THE F1RST TIMES

NEWS

2021.11.03

相葉雅紀、松本潤、二宮和也、櫻井翔が、“嵐のデビュー日”に劇場に登壇! 大野智からメッセージも

■「ちょうど1週間前に大野さん含めて5人で飲んでね」(櫻井翔)「生きてたんですよ、あの人」(二宮和也)

嵐”初”のライブフィルム『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』が、11月3日よりドルビーシネマ限定で先行公開がスタート、11月26日から全国公開となる。

嵐の「結成日」である9月15日には本作のジャパンプレミアが行われたが、本作の先行公開日となる11月3日は嵐にとってもうひとつの記念日である「デビュー日」。そんな記念すべき日に、相葉雅紀、松本潤、二宮和也、櫻井翔が上映を観終えた観客の前に完全「サプライズ」で登壇し、舞台挨拶を実施した。

観客の前に嵐として登壇したのは、2019年12月31日から2020年1月1日にかけて行われた『ジャニーズカウントダウン 2019-2020』出演以来。大野智からはメッセージも寄せられ、嵐にとってもファンにとっても特別なイベントとなった。

【イベントレポート】
先行公開初日の11月3日、丸の内ピカデリーにて上映終了後にサプライズ登壇で観客の前に現れた相葉雅紀、松本潤、二宮和也、櫻井翔。大きな拍手に包まれる中、櫻井、相葉が「喜んでいただけるか裏で不安でしたけど、相葉くんよかったね!」「よかったね。みんな帰っちゃってるんじゃないかと思って。ありがとうございます!」と喜びを語った。続けて櫻井が「本日11月3日、我々デビューの記念日22回目ですか、ということで登壇しております。どうぞよろしくお願いします」と突然の舞台挨拶がスタート。1人ずつ挨拶の言葉を述べた。

相葉は「本当に皆さん、お忙しい中、朝早くから集まってくれてうれしく思います。今日はですね、幸せな楽しい時間を過ごしたいなと思ってます」、松本は「お久しぶりです。最近まで公の場に出ることがなくて、何だったらここにお三方と立っているのも緊張するような感じですけど。短い時間ですがよろしくお願いいたします」と挨拶。二宮は「今皆さんに(映画を)観てもらいまして、これからいろいろ話していくわけですけど、ひとつだけ。(二宮の)名前だけでも覚えて帰ってください! よろしくお願いします」とおちょけると、「貪欲だね(笑)」と櫻井。その櫻井は「(先行公開の)初日に、そして我々の誕生日に足を運んでくださってありがとうございます。4人で登場するのは『This is ARASHI』以来ですかね。なので我々としてもソワソワしていますけど、短い時間ですがよろしくお願いいたします」と、合間に長年共にしてきた嵐らしい掛け合いなども挟みつつコメントした。

サプライズ登壇となったが、観客を目の前にした今の心境を語り合う4人。松本は「急にさっき(会場に入場する際に流れた)『感謝(カンシャ)カンゲキ雨(アメ)嵐(アラシ)』の音がかかったら、あ、始まる、みたいなね」と、冒頭の櫻井と相葉も話したように、それぞれ緊張した気持ちを伝えた。

嵐として登場するのは久しぶりという4人は、まずファンに向けて近況を報告。櫻井が「ちょうど1週間前に大野さん含めて5人で飲んでね」と2020年末以来10ヵ月ぶりに5人が揃ったことを報告。二宮は「生きてたんですよ、あの人」などと笑いを誘い、その会の間、ずっと喋っていたという相葉は「俺うれしかったんだよ、皆に会えて」と話に花を咲かせた。

また、10月25日に行われた日本外国特派員協会記者会見に松本が、堤監督と登壇したことについての話題になると、「俺びっくりしたよ。松潤が堤監督と登壇したらさ、“松本潤、今年初の公の場…“って、ツチノコみたいになってるじゃんと思ってさ」と意外なニュースに驚きを隠せなかった様子。相葉からも「何してるの? 暇してるの?」といじられ、松本も「暇じゃない、私、忙しいんです!」とふざけ合ったり、髭を伸ばしたまま登壇した二宮についての話題では、二宮が「剃れない事情があるのよ。(マイクで口元を隠す素振りをしつつ)だからなるべくこうしてんのよ」と、久しぶりの再会に喜びが溢れる、和気あいあいとした雰囲気で観客を喜ばせた。

トークは本作についての話題に。会場にはシューティングライブ当日に来ていたファンも足を運んでいたようで、「ファンの方も、今日は撮影日なんだ、と理解してもらった上で、一緒に盛り上げてくれたというか、超マシマシでやってくれたというか」と相葉が話すと、3人も共感し、ファンの方の意気込みがより感じられ、他のライブとは少し雰囲気が異なっていたという、当時を振り返った。

当時は撮影としか発表されてなかったシューティングライブだったが、映画の公開発表で映画のための撮影だったことが伝えられ、「編集などに時間がかかってしまいましたが、そのおかげで最高な状態になっているということですね」と松本が感慨深い面持ちでコメント。ドルビーシネマの環境で作品を観たい相葉からその魅力を教えてほしいとお願いされた松本は「日本で最高峰の画質と音響で観れるのがドルビーってことです。でもドルビーで観れない人もいるから、26日からは全国公開するのでたくさんの人に観てもらいたいです」とアピール。

ステージ上にもカメラマンが上がるなど、通常のライブでは成し得ない、特別な撮影も行われた本作、「ムービングステージにもカメラマンさん乗ってるじゃん。昔から知ってるカメラマンさんが集まってくれて、(ステージから落ちないか)ちょっと心配になったもんね(笑)」と櫻井。松本も「僕らが映画だったりドラマだったりでお世話になったカメラマンさんたちに声をかけてくださって、それぞれがステージの前にいるわけですよ。それはグッときましたよね」と話した。

「COOL&SOUL」や「Believe」ではステージ上に並ぶ5人の間を交差していく、ドローンなどを使用したカメラワークも、ライブではなかなかない体験だったという。

また櫻井がピアノを演奏するシーンについて、「会場に来ていただいた方にピアノの足元だけを見てもらうってことはないと思うんだけど、ああやって演奏しているんだっていうのは映像じゃないと伝わらないじゃない。だからみんなの“寄り”とかもそうだけど、映像じゃないと、っていうのはあるよね!」と力説。すると相葉が「記録に残るっていいね。映画としてさ、ずっと残るって素敵だな」と改めて語ると、場内も呼応するように、大きな拍手が湧き上がった。松本も「だって最高峰のドルビーシネマなんだから、何年もたって技術が進歩したとき、より綺麗な状態に直しやすいってことじゃないですか。なので長い間見ていただける作品になったらうれしいですね」と続けた。

そして11月3日時点で、6つの地域での海外公開が決定していることについて司会から話が振られ、松本が「まだ調整中のところもいっぱいあるみたいですよ」と話すと、その情報について詳しく聞いてなかった二宮は「いつも思うんだけど、なんでメンバー間で情報の差があるの!」とまたもや笑いを誘った。

イベント終盤に差し掛かると、松本から「今日4人で登壇させていただきましたけど、この間5人で会ったときにいろいろと話しました。今日大野さんを観に来た方いますか? 朗報です。大野さんからメッセージを預かってます」と発表、櫻井がメッセージを代読した。

「今回映画が公開されるということで、コメントを出させていただくにあたって何を言えばいいのか、、、正直約2年前の僕らなのでどうすればと考えましたが、今思い返してもあのときの5人はとにかくファンのみんなのことだけを考えてライブをしていたなぁーという思いです。嵐の歴史には欠かせない堤監督をはじめ、この映画に関わってくださったすべてのスタッフの皆さん、そして何よりすべてのファンの皆さんの思いがこもった映画になっているので、ぜひ観ていただけたらうれしい限りです! 全国での一般公開日が僕の誕生日で、、41歳になります。当時39歳の僕も含め、本気の僕らを楽しんでご覧いただければと思います!」と読み上げた。

そして登壇した4人からも最後にひと言ずつコメント。

まず相葉は「リーダーのあとにあれですけど、嵐の20年ここにありという映画になっておりますので、たくさんの人に見てもらえたらと思ってます」と挨拶。松本は「11月3日というのは僕らにとって意味のある日だと、思っています。その日に会場に来てくださった皆さん、そして全国のドルビーシネマの会場に来てくださった皆さんはじめ、嵐のファンの皆さんが、メッセージもSNSも含めて僕らに想いを届けてくれているのがちゃんと伝わっています。この映画がたくさんの人に、そして嵐ファンの人たちに長く愛される作品になったらと思います。これからも一緒に思い出を作れたらと思うので、楽しんでもらえたらと思います」と語った。

二宮は「今日は11月3日でデビュー日ですけど、そんな日に映画が公開されること、ずっと思ってますけど幸せ者だなと。そしてこの機会を与えてくださって、また会場を含めてすべて、松竹の皆様にお世話になって。できれば個人の映画もお待ちしておりまーす」と最後まで二宮らしく冗談を交えてコメント。最後に櫻井は「会場を見ると、受付のところのメッセージボードに、いろいろメッセージを書いていただいて、とても心が温かくなりました。個人的にはコロナ禍で何が失われたかというと、チケットとれました、会場向かいます、ワクワクします、コンサートがありました、終わりました、余韻があります、みんなで話します、という前後の時間が失われっちゃったなと僕は思っていて。そんなことがこの映画だと、チケットとった日から劇場来るまでに体感できるかなって思ってます。チケットをとって会場でコンサートを観るワクワク感を、もう一回味わってもらえらたらと思います」と締めくくり、舞台挨拶は大盛況の中、幕を閉じた。

■大野智からのメッセージ 全文
どうも~お久しぶりです!
1日中何もしないでソファーで過ごす日とかあります。すいません。
カレーは最近ではバターチキンカレー作ったりしてます。
寝る時間は早い日で夜10時に寝て朝4時に起きたりします。
でも元気に生きてますのでご安心を。
改めまして、大野智です。
今回映画が公開されるということで、コメントを出させていただくにあたって何を言えばいいのか、、、正直約2年前の僕らなのでどうすればと考えましたが、今思い返してもあのときの5人はとにかくファンのみんなのことだけを考えてライブをしていたなぁーという思いです。
嵐の歴史には欠かせない堤監督をはじめ、この映画に関わってくださったすべてのスタッフの皆さん、そして何よりすべてのファンの皆さんの思いがこもった映画になっているので、ぜひ観ていただけたらうれしい限りです!
あのときのライブを今やれと言われたら、オープニングから30分ぐらいでヘトヘトになり、ステージから消えて家に帰りソファーで寝ることになるでしょう(笑)。
全国での一般公開日が僕の誕生日で、、41歳になります。
当時39歳の僕も含め本気の僕らを楽しんでご覧いただければと思います!


映画情報

『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』
11月3日(水・祝)ドルビーシネマ限定 先行公開/11月26日(金)全国公開
出演:嵐
監督:堤幸彦
撮影日:2019年12月23日 東京ドーム
配給:松竹
海外セールス:ギャガ
(C)2021 J Storm Inc.


『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』作品サイト
https://recordofmemories.jp