THE F1RST TIMES

NEWS

2021.10.03

AKIRA、TETSUYA、岩田剛典、佐藤大樹が熱く語る『EXILEと踊ろう』収録後インタビュー

■「20周年という節目をファンの皆さんと直接お会いして、番組としても残せることがすごく名誉なことだと感じました」(岩田剛典)

ABEMAにて、10月2日19時よりEXILE20周年記念特番『EXILEと踊ろう』を放送した。本番組の収録後に、EXILEよりAKIRA、TETSUYA、岩田剛典、佐藤大樹による合同取材を実施された。

『EXILEと踊ろう』は、EXILEに憧れた人気芸人やタレント、EXILEとともに青春時代を過ごしてきたお父さんたちやアーティストを夢見るキッズダンサーなど、EXILEの楽曲とともにダンスでコラボし、一夜限りのスペシャルパフォーマンスを披露する、EXILEのデビュー20周年を記念したスペシャル番組。

「EXILEと一度でいいから一緒に踊りたい」、「家族のためにダンスでカッコいい姿を見せたい」など、参加者の夢を叶えるためにEXILEメンバーが全力でサポートするほか、本番のステージに向けて頑張る参加者の姿にも密着。ダンスで一緒に夢を叶える3時間の特別番組だ。

■番組収録を終えて、AKIRA「本当に皆さまに心から感謝の気持ちでいっぱい」ファンへの熱い思いを語る
まず、本番組の収録を終えた感想として、AKIRAは「改めてこの20年という活動は、僕たちだけでなく、ファンの方々であったり、日本の多くの皆さまに支えられながらも、また皆さんのそれぞれの人生にも寄り添えていたということを、今回の番組を通して感じさせてもらえるような、胸が熱くなる企画だったと思います。関係者の皆さま、参加してくださった皆さま、そして今回参加できなかったファンの皆さまもたくさんいるのですが、本当に皆さまに心から感謝の気持ちでいっぱいです」とコメント。

TETSUYAも「僕らもサプライズを受けたような感覚がすごくありました。僕も一緒に踊らせてもらったのですが、ファンの方と一緒に踊るってすごく楽しいな、ダンスっていいなってすごく思いました。よく楽曲をカバーしてもらう、とかそういう経験はあるのですが、自分たちの楽曲を踊ってもらう、という企画は、また僕らの曲の新しい一面を見られるような気がしたので、自分自身楽しい収録になりました」と続けると、岩田も「ドラマチックな番組に仕上がったなと感じますし、20周年という節目をファンの皆さんと直接お会いして、番組としても残せることがすごく名誉なことだと感じました」、佐藤も「自分も、もともとEXILEが好きでダンスをはじめた身なので、そういった僕と近い始めた方をされた参加者の方もいらっしゃって、いろんな人がEXILEを好きで応援してくれているんだな、と感じました」とそれぞれ振り返った。

また、普段のパフォーマンスと異なり意識した点を尋ねられると、岩田は「(収録に参加した)ファンの方のなかに、『もう二度ない、人生に一回“ない”か“ない”か』とおっしゃっている方がいて。『“ある”か“ない”か』じゃなくて、『もうないことなんだ』と言ってくださっている方がいるなかでのパフォーマンスだったので、その空間の雰囲気を大切にして、あったかい空気感のなか、楽しい思い出になってもらうことを願ってパフォーマンスをしました」と話した。

なお、このたびの放送では、新曲「HAVANA LOVE」をはじめ、「Rising Sun」、「Someday」、「Fly Away」、「I Wish For You」、そしてサプライズで「Choo Choo TRAIN」の全6曲を披露。

そのなかでも、“胸に刺さる曲”として「Rising Sun」を挙げたのはTETSUYA。「『Rising Sun』は、東日本大震災の復興支援ソングだったり、甲子園ソングとしてつくられたものですが、一生懸命頑張って踊っている姿だったり、ここに至るまでのストーリーや姿だったり…今までの自分たちと重ね合わせたときに、聞こえるだけ、見えるものだけじゃないものを感じたので、『Rising Sun』ってすごく素敵だなと思いました」と理由を話した。

■一緒にパフォーマンスしたい相手として、佐藤大樹「HIROさんと一緒に踊りたい憧れがある」
9月27日に20周年を迎えたEXILEだが、2014年にEXILEに加入した佐藤は「まず加入したその年にEXILEで紅白歌合戦に出たときは、親孝行がひとつできたなと思いました」と口火を切ると、「そのあとに『EXILE LIVE TOUR 2015 “AMAZING WORLD”』というドームツアーが開催され、自分自身がEXILEの単独ツアーに参加した初ドームツアーでしたが、MATSUさん、MAKIDAIさん、ÜSAさんにとっては最後のツアーで。特急列車には乗ったけどいろんな波にも揉まれながら活動してきた7年間だったなと思います。ほかでは経験できないようなことを、EXILEでは短期間で経験できた、というのは自分の誇りでもありますし、自分ではまだ7周年なので、自分たちが加入してから20周年ぐらい続くようにも、今日の収録を経て頑張っていきたいなと改めて思いました」とこれまでを振り返った。

そんな長きにわたる歴史のなかで、4人が一緒にパフォーマンスしたい相手を尋ねられると、AKIRAは「今の14人で、改めてGLAYの皆さんとコラボレーションしたい」、岩田は「ご存命ではないですが、ビジュアル的なところも含めて、実はライブの演出とかもオマージュさせてもらっている部分もあるマイケルジャクソンさん」、佐藤は「HIROさんといつか一緒に踊ってみたいという憧れはあります」とそれぞれ話すなか、TETSUYAはかつてHIROがサポートメンバーだったDREAMS COME TRUE(以下、ドリカム)を回答にあげた。

「ドリカムさんが大事にされているおもてなしや演出、お客様に対する意識などをHIROさんから聞いていた」と話し、「そういうものをこの14人で改めて感じられたら最高だなと思いますね」と語った。

最後に、視聴者に向けてAKIRAが「多くの方々に支えられながら20周年を迎えることになりますが、見てくださる皆さまにもなにか懐かしい、熱く、淡い青春時代を思い出すような3時間になるんじゃないかなと思いますし、今回参加してくださったファンの皆さまにもストーリーがあるように、皆さま自身にもEXILEとの様々なつながりやストーリーがあると思います。ぜひ3時間の特番を見ていただくことで懐かしい気持ちにもなっていただきたいですし、僕たちもこういった大変な状況下、“日本を元気に”とテーマを掲げて走っているので、なにか勇気や元気が届くといいなと思っています」とメッセージを送った。

10月2日に放送した『EXILEと踊ろう』は、10月9日18時59分まで無料で見逃し配信中。

またABEMAでは、『ABEMA×LDH 2021』と題し、EXILE TRIBEアーティストのライブツアーを『ABEMA PPV ONLINE LIVE』にて生配信するほか、12月には、EXILE TRIBEの6アーティストによる、6日間のオンラインクリスマスライブパーティーの開催も決定。EXILE TRIBEのファンと2021年を楽しみきるプロジェクトを多数実施する。

これからも進化をし続けるLDH TRIBEの一挙一動を、ぜひ『ABEMA×LDH 2021』を通して楽しもう。

(C)AbemaTV, Inc.
(C)LDH JAPAN Inc.


番組概要

ABEMA『EXILEと踊ろう』

放送日:2021年10月2日(土)19時~22時
※10月9日18時59分まで無料で見逃し配信中。
見逃し配信URL:https://abema.tv/video/episode/90-1577_s1_p1
「ABEMAプレミアム」限定コンテンツ:https://abema.tv/video/episode/90-1577_s1_p201


リリース情報

2022.01.01 ON SALE
EXILE
ALBUM『PHOENIX』


EXILE OFFICIAL SITE
https://exile.jp/