTO BY Roberta Parkin/Redferns(メイン写真)


映画情報

『オアシス:ネブワース1996』
9月23日(木・祝)より新宿ピカデリーほか全国公開


リリース情報

2021.09.02 ON SALE
DIGITAL SINGLE「リヴ・フォーエヴァー」 (Live at Knebworth, 10th August 1996)

2021.11.19 ON SALE
ALBUM『ネブワース1996』


映画『オアシス:ネブワース1996』作品サイト
www.culture-ville.jp/oasisknebworth1996

オアシス OFFICIAL SITE ※日本公式
https://www.sonymusic.co.jp/artist/Oasis/

オアシス OFFICIAL Twitter ※日本公式
https://twitter.com/Oasis19931997


PHOTO BY Jill Furmanovsky

PHOTO BY Paul Slattery

(C)2021 Oasis Knebworth 1996

(C)2021 Oasis Knebworth 1996