THE F1RST TIMES

NEWS

2021.10.29

ついにバイオレンスを解放する立石(ディーン・フジオカ)。映画『Pure Japanese』より衝撃の場面写真公開

■ディーン・フジオカ、企画・プロデュース・主演! 狂気のバイオレンスアクションムービー『Pure Japanese』は2022年1月28日公開!

映像・音楽・ファッションなど様々なカルチャーシーンで活躍するディーン・フジオカ(『空飛ぶタイヤ』『海を駆ける』)が企画・プロデュースを手がけ、さらに主演も担う映画『Pure Japanese』(読み:ピュアジャパニーズ)のあらたな場面写真9点が一挙公開された。

本作は、『朝が来る』で渾身の演技を披露し、映画界が注目する若手女優・蒔田彩珠(まきたあじゅ)をヒロインに、国内外で数々の映画賞を受賞した『トイレのピエタ』『ハナレイ・ベイ』の松永大司(まつながだいし)監督とのタッグが実現。松永監督といえば、『ピュ~ぴる』が海外映画祭で大反響を呼び、続く『トイレのピエタ』(2015年)で各国の国際映画祭で高い評価を受けてきた。そんな松永大司が監督、脚本は『合葬』の小林達夫による完全オリジナル作品となる。

過去のトラウマを抱えながらアクション俳優として生きる主人公が、両親のいない孤独な女子高生を救う、王道クライムサスペンス×ボーイミーツガールとして描きつつ、ひと皮めくると別の一面が見えてくる――。

どちらの主人公が本当なのか? 主人公が持つ二面性を描く、狂気のバイオレンスアクションムービーだ。

アクション俳優として働く立石(ディーン・フジオカ)は、社交性がなく、一方で日本の文化に傾倒している変わった男で、周囲からは距離をおかれていた。そんな立石が、祖父と暮らしている土地が中国人ブローカーと地元のヤクザに狙われ、執拗な嫌がらせを受けていた女子高生のアユミ(蒔田彩珠)を、偶然に助けることになる。立石になつくアユミを守るための相手への攻撃を肯定されたことで、過去の撮影現場での事故によるトラウマで、バイオレンスに対するリミットをかけていた立石の目に、次第に狂気が宿っていく。人間の狂気的な二面性を描く物語だ。

今回公開されたのは、異様な雰囲気を漂わせる新場面写真9点。観光客にショーを見せる忍者キャストとして働く主人公・立石(ディーン・フジオカ)と、過去のトラウマから隠していたバイオレンスな部分が解放されていく中で見せるもうひとつの立石の様子や、血だらけのセーラー服に身を包み、なぜか笑いながらショットガンを持つ少女・アユミ(蒔田彩珠)の姿、さらにはアユミを危険に晒そうとヤクザとともに計画している県議・黒崎(別所哲也)やそのヤクザ長山組に所属する陣内(坂口征夫)。そんなアユミを救おうとヤクザの元へ乗り込む立石と陣内が刀を交差している姿など、ただならぬ狂気を感じさせる写真となっている。


映画情報

『Pure Japanese』
2022年1月28日(金)ロードショー
出演:ディーン・フジオカ 蒔田彩珠/渡辺哲 金子大地 坂口征夫(DDTプロレスリングプロレスラー・元総合格闘家) 村上淳 嶋田久作 別所哲也
監督:松永大司(『ハナレイ・ベイ』『トイレのピエタ』『ピュ~ぴる』)
脚本:小林達夫(『合葬』)
企画・プロデュース:ディーン・フジオカ
配給:アミューズ
配給協力:クロックワークス
(C)2021「PURE JAPANESE」製作委員会


リリース情報

2021.07.15 ON SALE
DEAN FUJIOKA
DIGITAL SINGLE「Runaway」


映画『PureJapanese』公式 Twitter(@pure_jp_movie
https://twitter.com/pure_jp_movie

映画『PureJapanese』作品サイト
https://purejapanese-movie.jp/

DEAN FUJIOKA OFFICIAL SITE
http://www.deanfujioka.net