THE F1RST TIMES

NEWS

2021.09.09

デヴィッド・ボウイの若き日々を描く映画『スターダスト』より、場面写真&監督コメント公開

■「デヴィッドはとても鋭いファッションスタイルをもっていた」(ガブリエル・レンジ監督)

音楽史にその名を刻む偉大なアイコン、デヴィッド・ボウイの若き日の姿と“ジギー・スターダスト”誕生を描いた映画『スターダスト』が、10月8日よりTOHOシネマズ シャンテほかにて公開。このたび、本作の場面写真・監督コメントが解禁された。

本作はデヴィッド・ボウイのアルバム『ジギー・スターダスト』(1972年)を発表する前年、若き日のデヴィッド・ボウイを描いた“ジギー・スターダスト”誕生の物語。のちにデヴィッド・ボウイの最も有名な別人格“ジギー・スターダスト”を生み出すきっかけとなった瞬間の舞台裏、キャリアのターニングポイント、それに関わった人たち、そして彼の内面を描く。

偉大なミュージシャンであり、ファッションアイコンでもあったデヴィッド・ボウイ。本作では衣装も注目ポイントのひとつで、ボウイを演じたジョニー・フリンがフェミニンなロングドレスや、山本寛斎がデザインしたことでも有名なジギー・スターダストのコスチュームを彷彿とさせる衣装を身にまとっている。

衣装を担当したのはユーリア・パトコーシュ。ヴィヴィアン・ウェストウッドのもとでアシスタントとして働き、『マリー・アントワネット』にてアシスタントデザイナーを務めている。

ガブリエル・レンジ監督は劇中の衣装について「デヴィッドはとても鋭いファッションスタイルをもっていた。衣装で楽しかったのは、彼が初めてアメリカに到着したとき、彼の(ドレスを着るような)スタイルは時代遅れだった。フェミニンなイギリスロックのファッションの時代はすでにアメリカでは終わっていて、そういった衣装は当時のデヴィッドを表現するのに非常に重要でした。そこからジギー・スターダストのような過激な衣装に激変させるのは、衣装デザイナーのユーリア・パトコーシュにとってはとても楽しい仕事だったと思います」とデヴィッド・ボウイの衣装の移り変わりについて解説する。

当時のボウイと時代が色濃く反映された衣装に注目だ。


映画情報

『スターダスト』
10月8日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ ほか全国公開
監督:ガブリエル・レンジ
プロデューサー:ポール・ヴァン・カーター、ニック・タウシグ、マット・コード
脚本:クリストファー・ベル、ガブリエル・レンジ
キャスト:ジョニー・フリン、ジェナ・マローン、デレク・モラン、アーロン・プール、マーク・マロン
配給:リージェンツ
(c)COPYRIGHT 2019 SALON BOWIE LIMITED, WILD WONDERLAND FILMS LLC


映画『スターダスト』作品サイト
DAVIDBEFOREBOWIE.COM