THE F1RST TIMES

NEWS

2021.10.20

浜崎あゆみ、“シンガー発掘オーディション”のライブ配信で涙。「何かできることがあればと思い…」

■『17LIVE 4th Anniversary meets 浜崎あゆみ総合プロデュース“シンガー発掘オーディション”』応募者絶賛受付中!

世界5,000万人以上のユーザー数を誇るライブ配信プラットフォーム「17LIVE(ワンセブンライブ)」のサービス開始4周年を記念し、浜崎あゆみをプロデューサーに迎えた大規模オーディション『17LIVE 4th Anniversary meets 浜崎あゆみ総合プロデュース“シンガー発掘オーディション”』が現在開催中。

このオーディションを記念して、10月19日の20時よりプロデューサーのayu自ら司会を務めたスペシャルなライブ配信が17LIVEにて行われた。

生配信に登場したのは浜崎のほか、3人のオーディション審査員たち。浜崎の代表曲の数々を作曲、編曲し、今回、優勝者への楽曲提供を行うサウンドプロデューサー・中野雄太、ボイストレーナーの近藤章裕、そして17年にわたり浜崎のディレクターを務めているエイベックス・エンタテインメントの米田英智といったそうそうたる顔ぶれだ。

配信では、今回のオーディションへの想いや審査のポイントなどが、浜崎本人と審査員たちから語られ、「歌のうまさだけではなく、歌が好きだという想いや、人間力を見たい」というコメントや、求める人材のポイントとして「成長を止めない、練習をし続ける素直な人」「顔や名前を出して世に出るということの覚悟をきちんと持つ人」などが挙げられていた。

「今回、なぜこのオーディションの話を受けたのか」という質問に対して、浜崎は「コロナで多くのアーティストさんやシンガーさんが活動を制限されてしまっていることを本当に身をもって感じ、何かできることがあればと思い……」と涙ながらにコメント。

視聴者からは、

「私も受けてみようかな」
「あゆちゃん堂々たる司会でした!」
「途中で(ayuが)想いが溢れて泣きそうになってたところが印象的だった」
「あゆはもちろん、受ける人もぜひ頑張ってほしい!」

といった、浜崎とオーディションを激励する書き込みが相次いだ。

オーディションの優勝者は、中野雄太によるオリジナル楽曲の提供に加えて、普段、浜崎が使用しているスタジオでのレコーディング、ジャケット制作、配信リリース、一部プロモーション(Webメディアでのインタビュー等)など、浜崎の楽曲制作チームと17LIVEが手配するクリエイティブチームがフルサポート! いったいどんなアーティストが誕生するのか、今後も見逃せない!


リリース情報

2021.09.08 ON SALE
Blu-ray&DVD『ayumi hamasaki MUSIC for LIFE ~return~』

2021.10.08 ON SALE
DIGITAL ALBUM『Cyber TRANCE presents ayu trance -COMPLETE EDITION-』


17LIVE特別配信アカウント
https://17.live/ja/profile/r/307169

中野雄太が手掛けた浜崎あゆみの作品のMVリスト
https://www.youtube.com/playlist?list=PL57sdSoJE6THEVqfc7LbGC7eDC_kRdoJx

オーディション参加者用公式LINEアカウント
https://lin.ee/TKFKjcG

浜崎あゆみ OFFICIAL SITE
https://avex.jp/ayu/