THE F1RST TIMES

NEWS

2021.12.01

新曲「ハート」も初披露! あいみょん、デビュー記念日に日本武道館で弾き語りワンマンライブを開催

■「シンガーソングライター・あいみょんをこの場でみんなに見ていただけて、すごくうれしくて、楽しくて、幸せでした」(あいみょん)

11月30日、あいみょんが現在行われている弾き語りツアーの追加公演として、『AIMYON弾き語りTOUR 2021~傷と悪魔と恋をした▽ in 武道館~』(▽はハートマーク)を開催した。あいみょんが日本武道館で弾き語りのワンマンライブを行うのは2019年2月以来、2度目。この日はちょうどメジャーデビュー5周年の日にあたり、メモリアルな1日を大勢のファンが祝福した。

ツアーグッズの黄色いフリースを着たオーディエンスが目立つ場内が暗転し、あいみょんがステージに登場すると、1曲目に披露されたのは今回のツアーのために書き下ろされた新曲「傷と悪魔と恋をした!」。ピンスポットのみで、ぼんやりと浮かぶあいみょんの姿を会場全体が見守ると、今年CMソングとしても話題を呼んだ「青春と青春と青春」からはステージが明るくなり、場内から自然とクラップが起こる。「ポプリの葉」では繊細なスリーフィンガーとメランコリックなメロディでグッと引き込み、弾き語りとひと言で言っても、歌の表情は実に多彩だ。

MCでは場内が明るくなり、声が出せない代わりにスケッチブックなどにメッセージを書いたオーディエンスとコミュニケーションを取りながらのアットホームな雰囲気のなか、「次の曲は2年前の武道館でいちばん最初に歌った曲」という紹介から、「マリーゴールド」を披露。サビでは手を振るオーディエンスも見え、思い思いに楽しんでいることが伝わってくる。

ピンク色のムーディーな照明で歌った「スーパーガール」と、それに続く「朝陽」は原曲のファンキーなアレンジとの違いが面白い。「朝陽」は言葉数の多い曲だが、アコギ一本でも軽快なフロウでグルーヴを生み出すあいみょんのシンガーとしての力量が改めて伝わってくる。

「ここから数曲はゆったり聴けるセットリストになってるので、彼氏の肩にちょこんとしてもいいし、ゆっくり聴いてもらえればと思います」と話して、まずはじめに披露されたのは「裸の心」。普段はピアノとともに歌われる曲だが、原曲よりもゆったりとしたタイム感で、情感たっぷりに届けられたこの曲はやはり絶品だ。

切々と歌われる「恋をしたから」に続いては、リリースされたばかりのニューシングル「ハート」を歌唱。「裸の心」「恋をしたから」と同様に、恋をしたときの胸の高鳴りとせつなさを表現する、実にあいみょんらしい一曲であり、フェイクを交えながら歌い切ると、場内は大きな拍手に包まれた。

続くMCでは広いステージの両端を行き来しながらオーディエンスとやりとりをして、この「距離の近さ」もやはりあいみょんのライブの魅力。そして、メジャーデビュー5周年に触れ、「音楽を続けるのはいくらでも、ひとりでも続けられるんですけど、こうやってみんなが目の前にいてくれて歌い続ける、ということを続けることが難しいと私は思っているから、みんなの前に立って歌ってこれた5年間はすごい幸せやなと思います。みんなのおかげで日々楽しいです」と感謝を伝えると、「これから歌う2曲は私が18歳くらいのときに作って、路上ライブで必死に歌ってた曲」と話し、インディーズ時代に発表した「夜行バス」と「19歳になりたくない」を披露。アップテンポの「夜行バス」では自然とクラップが起こり、大人になることの揺らぎを歌った「19歳になりたくない」ではシリアスな表情を見せる。

太陽の塔への憧れを歌うトーキングブルース調の「TOWER OF THE SUN」ではブルースハープを吹き、複数のピンスポットがタワーのような形を作り上げた演出も非常に印象的。一転、「生きていたんだよな」は場内が暗転したままで歌われ、死生観を綴った歌詞の内容と、切実な歌声が胸に刺さる。地元・関西での弾き語り時代の曲から、メジャーデビュー曲へと至るこのパートは、まさにあいみょんの上京物語だ。

「次の曲はメジャーデビューしてからの5年間でいちばんどうしていいかわからなくて、いちばんガムシャラだったときに作った曲。でもそんな曲を今年リリースできて、こうやって武道館で歌えるのがうれしいし、一つひとつ夢が叶ってるんやなって感じます。みんなのおかげです。ホンマにこの5年間ありがとうございました」と改めて感謝を伝え、大きな拍手が起こるなか、「引退するみたいやな(笑)。まだまだやりまっせ」と付け加えると、音楽への愛を綴った「愛を知るまでは」を堂々と歌い上げる。

さらに「みんなのリズム感と手拍子が必要」と伝えて披露された「今夜このまま」では、オーディエンスがBメロで一斉にクラップをして、会場中が一体に。“歩こう 進もう 今は 涙とは サラバ”とスリーフィンガーでしっとり歌う「サラバ」は、様々な悲しみを洗い流すかのような名演だった。

「シンガーソングライター・あいみょんをこの場でみんなに見ていただけて、すごくうれしくて、楽しくて、幸せでした。最後の曲はみんな立ってもらえませんか?」と告げる。そして、「最後の曲はいつかまたみんなと大声で歌いたいと思ってる曲です!」と生声で伝えて、この日最後に届けられたのは「君はロックを聴かない」。明るくなった会場中がクラップに包まれ、サビでは手が振られ、アウトロではあいみょんがステージ前方でアコギを思いっ切りかき鳴らし、記念すべき一夜を締め括った。

TEXT BY 金子厚武
PHOTO BY 鈴木友莉


リリース情報

2021.11.24 ON SALE
SINGLE「ハート」


AIMYON TOUR 2022 特設サイト
https://www.aimyong.net/feature/livetour2022

あいみょん OFFICIAL SITE
https://www.aimyong.net/