THE F1RST TIMES

NEWS

2021.10.06

自宅での撮影も! サカナクション・山口一郎出演、JINS新TVCM公開

■「まさか(自宅に)カメラレールが敷かれるとは思っていませんでした」(サカナクション・山口一郎)

JINSが、2015年に発売したメガネ型ウエアラブルデバイス“JINS MEME(ジンズ ミーム)”を一新。“ココロとカラダのセルフケアメガネ”として10月14日に発売される。

発売に先駆け、サカナクションの山口一郎を起用したTVCMが、本日10月6日よりオンエア。また、CM、コンセプトムービー、メイキングムービーも公開された。

■サカナクション・山口一郎、JINS MEMEで「クールダウン瞑想」
自身もメガネを愛用し、音楽だけでなく、カルチャー、テクノロジー、デザインと多方面で造詣が深いサカナクション・山口一郎。

CMは「いつでもつながれる社会、どこでも働ける世界。オンとオフが曖昧な時代に、メガネは何ができるだろうか」というメッセージのもと、スマートフォンやパソコンが手放せず、テレワークなどで働き方が変わった現代人の「あるある」を描いていくもの。そこにJINS MEMEをかけた山口が登場し、専用アプリからサジェストされた「クールダウン瞑想」をすることで、集中して創作活動に打ち込む様子が描かれる。冒頭の問いに対して「メガネでココロとカラダをケアするという新発想」という、ひとつの答えを示唆した映像となっている。

山口が登場する夜のシーンは、山口の自宅で、実際に創作活動で使用されているデスクで撮影。山口の私生活のリアルな一面を垣間見ることができる。

監督はサカナクションのMVも多数手掛ける田中裕介。CMの途中から流れる音楽は江島啓一(サカナクション)が制作しており、都会的な喧騒から一転、ノイズが除去されたクリーンな音楽に切り替わることで、JINS MEMEを活用した世界を表現している。

なお、JINS MEMEの今後の展開について山口は、「JINS MEMEの持つ“ココロとカラダのセルフケアメガネ”というコンセプトに、さらなる付加価値を提供できるよう、チームの皆さんと一緒に準備を進めています。“JINS MEME”を通じて新しい体験をお届けしたいと思っています」と期待を寄せている。

■CMストーリーボード
「いつでもつながれる社会、どこでも働ける世界。オンとオフが曖昧な時代に、メガネは何ができるだろうか」というメッセージのもと、スマートフォンの普及やテレワークの浸透で24時間「働けてしまう」社会問題を表現。スケジューラーで次から次へと予定が決められてしまう男性、隙間のないリモート会議でゆっくり昼食をとる暇もない女性、駅のホームで仕事の電話に呼び止められる女性など、慌ただしい現代人の日常がJINS MEMEのセルフケアサポートによって変わっていく様子を描いている。ラストには自宅で作詞中の山口一郎が登場。JINS MEME専用アプリのサジェストに従って瞑想を行うと、周囲の雑音が引いていき、再び集中して作業をはじめる。

■山口一郎 コメント
――CM撮影を終えた感想を教えてください。
今回、自宅での撮影だったのですが、まさかカメラレールが敷かれるとは思っていませんでした。(笑)。監督の田中裕介さんをはじめとして、いつもサカナクションで一緒にクリエイティブしている仲間の多い現場だったので、安心して取り組むことができました。

――CM撮影で印象に残ったシーンや演出などありますか?
家での撮影ももちろん印象的ですが、田中裕介さんから、よりリアルさを追求したいという相談があり、車の中で僕が見ているメッセージは、実際のメンバー間でのやりとりをベースにしました。音楽もサカナクションで担当させていただき、僕が出演するというだけではなく、CMトータルで、すごく寄り添った形で参加できたことはうれしかったです。

――CMでは現代の社会を描いていますが、共感する部分はありますか?
今回のような撮影でしたり、ミーティングや取材も頻繁に自宅で行っていて、楽曲制作の作業も自宅で取り組んでいるので、「オンとオフが曖昧な時代」という言葉には共感しました。いまは在宅勤務の方も多いと思うので、オンとオフを切り分けずに、いかにバランスを取り続けるかということは皆さんも共感されるのではないかと思います。

――JINS MEMEの印象はいかがですか?
メガネほど一日中、身につけているデバイスもないので、メガネを通じて自分をより良い状態に保つというのはとても便利ですし、理に適っていると思いました。仰々しいデバイスではなく、普段のメガネと変わらないので、どなたでも試しやすいのではないかと思います。

――実際にアプリを使用した感想を教えてください。
自分のコンディションが数値やビジュアルで分析されることが面白く、ついついアプリを見てしまいます。気が散ることのないリフレッシュ方法や、生活リズムの作り方も提案してくれるので、良いパートナーのようなアプリだと思います。


JINS ブランドサイト
https://jinsmeme.com

サカナクション OFFICIAL SITE
https://sakanaction.jp/