THE F1RST TIMES

NEWS

2021.09.08

フィロのス・日向ハル、学生時代にRADWIMPSの楽曲をカバー。「学園祭で『トレモロ』歌ってました」

■『東京リベンジャーズ』の推しキャラはマイキーとドラケン。「支え合って、チームを大きくしていく感じがたまらない!」(フィロソフィーのダンス・日向ハル)

本日9月8日朝、音楽とエンタテインメントに特化したInterFMの情報番組『MUSIClock』に、9月のGUEST MUSIC BROAD CASTER(マンスリーコーナーDJ)の水曜日担当として、フィロソフィーのダンスの日向ハルが登場した。

先週、MUSIC BROAD CASTERの山崎あみにオススメされた『東京リベンジャーズ』にすっかりハマったそうで、「20話まで観終わりました、面白かったです! タケミチが強い相手に立ち向かっていくシーンに感情移入して、『頑張れ~!』って言いながら励まされてます」と感想を語る日向。山崎に推しキャラを聞かれると「マイキーとドラケンの圧倒的な強さがカッコいいなと思って、ふたりが気になってます。マイキーが可愛くて、『え~、食べると眠くなっちゃうの? 可愛い!』と思ったり。ふたりで支え合って、チームを大きくしていってる感じがたまらないです!」と楽しそうに話し、明るく番組をスタートした。

自身によるニュース読みでは、RADWIMPSが映画『余命10年』(2022年春公開)の劇伴音楽を担当することが決定したことを紹介。「RADWIMPSは学生時代、大好きだったバンドのひとつで。当時、軽音部に所属してたんですけど、よくコピーしてました。『トレモロ』とか、学園祭で歌ってました。たぶん、ファンの方は私がロックを聴くのをあまり想像つかないと思うんですけど。当時は邦楽ロックばかり聴いてて、その中でもRADWIMPSが大好きでした」と話し、「いつかライブとかで日向さんが歌ってるのを聴きたいです!」とリクエストする山崎に、「じゃあ、今度カバーしたいと思います」と笑って答えた。

フィロソフィーのダンスの名前が付いた経緯など、グループについて改めて話した番組後半。メンバーの存在について聞かれると、「個性も趣味もバラバラだけどお互いを肯定し合えてて、メンバーといると自分に自信が持てるし、自己肯定感が上がる。いつでも味方でいてくれるので、自分にとって家族みたいな、お姉ちゃんみたいな存在です」とメンバーへの愛を語った日向。「それぞれが自分の出来ることを探して、結成当初より個性がバラバラになっているんですけど。ケンカもせず、仲良くやってます」と4人の関係性を話すと、「素敵です。お互いに支え合う、マイキーとドラケンの関係みたいに思っちゃいました」という山崎に「うれし~い! いいですよね、友情もの!」と答え、ふたりで笑い合った。

先日、自身の楽曲「テレフォニズム」を韓国の人気プロデューサー、Night Tempoがリミックスした「Night Tempo Melting Groove Mix」のリリックビデオを公開したフィロソフィーのダンス。楽曲について聞かれると、「この曲は春の夜に恋が始まるってストーリーなんですけど、実はフィロのスは曲を作る時に裏設定まで細かく決めていて。今日、番組でかけていただいた『サマー・イズ・オーバー』が『テレフォニズム』の続編になってるんです」と明かし、「春の夜に始まった恋が、夏の夜にどうなったか? 続けて聴いてもらっても面白いと思います」と楽曲の新たな楽しみ方を推奨した。

InterFM『MUSIClock』は、放送後から1週間、radikoで視聴可能。最新の音楽情報を提供するコーナーは、 あさ8時15分頃から放送されている。


番組情報

InterFM897『MUSIClock』
毎週月曜〜木曜 07:30〜08:55
放送エリア:首都圏
DJ:平井麗奈
MUSIC BROAD CASTER:山崎あみ

9月GUEST MUSIC BROAD CASTER:
月:遥海
火:尾崎裕哉
水:日向ハル(フィロソフィーのダンス)
木:マハラージャン


radiko ※9月8日(水)放送分
https://radiko.jp/#!/ts/INT/20210908080000

『MUSIClock』番組サイト
https://www.interfm.co.jp/musiclock

フィロソフィーのダンス OFFICIAL SITE
https://danceforphilosophy.com/