THE F1RST TIMES

NEWS

2021.11.05

薬師丸ひろ子、呉田軽穂書き下ろしの新曲がオールタイムベストアルバムに収録決定

■「このメロディにこの言葉しかないと驚きましたし、なおかつ短い部分でも情景が浮かんでくるような、本当に素晴らしい楽曲です」(薬師丸ひろ子)

薬師丸ひろ子が、歌手活動40周年記念オールタイムベストアルバム『Indian Summer』を11月21日発売にリリース。

このたび本作のスペシャルアニバーサリートラックとして、呉田軽穂による書き下ろし新曲「Come Back To Me ~永遠の横顔」が収録されることが発表された。

1981年11月21日に「セーラー服と機関銃」で鮮烈なデビューを飾り、今年で歌手活動40周年を迎える薬師丸ひろ子。『Indian Summer』には、全シングル曲と近年の代表曲をレコードメーカーの枠を超えて網羅したオールタイムベストアルバムで、本人監修によるベストセレクション盤を含む3枚組となる。

そのDisc 2にスペシャルアニバーサリートラックとして収録されるのが、呉田軽穂が「Woman “Wの悲劇”より」以来、37年ぶりに楽曲提供した「Come Back To Me ~永遠の横顔」。作曲だけでなく作詞も呉田軽穂が手掛け、編曲は冨田恵一が担当した。

また、本日オープンした薬師丸ひろ子のYouTubeチャンネルでは、『Indian Summer』のトレーラーが公開。新曲「Come Back To Me ~永遠の横顔」の一部も聴くことができる。

■薬師丸ひろ子 コメント
軽快でスキップしたくなるような素敵なサウンドと、いろんな年代の人がそれぞれの形で捉えられる普遍的な歌詞だと思います。
今の私が感じるのは、1曲のなかに少女から大人へ人生のぎゅっと凝縮されたようないろんな場面が浮かんでくるというところです。聴き入ってしまうと涙が出てきてしまいます。切なさなのかほろ苦い感じなのかいろんな形はありますが、想い続けられる誰かが心のなかにいることで、少し胸を温めてくれるように、自分の人生に灯りを照らし続けてくれる。それが人生のひとつの彩りなのかなと気づかせてくれ、実に深い歌だなと感じます。
このメロディにこの言葉しかないと驚きましたし、なおかつ短い部分でも情景が浮かんでくるような、本当に素晴らしい楽曲です。


リリース情報

2021.11.21 ON SALE
ALBUM『Indian Summer』


アルバム詳細はこちら
https://www.jvcmusic.co.jp/yakushimaru/indiansummer/

薬師丸ひろ子 OFFICIAL YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCO0Xab0r4X6JFNoSlw_YPuw

薬師丸ひろ子 レーベルサイト
https://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A008188.html


ビクターオンラインストア完全生産限定盤付属のトートバッグイメージ表

ビクターオンラインストア完全生産限定盤付属のトートバッグイメージ裏

[初回限定盤/4SHM-CD+BOOK]

[通常盤/3CD]