THE F1RST TIMES

NEWS

2021.11.18

Uru、音楽の道を志した場所で感動のライブ!「今ここで歌っていることが信じられないです」

■Uru、かつて“未来の自分”に宛てて書いた手紙をステージで朗読!「皆さん、時の共有者になっていただけますか?」

デビュー5周年を迎えたシンガーソングライターのUruが、ライブ『Uru Live 2021「To You」』を11月13日に東京国際フォーラムホールAで開催した。

東京国際フォーラムホールAは、Uruにとってデビュー以前から目標にしてきた会場で、「ずっと目指してきた場所でライブができる日がやってきました。本当にうれしいです。そして、ここまで連れてきてくださった皆さん、本当にありがとうございます。このステージに立ちたいと心に決めたあの日、そしてそのとき自分に誓ったこと、自分へ贈った言葉を、実際にステージに立ったときにどう感じながら歌うのか、まだ想像ができません。音楽を志す決意を固めた場所である東京国際フォーラムでライブができるというのは、私の夢がかなうということです。連れてきてくださった皆さんへ、そして昔の私へ、自分の中にあるすべての気持ちを注ぎながら、そのときにしか歌えない歌を歌いたいと思います」と開催発表とともにUru本人もコメントしていた。

その夢の舞台を見届けようと多くのオーディエンスが会場に詰め掛け、開演前から期待と緊張感が混ざった独特の空気が流れていた。会場が暗転しSEが流れると、ステージに施された荘厳な紗幕にまるで深く静かな海の底にいるかのような美しい映像が映し出されサポートメンバーが登場。少し間を置き登場したUruは、深々とお辞儀をし、大きな拍手のあと、Uruとして初めて作詞・作曲した楽曲「今 逢いに行く」からライブはスタート。包み込むようなボーカルでゆっくりと聞かせたあと、彼女の代表曲のひとつとなった「プロローグ」で切ない空気感に彩ると、Awesome City Clubのカバーソング「勿忘」と、「いい女」を続けて披露し冒頭から会場を惹き込んでいく。

この日最初のMCでは、「この東京国際フォーラムは、音楽を本気でやろうと決めたときから目標としてきた場所で、今日、今ここで立って歌っていることが信じられないです。ここまで連れてきてくださったいつも応援してくださっている皆さん、スタッフの皆さん、サポートメンバーの皆さん、本当にありがとうございます」と感謝の気持ちを述べ、数年前にスキマスイッチのライブを国際フォーラムで鑑賞したことで感銘を受け、諦めていた音楽の道へ志を固めた場所であることを語り、「あの日私がもらったように、今度は私がこのステージから今日来てくださった皆さんへ”あなたへ”という想いを込めて『To You』というライブタイトルを付けました。もうひとつ意味があるんですが、それはまたあとでお話します」と目標となった経緯とライブのタイトルの理由を説明した。

「Break」「I don’t suit you(Produced by AmPm)」と心地よい打ち込みのトラックにあわせて伸びのある歌声を美しいライティングとともに聴かせたあと、「フリージア」では壮大なストリングスとともに清らかな決意を響かせた。これまでのライブでは後半に披露されることの多かった「フリージア」が中盤で配置されていることに、デビューから5年で数々の楽曲を世に送り出してきたアーティスト・Uruとしての歴史を垣間見る。

続いて、楽曲から生み出された物語の朗読が静かに始まり、言葉を大切にする彼女の人柄とワードセンスに耳を傾けているとそのまま「無機質」へと連なっていく。音源以上の表現を体験するステージならではの演出に、会場はいっそう身を委ねていく。

季節の秋にちなんだスポーツにまつわる学生時代のユニークなエピソードで会場を笑いとともに温めると「明るい曲に行きたいと思います。皆さん自由に体で感じながら聴いてみてください」との言葉から、自然とハンドクラップが起こった「Don’t be afraid」、斉藤和義のカバーソング「ずっと好きだった」へと繋げると、「まだリリースされるかどうかも分からない曲ですが、今日フォーラムのステージで歌いたいなと思って持ってきた曲があります」と話し、失敗したり落ち込んだりする自身を鼓舞する歌詞が印象的な応援歌「ポジティ部入部」を披露。未発表曲ながら自然とリズムを取って聴き入る会場のムードそのままに「remember」で暖かくも切ない心情を届けると、大きな拍手が会場に響き渡った。

「去年から今年は大変な年でしたが、皆さん心は疲れていませんか? 生きていると本当にいろんなことがあるし、長いトンネルの中にいると出口があるのか信じられなくなったりするけど、生きていれば、その振り子は、次は必ず光の方角へ振ると信じたいし、皆さんにも信じることをやめないでいてほしいと思います」とゆっくりとした語り口ながらも強い気持ちで楽曲に込めた想いを話したあとに披露された「振り子」は、深淵な想いが歌に乗り、会場の隅まで響き渡る。小田和正のカバーソング「たしかなこと」でギターとピアノの最小限のアレンジと、語り掛けるように切々と歌うボーカルが涙を誘い、ラストの「あなたがいることで」へと続いていく楽曲構成、パフォーマンス、ステージの演出が相乗された感動的な流れで本編が終了。

割れんばかりのアンコールの拍手に応えるように再登場したUruは、そのまま最新シングル「Love Song」を出会いの喜びを噛みしめるように歌い、心温まる会場のムードを作っていく。

再び感謝の言葉を伝えたあと、最初のMCから続くライブタイトルのもうひとつの意味について、音楽の道を志した国際フォーラムのライブから帰り、そのステージに立つことのできた未来の自分に宛てた手紙を書いたこと、そしてそれをデスクにずっと閉まっていたことを説明し、”昔の自分から、今このステージに立てている私へ”という意味の「To You」であることを明かした。そして、「この手紙を読む日が来たのかと思うと本当に感慨深いのですが、皆さん時の共有者になって頂けますか?」と語り、ステージでその手紙を読み上げた。

当時のライブの鮮明な記憶、その感動をもらったステージと同じ場所でライブを成し遂げるまでの道のりを案じる言葉や、ここに至るまでに応援してくれた人たちや支えてくれたスタッフへの感謝の気持ちを忘れずに、これからも音楽を楽しんでほしいというメッセージが綴られており、たまらず涙を流すUruの姿に長く大きく暖かい拍手が巻き起こった。「国際フォーラムのステージにに立つまでは歌わないと決めていた、大好きな大好きな曲があるんですが、今日ここで歌えることがすごくうれしいし、感無量です」と話し、スキマスイッチの「奏」をピアノ一本で披露。夢のステージのきっかけと結実する瞬間を見守りながら涙を拭う多くのファンの姿が、このステージが本当に特別な時間であることを実感させる。

ラストは照明のライティングも相まって、星空の中で歌っているかのような姿でデビュー曲「星の中の君」でステージを締めくくり、夢のステージの共有者となったオーディエンスはメモリアルな一夜をとめどない拍手で祝福した。

なお、この日のライブの模様は、2021年1月3日にWOWOWでオンエアされることが決定。貴重なUruのライブパフォーマンスをぜひチェックしよう。

PHOTO BY 西槇太一

■Uru Live 2021「To You」
2021.11.13@東京国際フォーラム ホールA
<SETLIST>
01 今逢いに行く
02 プロローグ
03 勿忘(Awesome City Club カバー)
04 いい女
05 Break
06 I don’t suit you (Produced by AmPm)
07 フリージア
~朗読~
08 無機質
09 Don’t be afraid
10 ずっと好きだった(斉藤和義 カバー)
11 ポジティ部入部
12 remember
13 振り子
14 たしかなこと(小田和正 カバー)
15 あなたがいることで
[ENCORE]
01. Love Song
02. 奏(スキマスイッチ カバー)
03. 星の中の君


リリース情報

2021.08.25 ON SALE
SINGLE「Love Song」


番組情報

WOWOW『Uru Live 2021「To You」』
2022年
01/03(月)
※放送時間は、確定次第番組サイト等で発表
https://www.wowow.co.jp/uru


「Love Song」CD購入リンク
https://smar.lnk.to/ijQx9K

「Love Song」配信リンク
https://smar.lnk.to/q2ikuBAY

Uru OFFICIAL SITE
https://uru-official.com/