THE F1RST TIMES

NEWS

2021.10.01

ELAIZA、初作詞した2ndシングル「AYAYAY」が完成! MVティザーも解禁

■ティザー映像には、どこか倉庫のような建物の屋根裏で階下を臨むELAIZAの姿が!

女優、モデルとして、めざましい活躍を見せている池田エライザが、ELAIZA名義で音楽活動を開始。

そして、デビュー曲「Close to you」に続いてリリースされる2ndシングルのタイトルが「AYAYAY」に決定した。

ELAIZA自身が初作詞、今最も注目される音楽プロデューサーのひとり、Yaffleが作曲を担当。各配信サービスにて、10月4日にリリースされる。

新曲「AYAYAY」は、曲名をどのように読むのかもわからない。ELAIZAの歌を聴くと、“やいやい”とも“いやいや”とも聞き取れる不思議な語感。彼女が歌詞に込めた想いは何なのか。

「まだ そんなとこで くすぶってたいの? 飽きもせずに」
「優しい顔をしては 白い嘘をかさね Sorry It’s my fault. などと言う」

歌の主人公は、平気な顔で嘘をつく誰かにうんざりしているのか。

「駄々 こねてたいだけ」
「投げた 小石はあとで 私の元に降りかかるわ」
「群れからはぶれては 震える声で歌う」

一転、主人公は弱気な自分を哀れむようだ。

一見すると男女のイザコザを歌ったようにも聞こえる。ただ、群れからはぶれる(はぐれる)のを怖がる様子からは、現代の軽薄なリーダーと、群れをなし不平を連ねる民衆との関係ともとれる。そう考えると、タイトル「AYAYAY」が「やいやい」でも「いやいや」でも、どちらともとれるようにあえてしたのではと思えてくる。

ELAIZAの歌詞世界はどこに向かっていくのか、興味は尽きない。
それでも、できればタイトルの読み方だけは正しく理解してスッキリしたい―。

楽曲の解禁に合わせて、ELAIZAのオフィシャルYouTubeチャンネルにてMVのティザー映像が公開。

どこか倉庫のような建物の屋根裏で、階下を臨むELAIZAの目の先には何があるのか。期待が膨らむ内容となっている。


リリース情報

2021.09.06 ON SALE
DIGITAL SINGLE「Close to you」

2021.10.04 ON SALE
DIGITAL SINGLE「AYAYAY」

発売日未定
ALBUM『失楽園』


ELAIZA OFFICIAL SITE
https://ikedaelaiza.jp/

池田エライザ OFFICIAL Instagram
https://www.instagram.com/elaiza_ikd/?hl=ja