THE F1RST TIMES

NEWS

2021.11.09

音楽による束の間の世界旅行! 超特急、アルバム『Dance Dance Dance』全曲紹介映像公開

■ニューアルバム『Dance Dance Dance』は世界各地の音楽や風俗を超特急流のダンスミュージックに昇華させた一枚!

超特急が、明日11月10日にリリースするアルバム『Dance Dance Dance』の全曲紹介ティザー映像を公開した。

今年で結成10周年のキャリアをフル活用して、世界各国の音楽やカルチャーを取り入れて制作された作品だけに、バラエティ豊かな楽曲ラインナップはダイジェストでも明らか。こんな時代だからこそ、音楽による束の間の世界旅行を味わわせてくれる映像は必見、必聴だ。

前作より3年ぶりとなるアルバム『Dance Dance Dance』は、“世界各国に超特急の名前と音楽を広げ、世代を超えて踊れる作品”をテーマに、世界各地の音楽や風俗を超特急流のダンスミュージックに昇華させた一枚。

7月にはド派手な衣装で話題を呼んだサンバ曲「CARNAVAL」をデジタルシングルとして発表し、9月からはK-POPをフィーチャーしたなリード曲「같이 가자(カチ カジャ)」、超特急史上初めてダンサー4人だけで歌唱を担当したロシアンハードベース「Добрый день(ドーブリジェン)」、ヨーデルとEDMが奇跡的マリアージュを果たした「Yodelic Fire」を先行配信してきた。海外要素とのミクスチャーで振り切った楽曲はどれも評判を呼び、「같이 가자」は1,400万回、「Добрый день」は1,100万回と、驚異的な再生数を記録している。

今回、解禁されたティザー映像では、アルバムに収録の全14曲(うち1曲は通常盤のみに収録)のサビを、それぞれ約20秒ずつ公開。映像にはすでに公開済みの「CARNAVAL」「같이 가자」「Добрый день」のMVが使用され、ポップス、EDM、R&B、バラード、ファンク、スカと多彩なジャンルのビートに、5人のダンスが巧みに組み合わされている。

さらにメロディやサウンド、ボーカルのタカシが歌う外国語詞から、韓国、スペイン、中国、ロシア、ブラジル、アメリカ、アフリカ大陸など、世界中の国々がイメージできるのもミソ。目を閉じて聴くだけでも、脳内の風景が次々に変わっていくのが楽しい。

超特急は、11月23日にさいたまスーパーアリーナ、12月26日には大阪城ホールで結成10周年を祝うワンマン『DANCE DANCE DANCE』を開催。クールからホット、コミカルからシリアスと、変幻自在な音楽とパフォーマンスを繰り出してきた超特急だからこそ実現できたアルバム、そして10周年の集大成となるステージは、彼らにとって大きなマイルストーンになるはずだ。


リリース情報

2021.09.15 ON SALE
DIGITAL SINGLE「같이 가자」

2021.10.20 ON SALE
DIGITAL SINGLE「Добрый день」

2021.11.10 ON SALE
ALBUM『Dance Dance Dance』


超特急 OFFICIAL SITE
https://bullettrain.jp