THE F1RST TIMES

NEWS

2021.10.25

基俊介(IMPACTors/ジャニーズJr.)出演、舞台『あの子より、私。』2022年上演決定

■「(自身が演じる)彗(けい)の内に秘めた感情の部分を、自分なりに表現したいと思っています」(IMPACTors・基俊介)

あらゆる世界の成功者が別荘を構えるという、人気エリアの“別荘地見学会”を舞台に、こじらせ女子たちが繰り広げる、理想の物件をめぐる内見バトルを描く、書き下ろしの新作舞台『あの子より、私。』が、2022年に東京・大阪にて上演されることが決定した。

本作の主演“兎谷夕美(とがいゆうみ)”を務めるのは、2021年8月公開の映画『祈り-幻に長崎を想う刻(とき)-』で主演を務め、数々のドラマ、CM、舞台などマルチな活躍を見せる黒谷友香。黒谷は、別荘地見学会に参加する家族のうち、誰もが憧れる理想的な家族の母親を演じる。

黒谷演じる夕美の息子“兎谷彗(とがいけい)”を務めるのは、舞台『いまを生きる』等に出演し、現在舞台『虎者 NINJAPAN 2021』に出演中のジャニーズJr.内ユニット、IMPACTorsのメンバー、基 俊介。

同じく別荘地見学会へ参加するシングルマザーを、ドラマや多くのバラエティでも活躍する遊井亮子が務める。さらに、松岡依都美、しゅはまはるみがパワフルで個性豊かな女性客を演じる。

黒谷、基と共に理想的な家族を演じるのは古屋隆太、小林万里子。クセのある不動産屋を異儀田夏葉、遊井演じるシングルマザーの娘役を村上穂乃佳が演じる。

個性豊かな役者陣にピアニストの高木里代子も加わり、「あの子より、幸せな女に見られたい」と願う大人たちの群像劇を描く。

作・演出は、脚本家・演出家の岸本鮎佳が担当。テレビ朝日『年下彼氏』(2020年/脚本)、舞台『この声をきみに~もう一つの物語~』(2020年/演出)等を手掛け、自身の主宰する演劇ユニット「艶∞ポリス」では、女性独特の目線から、思わずクスっと笑ってしまうようなわかりやすく精度の高い会話劇を描くことに定評がある。

舞台『あの子より、私。』は、東京公演を2022年1月15日~1月27日 よみうり大手町ホールにて、大阪公演を2月5日・6日 大阪・サンケイホールブリーゼにて上演。チケット一般発売は12月19日10時より開始。チケット先行発売情報など、公演に関する最新情報は、作品サイトにて随時公開される。

■基 俊介(IMPACTors/ジャニーズJr.) コメント
様々な方面で活躍されている方々と一緒に舞台に立てることが、とてもうれしいです。僕が演じさせてもらう「彗」という役は、自分とは真逆な部分もありますが、似ている部分もあるので親近感を覚えました。彗の内に秘めた感情の部分を自分なりに表現したいと思っています。今からどんな舞台になるのか、緊張とワクワクが同時に押し寄せてきておりますが、全力で楽しみながら精一杯演じたいと思います。

■岸本鮎佳(作・演出) コメント
ようやく舞台ができる喜びを噛み締めております。誰かと比べて、落ち込んだり、優越感に浸ったりすることは、誰にでもあることだと思います。比べちゃダメだと思っていても、つい比べてしまう。クセの強いキャラクターたちが、いろんな人と自分を比べるお話です。クスッと笑えて、ハッとさせられるような喜劇になればいいなと思っております。


イベント情報

舞台『あの子より、私。』
2022年
01/15(土)~01/27(日) 東京・よみうり大手町ホール
02/05(土)・02/06(日) 大阪・サンケイホールブリーゼ
出演:黒谷友香 基俊介(IMPACTors/ジャニーズJr.) 遊井亮子 松岡依都美 しゅはまはるみ
古屋隆太 異儀田夏葉 村上穂乃佳 小林万里子
ピアニスト:高木里代子
作・演出:岸本鮎佳

■あらすじ
「ここに住むことができるのは、成功者だけだ。」
有名な政治家がテレビでそんな言葉を残すほど、誰もが夢見る、自然溢れる美しい場所――。

ここには、あらゆる世界の成功者が別荘を構える。
そんな別荘地で、実施される “別荘地見学会”。
1日かけて人気エリアの別荘を見学するツアーに申し込んだ3組の参加者たち。
理想の物件を手に入れようと画策する中、少しずつお互いの事情や内面が見えてくる。
他人と比べて、自分の価値を知る……。
私たちは普段の生活で当たり前に自分と何かを「比べる」。
「あの子より、幸せな女に見られたい」と願う大人たちの群像劇。


舞台『あの子より、私。』作品サイト
http://anokoyoriwatashi.com/