THE F1RST TIMES

NEWS

2021.09.13

AKB48・岡⽥奈々、STU48との兼任解除を発表!「なにかあればいつでも駆けつけるよっていう気持ち」

■STU48、7thシングル「ヘタレたちよ」選抜メンバー&シングル詳細発表! センターは瀧野由美⼦! 2期研究⽣の正規メンバー昇格も決定!

9⽉12⽇、広島・サンプラザホールにて⾏われた『STU48 2021夏ツアー打ち上げ? 祭(仮)』にて、10⽉20⽇リリース予定の7thシングル「ヘタレたちよ」の選抜メンバーと詳細内容が発表。あわせて、2期研究⽣の正規メンバー昇格、前キャプテンでAKB48 Team4兼任の岡⽥奈々の、STU48兼任解除が発表された。

「ヘタレたちよ」センターは、瀧野由美⼦(1期⽣)に決定。ソロ写真集発売や地上波バラエティ番組で活躍を広げる1期⽣・瀧野由美⼦が約1年ぶり6度⽬のセンターとなる。

瀧野は「またひと味違ったSTU48を⾒せられるように頑張っていきたいです」と意気込みを語った。

これまでも1stシングル「暗闇」や4thシングル「無謀な夢は覚めることがない」などインパクトのあるタイトルでシングルリリースしてきたSTU48だが、「ヘタレたちよ」がいったいどんな楽曲となるのか、期待が高まる。

■前キャプテン・岡⽥奈々、兼任解除発表。7thシングルが最後の楽曲参加に
公演のラストには、岡⽥奈々の兼任解除も発表。7thシングル「ヘタレたちよ」が最後の楽曲参加となる。岡⽥は「7枚⽬(のシングル)ということで、なな(奈々)だけに全⼒で頑張るので、どうかこれからもSTU48の応援をよろしくお願いします!」とコメント。1期⽣・ドラフト3期⽣は、グループ結成初期から岡⽥の背中を⾒て活動してきただけに、涙ぐむ姿も⾒られた。

■2期研究⽣、正規メンバーに昇格決定!
なお、同日の昼公演『STU48 夏の瀬⼾内ツアー〜昇格への道・決戦は⽇曜⽇〜』では、2期研究⽣、全22名の正規メンバー昇格が発表。3⽉に⾏われた『STU48 4周年コンサート』では、今回の公演で観客席がすべて埋まらなければ昇格できないと、厳しい条件が付きつけられ始まった今回のツアーだったが、無事に条件をクリア。約2年間の活動期間を経て正規メンバーへと昇格を果たした(正規メンバーとしての活動は、10⽉1⽇より開始予定)。

2期研究⽣の正規メンバー昇格、そして、前キャプテン・岡⽥奈々の兼任解除が決定したSTU48。ヘタレたちSTU48は、瀬⼾内から世界を⽬指し、またあらたな航路へと突き進んでいく。

【ライブレポート】
■昼公演『STU48 2期研究⽣ 夏の瀬⼾内ツアー〜昇格への道・決戦は⽇曜⽇〜』
「夢⼒」「無謀な夢は覚めることがない」「⽔夫は嵐に夢を⾒る」「夢を死なせるわけにはいかない」「夢は逃げない」を全員でパフォーマンス。ツアー最終⽇に合わせた、昇格から夢へ繋ぐといった意味を込め、新しいセットリストで5曲続けて披露した。⾃⼰紹介ではツアー最終⽇に対するそれぞれの思いをひと⾔づつ⾔葉にし、ユニット曲「好きになれただけで幸せだ」「⽚思いの⼊り⼝」「誰かがいつか好きだと⾔ってくれる⽇まで」「誰かといたい」「あの⽇から僕は変わった」の5曲を続けて披露。ツアーでの思い出の話になるとご当地グルメが⾷べられたことや、楽屋差し⼊れが豪華だったなど、⾷べ物の話で盛り上がった。

続いて「⼤声ダイヤモンド」「⾔い訳Maybe」「少⼥たちよ」「⼿をつなぎながら」「孤独なランナー」と5曲続けて披露。その後MCを挟み、「暗闇」「原点」「思い出せる恋をしよう」と3曲披露すると司会の中島尚樹が登壇し、いよいよ昇格のジャッジへ……中島が発表を焦らすと不安な様⼦を隠せないメンバーたち。

「今回はチケット販売最終枚数が2,000枚を超えていれば昇格。チケットセンター1899枚、プレイガイド174枚合計で2073枚ということで、2期研究⽣全員正規メンバーに昇格です! おめでとうございます」と昇格決定を発表。客席からは「昇格おめでとう」の⽂字が⼊ったフライヤーが掲げられ、うれしくて泣き崩れるメンバーも。ファンからもらった昇格祈願のダルマに、⼯藤理⼦が代表して無事ダルマに墨が⼊れた。

墨の⼊っただるまと観客と⼀緒に記念撮影、「僕らの春夏秋冬」を披露し、いったん本編は終了。観客の⼿拍⼦でアンコールが始まり、「出航」「スクラップ&ビルド」を披露。⽥中美帆が「2期⽣だけでこんな⼤きな会場でコンサートさせていただき、本当にうれしかったです。これからもどんどんパワーアップしていけるよう頑張ります」とコメントし、「ペダルと⾞輪と来た道と」を披露して今後の意欲を⾒せ無事、昇格を果たし終演となった。

加⼊直後にコロナ禍に⾒舞われ、思い描いた活動ができない中でもこの約2年間地道に積み上げてきた努⼒の成果が結実した、ファンも納得の昇格に値するコンサートが実現。2期⽣正規メンバーとしての活動は10⽉1⽇からとなる。

■夜公演『STU48 2021夏ツアー打ち上げ?祭(仮)』
Overtureと共に全員が登場し、2期⽣昇格おめでとうと映し出されたビジョンと銀テープの打ち上げの祝福モードでスタート。「ペダルと⾞輪と来た道と」では「会いたかった」「Everyday、カチューシャ」「ナギイチ」と4曲続けて全員で元気よくパフォーマンス。その後のMCでは、⽴仙百佳が「昇格できて本当にうれしいです。これからもみんなと⼀緒に⼒を合わせて頑張っていきます」と改めて気持ちを伝え、瀧野由美⼦の「夏ツアー打ち上げ祭はここからが本番じゃけー!!」の合図と共にハッピを着たメンバーが登場し、企画コーナーへ。打ち上げ祭らしくカラオケや即興パフォーマンス等いつものコンサートとは違う遊び⼼を盛り込んでファンと楽しんだ。

企画コーナー後は「僕らの春夏秋冬」「サングラスデイズ」「思い出せる恋をしよう」と3曲続けて全員で披露。最後には「奇跡という名のストーリー」を披露し、本編が終了した。

アンコールが始まると夏らしく全員浴⾐でうちわを持って登場。観客の⼿拍⼦に合わせカウントすると、デジタル花⽕がモニターに映し出され、「僕の打ち上げ花⽕」を元気いっぱいにパフォーマンス。観客のテンションも⾼まるなか、ラスト曲「夢⼒」を披露。キャプテンの今村から締めの挨拶があり、幕を閉じるかと思わせると映像が流れ7thシングルに関する発表に……。初選抜に選ばれた⼩島愛⼦は「現状に満⾜せずに頑張っていきます」と涙ながらにコメントした。

そして、最後は岡⽥奈々から兼任解除の発表が。「⽴ち上げからかかわってきたSTU48を離れるのは寂しいです。伝えたいことはいっぱいありますが、STU48は私にとってずっとずっと⼤切な宝物です」とファンへ思いを伝えた。すでに解任を知っていたはずの甲斐⼼愛は、悲しさが隠しきれない様⼦で「本当に解任なん?」と何度も問いかける部分も。岡⽥は「奈々だけに7枚⽬シングルも全⼒で頑張ります」と締めて幕を閉じた。

(C)STU

STU48 メンバーコメント
■瀧野由美子 (7thシングル「ヘタレたちよ」センター)
このご時世でシングルを発売できるのは、普段私たちのことをたくさん思ってくださっているスタッフさんや、本当にSTU48のことを想っていつも応援してくださるファンの皆さんのおかげだと思います。また、今回7枚⽬で6作⽬のセンターを、こうしてまたやらせていただけるのはとてもうれしいです。
今回は4⼈2期⽣から選抜メンバーとして⼊っているのもあって、STU48として新しい⾵を吹かせていかないといけない時期なのかなと、センターとしてプレッシャーを感じつつ、またひと味違ったSTU48を皆さんにお届けできるように、感謝の気持ちを込めながら、引き続き全⼒で頑張っていきたいと思います!
そして奈々さんの兼任解除発表。奈々さんはSTU48が結成してからずっと私たちを引っ張ってきてくださった⽅なので、とても寂しい気持ちでいっぱいです。この4年間、岡⽥奈々さんがSTU48に⾒せてくれた背中をしっかりと私たち1期⽣が引き継いで、後輩たちがついていきたくなるような姿を⾒せていかないといけないと思っています。
奈々さんとの限られた時間ではあるんですけど、そのなかでもいっぱいお話しして、いろんなことが学べたらいいなと思います。

■今村美月(キャプテン)
奈々さんの兼任解除はいつかはあることだと覚悟をしていましたので、最初に話を聞いたときは、びっくりというよりついにきてしまったかという気持ちでした。
コロナ禍になってからはグループの活動も思うようにいかなかったので、奈々さんとご⼀緒できる機会が少なくなってしまい、もっと⼀緒に活動したかったという気持ちが強くあります。
ですが、これを期にメンバー皆の気が引き締まりました。メンバー⼀⼈ひとりにグループを良くしていかなくちゃという意識が芽⽣えていると思います。私も現キャプテンとして、奈々さんのストイックな部分や優しい部分を受け継いでいきたいです。
メンバー全員が意識をもってこれからのSTU48の第2章を作り上げていけたらと思います。

■岡田奈々(前キャプテン/AKB48 Team4兼任)
兼任解除はすごい寂しい気持ちもあって、STU48にいれるのであればずっとずっとSTU48にいたい気持ちがいちばん⼤きいですが、5年⽬に⼊り、2期研究⽣の昇格があり、1期⽣・ドラフト3期⽣も⼀⼈ひとりが成⻑していく姿を⾒て、もう私の⼒はなくても、もっともっと素敵なグループに進化していくんじゃないかなと感じていました。⼦離れではないですが、STU48という⼤好きなグループから離れることで、お互いにとってより成⻑に繋がったらいいなと思います。
これからも同じAKB48グループの仲間であることに変わりはないので、なにかあればいつでも駆けつけるよっていう気持ちです。そして、兼任最後までファンの皆さんやメンバーと、いい思い出をたくさん作りたいです!
瀬⼾内と東京で物理的な距離はありますが、⼼はこれからも近くに寄り添い続けられたらと思います。きっとみんなはもっともっと素晴らしいアイドルに成⻑していくと思います。
私⾃⾝もみんなに負けないようにAKB48でも頑張り続けたいと思います!

■田中美帆(2期生・初選抜)
昇格できたことが、今は率直にうれしいです。
今回のツアーを通して成⻑できたこともたくさんありました。
ただ、まだまだ先輩たちとの間に差があるなと感じることが多く、昇格できたことはうれしいのですが、いろいろなことを安⼼して任せてもらえるよう、信頼を勝ち取れるように頑張りたいと思います。
今回の選抜の発表のときには選ばれると思っていなかったので、初めは驚きと⼾惑いがありましたが、時間が経つにつれ選ばれたことに対しての喜びがじわじわと湧いてきました。プレッシャーはありますが、⾃分ができることを精⼀杯やっていこうと決⼼しました。
今回の初選抜が今後の活動に繋がるように、⾃分が持っている個性をより濃く発揮していきたいと思っています!


リリース情報

2021.10.20 ON SALE
DIGITAL SINGLE「ヘタレたちよ」


STU48 OFFICIAL SITE
https://www.stu48.com/

STU48 キングレコード OFFICIAL SITE
http://stu.kingrecords.co.jp/