THE F1RST TIMES

NEWS

2021.10.27

ビートボックスの革命児SHOW-GO、川崎鷹也の弾き語りでコラボ! 武井壮、「モテんなぁ、これは!」と大興奮

■武井壮&川崎鷹也が、移りゆく時代や環境の中で闘う、若き戦士に熱いエール。『○○の戦士』最終回は、天才アーティスト・なみちえの根源に迫る!

希望や勇気を与えてくれる、スポーツや音楽の灯を止めないようにと立ち上げた「#スポーツを止めるな #音楽を止めるな」の発起人・武井壮と、注目のミュージシャン 川崎鷹也がMCを務めるトーク番組『○○の戦士』の第九夜が10月27日25時より、最終回となる第十夜が10月27日25時30分よりMUSIC ON! TV(エムオン!)で放送される。

コロナ禍の苦しい時代にも新しいカタチを提示して、世の中をリードする様々な業界の戦士をゲストに、時代を生き抜くヒントを得ていくこの番組。第九夜「ビートボックス×和 日本の伝統とゆるさが武器の戦士」は、ヒューマンビートボクサーのSHOW-GOを迎えてのゲストトーク。中学生でビートボックスに目覚め、高校時代にアジア大会で3位入賞。以降、YouTubeを中心としたSNSで作品を発表し続け、“日本のヒューマンビートボックス界の革命児”と称されるSHOW-GO。中学時代にHIKAKINの動画が大流行していて、「これが真似出来たらモテるかも」という理由で始めたビートボックスを、現在は「ひとつの表現としてやっている。即興性よりもひとつの作品にこだわりたい」と語り、スタジオで生パフォーマンスを披露。武井と川崎は、「うわ、カッコいい! モテんなぁ、これは!!」と大興奮! 夢や目標について聞かれ、「のんびりした田舎暮らしに憧れてて、山奥に家を建てて、素敵な奥さんと気ままに暮らしたい」と答えるゆるさも魅力のSHOW-GOは、現在京都に在住。ゆったりとした自分の時間を大事にしながら、自身の表現の幅を広げるためにも京都の大学で和の伝統や芸術を学んでいるという、日々の生活についても語る。番組後半は「一人の戦士」を弾き語りで歌う川崎と、ビートボックスでのコラボレーションも披露する。

そして、最終回となる第十夜「人生×アート 才能と名声に戸惑う戦士」は、アーティストのなみちえを迎えてのゲストトーク。東京藝術大学の先端芸術表現科を主席で卒業し、『Forbes JAPAN』の「世界を変える30歳未満」30人の一人にも選ばれた、なみちえ。2体のきぐるみと共にスタジオに登場して、ラッパーとしても活動する自身のMV「おまえをにがす」を紹介すると、「私は二極化するものが好き。ラッパーもやって、きぐるみも作る二極化もそうだし、この曲に込められた想いも二極化してる」と活動や楽曲について説明。きぐるみを作り始めたキッカケについて、「自分ではない何かに変わりたい変身願望があった」と答えた彼女。「卒業制作はきぐるみにきぐるみを着せて、マトリョーシカ状になっていく作品を作ったんですが、根源に迫ろうとした時、外を覆うものを作ることで、逆に内側も分かるんじゃないか? という探究心が、きぐるみ制作の原動力になったんだと思います」と自身を冷静に分析しながら、「ただ、芸術家として立派になることが果たして幸せなのか? いま模索して、混沌としてる状態です」と不安な気持ちも明かす彼女に、武井と川崎は興味津々。会話の節々からアーティストとして、人間としての魅力が溢れる、なみちえと予想も付かないトークを展開する。

番組最後は移りゆく時代や環境の中で闘う、若き戦士たちに熱いエールとメッセージを送った武井と川崎。「いっぱい勉強になったな、楽しかった」と微笑む川崎に、「これ最終回だけど、終わんないですよ!?」と武井が吠える。番組終了後も「#スポーツを止めるな #音楽を止めるな」を合い言葉に闘い続ける、“今までのやり方に縛られず輝く人=○○の戦士”たちの活躍に注目し、期待したい。


番組情報

MUSIC ON! TV(エムオン!)『○○の戦士』

#9:10/27(水)25:00〜25:30
#10:10/27(水)25:30〜26:00

MC:武井壮、川崎鷹也


MUSIC ON! TV(エムオン!)OFFICIAL WEBSITE
http://www.m-on.jp

『○○の戦士』番組ページ
https://www.m-on.jp/program/detail/warrior-2106/