THE F1RST TIMES

NEWS

2021.11.17

中島美嘉、『THE FIRST TAKE』に再降臨! 屈指の名曲「僕が死のうと思ったのは」を初のメディア歌唱披露

■「歌いながらいろいろな感情が込み上げてきて、これじゃだめだと言い聞かせながら歌いました」(中島美嘉)

11月5日に公開された『THE FIRST TAKE』初登場となった「雪の華」が320万再生を突破、YouTube音楽急上昇ランキング最高2位を記録し注目が集まる中島美嘉が、『THE FIRST TAKE』に再び登場する。

今回は、2013年にリリースした「僕が死のうと思ったのは」を、『THE FIRST TAKE』だけのオリジナルアコースティックアレンジで披露。

国内のみならず中国、韓国など海外から圧倒的人気を誇るこの楽曲は、ロックバンド、amazarashiの秋田ひろむによって書き下ろされた屈指の名曲で、今回が初のメディア歌唱披露となる。

「言葉を大切に歌って行きたい」と話す中島は、“活動休止から復帰した当時の自分の思いと歌詞が重なった曲”として「初めてこの曲を聴いたとき、絶対に自分が歌うべきだと思いました。当初からライブ以外で歌ったことがなく、ずっと歌い続けて来てやっと皆に知ってもらうことができた曲なので、こういう形で歌うことができて、とてもうれしく思っています。歌いながらいろいろな感情が込み上げてきて、これじゃだめだと言い聞かせながら歌いました」とコメント。特別な思いを込めて歌う圧巻のパフォーマンスに注目だ。

12月22日には、自らの選曲による、フジテレビ『ノンフィクション』主題歌「サンサーラ」、欅坂46「不協和音」、忌野清志郎「JUMP」など多彩な楽曲をアコースティックアレンジしたカバーアルバム『MESSAGE ~Piano & Voice~』をリリース。レコーディングは全曲1発録りで行われ、表現力が高く憂いある中島美嘉の歌声と生演奏ならではの、臨場感溢れる仕上がりになっている。

「中島美嘉-僕が死のうと思ったのは / THE FIRST TAKE」は、本日11月17日22時よりプレミア公開。

なお、中島美嘉は来年2月11日の千葉・成田市文化芸術センター スカイタウンホールを皮切りに全5公演の『Mika Nakashima Premium Live Tour 2022』を開催。『MESSAGE ~Piano & Voice~』を引っ提げてのツアーは、近年中島美嘉が力を入れているアコースティック編成にて小規模開催される。


リリース情報

2021.10.27 ON SALE
SINGLE「SYMPHONIA / 知りたいこと、知りたくないこと」

2021.12.22 ON SALE
ALBUM『MESSAGE ~Piano & Voice~ Recording Documentary』


YouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』
https://www.youtube.com/channel/UC9zY_E8mcAo_Oq772LEZq8Q

『THE FIRST TAKE』 OFFICIAL SITE
https://www.thefirsttake.jp/

中島美嘉 OFFICIAL Twitter
https://twitter.com/nakashima_mika_?lang=ja

中島美嘉 OFFICIAL SITE
http://www.mikanakashima.com/


[初回盤/CD+DVD]

[通常盤/CD]