THE F1RST TIMES

NEWS

2021.10.15

アデル、グザヴィエ・ドラン監督と再び組んだドラマチックな「イージー・オン・ミー」MV公開

■「私も変わり、アデルも変わった。(新曲MVは)お互いの成長と、そして強い信念を貫いてきたことを祝福する機会なのです」(グザヴィエ・ドラン監督)

世界的スーパースター、アデルが、ニューシングル「イージー・オン・ミー」を本日配信リリースし、MVがされた。

「イージー・オン・ミー」は、11月19日に発売されるニューアルバム『30』に先駆けてリリースされる楽曲。アデルは、今週はじめにニューアルバムのリリース日を公開しており、ファンへ向けた手紙には「ようやくこのアルバムを出す準備ができた」と書かれていた。

「イージー・オン・ミー」のMVは、先月ケベックで撮影が行われ、カンヌ国際映画祭グランプリ受賞をしているグザヴィエ・ドラン監督(映画『マミー』『たかが世界の終わり』などの作品で知られる)と再びコラボレーション。

「この機会を本当に待ち望んでいたんだ」とドランは語る。「アーティスト同士が何年もの時を経て、再び繋がることよりパワフルなものはないと私は思います。私も変わり、アデルも変わった。お互いの成長と、そして強い信念を貫いてきたことを祝福する機会なのです。まったく変わらない、でも違っている」。

「イージー・オン・ミー」のMVは、2015年のヒットシングル「ハロー」MVの撮影で使用されたまったく同じ家からはじまる。

引っ越しの荷造りを終えたアデルは、「今からそちらに向かうね」と電話をかけ、クルマに乗り込みカセットテープをプレイする。映像中盤ではそれまでモノクロだった映像が美しいカラー映像に切り替わる。ラストシーンでは「カット!」の声がかかると、監督の「絶対このシーンは使おう」に対して、笑いながらアデルが「絶対使わないで!」と言うやりとりまでが収められている。

『30』は2015年11月にリリースされた3rdアルバム『25』以来の作品。同作は、過去にもコラボレーションしたグレッグ・カースティン、マックス・マーティン、シェルバック、トバイアス・ジェッソJr.やあらたにインフロとルドウィグ・ゴランソンをプロデューサーとして迎え入れ、制作された。『30』の予約受付は、CDおよびアナログレコード、ダウンロードともにスタートしている。

なお、アルバム『30』はデジタルリリースに加えて、日本国内ではCDとアナログレコードにてリリース。完全生産限定盤のCDは紙ジャケット仕様で、ボーナストラックが3曲収録された日本独自のパッケージとなる。


リリース情報

2021.10.15 ON SALE
DIGITAL SINGLE「イージー・オン・ミー」

2021.11.19 ON SALE
ALBUM『30』


アデル OFFICIAL SITE
https://www.adele.com/