THE F1RST TIMES

NEWS

2021.09.29

Czecho No Republicの武井優心&タカハシマイのユニット、Living Ritaが初アルバムを配信リリース

■Living Rita、クラウドファンディングの支援者と共に作り上げた1stアルバムがついに完成!

Czecho No Republicの活動とは別に、以前から夫婦である武井優心・タカハシマイで楽曲制作を行っていたふたりが、2021年から本格的始動させたユニット、Living Rita(リビングリタ)。

今年6月に初のお披露目ライブをYouTubeにて行い、7月には渋谷WWWにて有観客ライブイベント『Utopia vol.1』を開催しライブ活動も開始。音源制作と自主レーベル立ち上げのために行ったクラウドファンディングでは、多くの人から支援を受け、プロジェクトが無事達成となった。

その後、日本とLAを繋いだレコーディング作業を行い、エンジニアにはJun Murakawa、白石経、マスタリングにはテーム・インパラやダーティー・プロジェクターズなどを手がけているSterling SoundのGreg CalbiとSteve Falloneが担当するなど、Living Ritaとして追い求める作品作りに徹底した7曲が完成。Living Ritaの初音源、1stアルバムとして、セルフタイトルにて10月29日に配信リリースとなる。

なお、リリース1週間前の10月22日には1曲目の「Tonight」が先行配信。MVも公開予定だ。

【『Living Rita』作品レビュー】
Czecho No Republicの武井優心とタカハシマイによるLiving Ritaが、1stアルバム『Living Rita』を、自主レーベルOrange Sunshineから発表する。以前から趣味で楽曲制作をしていたふたりが、コロナ禍を通じて改めて自分たちの音楽と向き合い、嘘偽りのない大事な曲たちを純度高くレコーディングしたという本作には、陶酔感のあるサイケ/ドリームポップが並ぶ。シンセ主体の職人的なアレンジのセンスもさることながら、メインボーカルを務めるタカハシの歌声がより深みと包容力を増していて、昨年以降の不安定な心情を美しい楽曲へと昇華させているのは特筆すべき点だ。録音には旧知の仲である照沼光星と松坂勇介に加え、ふたりがファンだったというTAWINGSのCony Planktonが参加し、アナログ的な温かみのある音像に仕上がっている。

TEXT BY 金子厚武/音楽ライター


リリース情報

2021.10.29 ON SALE
DIGITAL ALBUM『Living Rita』


Instagram:Living Rita(@livingrita_)
Twitter:@LivingRita_

Czecho No Republic OFFICIAL SITE
http://c-n-r.jp/