THE F1RST TIMES

NEWS

2021.12.11

福原遥、最近成長したのは“舌”!?「いずれはかっこよく(コーヒーを)ブラックで飲みたい」

■映画『フラ・フラダンス』舞台挨拶に福原遥、ディーン・フジオカが登壇!「生まれ故郷の一部が映像作品の舞台になっているというのが不思議でもあるし、誇りを感じますね」(ディーン)

アニメーション映画『フラ・フラダンス』の公開御礼舞台挨拶が本日12月11日に東京・新宿バルト9 にて行われ、キャストの福原遥、ディーン・フジオカ、そして水島精二総監督が登壇した。

本作は、福島県いわき市に実在するスパリゾートハワイアンズのダンシングチーム、通称“フラガール”の新入社員・夏凪日羽(なつなぎ・ひわ)と同期の仲間たち、彼女たちを取り巻く人々との絆を描くオリジナルアニメ映画。福原が日羽、ディーンは主人公・日羽が憧れる先輩社員・鈴懸涼太の声を担当した。

公開から1週間経過し、SNS上では

「とっても元気をもらえた!」
「感情移入して号泣…」
「気持ちがポカポカした」

とたくさんの温かい感想で溢れている本作についての想いや公開後だから話せるここだけのエピソードを登壇者たちが語った。

なお本日、映画『フラ・フラダンス』の「日羽を取り巻く人々編」特別映像が公開されこれまで明かされていなかった、超豪華ボイスキャストが一挙解禁。スパリゾート・ハワイアンズの人気マスコットキャラクターのCoCoネェさんの声を、声優の早見沙織が担当しており、福原遥演じる主人公・夏凪日羽のお姉さん・夏凪真理の声と一人二役で出演しいることも明らかとなった。

【舞台挨拶レポート】
上映後の観客のもとに登場した福原遥、ディーン・フジオカ、水島総監督。福原は「アロ~ハ~! 映画いかがでしたでしょうか? 上映後の舞台挨拶は初めてなので、楽しみにしています。皆さんの声も聞けたらと思いますし、SNSでたくさん素敵なコメントをいただいて温かい気持ちになっています」、ディーンは「アロ~ハ~! こうやって声優としてこの舞台に立たせていただけるということが自分にとって、新しいスタートを切らせていただいたんだなと思います。生まれ故郷である福島を舞台にしている作品ということで、ひとりでも多くの方に作品を届けることが人生において意味深いことだなと噛み締めて、この場に立っています」とそれぞれ挨拶。

そして、「アロ~ハ~! ディーンさんのあとにやるのが恥ずかしいのですが(笑)、足を運んでいただいて感謝しています!」と水島総監督が話し、イベントはスタートした。

映画への反響が届いているか尋ねられると、福原は「Instagramのコメントに“感動したよ”や“仲間や家族を大切にしようと思った”というコメントをいただいて、そのコメントに勇気づけられました。うれしいですね」と感慨深げ。

ディーンも「今、福原さんが仰ったことがすべてですね。作り手側と受け手側って“ふたつでひとつ”というところがあって、作品を観ていただいて、その反応があるからそれが新しいエネルギーやインスピレーションに繋がっていって。作品の感想を聞かせていただくことで、自分が勇気をもらえたり、エネルギーをもらえるんだなと感想を受け取るたびに思います」としみじみ。

水島総監督は「仕事仲間や、アニメと関係ない友達が観に行ってくれて、平和で心温まるものが作れるんだねって言われました(笑)。精一杯やったものがちゃんと届いているという実感が持ててうれしいです」と周囲の反響を明かした。

作品にちなんで、最近成長したことを尋ねられると、福原は「お口がお子ちゃまというか、わさびやコーヒーが飲めなかったのですが、最近はコーヒーにミルク入れたり、わさびもちょっとつけてお肉を食べたりと、舌が成長したなと思います。いずれはかっこよくブラックで飲みたいなと思います」と告白。

そんな福原にディーンは「僕はコーヒーはブラックでしか飲まないですね。エスプレッソとか。砂糖を取るためにエスプレッソ飲む、というところもありますよね。もちろん羊羹もあるんですけど(笑)」と、“羊羹”の話題に。福原も「エスプレッソ飲んでみたい! 羊羹付きで、ですね!」と乗っかった。

福島生まれのディーンに今回の作品を尋ねると、「自分が生まれる前からあったスパリゾートハワイアンズなので、“あった”ものなんですよね。きっと子どもの頃に行ったと思いますし、生まれ故郷の一部が映像作品の舞台になっているというのが不思議でもあるし、誇りを感じますね。この作品が与える影響はすごく大きいと思いますし、“一周したな”と思います」と、福島への思いを吐露した。

ここで、声優の早見沙織が夏凪真理以外に、CoCoネェさんも演じていたことが解禁され、「信頼できる役者さんだったので、日羽を楽しくするためにこんな感じでやってくれませんか? ということをお話しして、遊びも入れてくれたので、とても楽しい役作りをやってくださいました」と水島総監督は振り返った。

劇中で日羽がCoCoネェさんのぬいぐるみを拠り所にしていることから、「心の拠り所」となるモノ・人を尋ねると、福原は「私も日羽と一緒で、仲間や家族、周りのスタッフさんに支えられて、そこがあるから毎日が楽しくて頑張れています。他愛のない話をしているだけでエネルギーをもらえていますね」と回答。

ディーンは「羊羹、と言いたいところなのですが、このネタはさっき出てしまったので(笑)、パロサントってご存知ですか? 匂いの強い木でして、火をつけて煙で匂いを嗅ぐことも楽しめるし、木のままの匂いも嗅ぐことができて、とても元気がでます。机とかに必ずありますね。煮詰まったときとかに匂いを嗅ぐとスッとします。羊羹とコーヒーとパロサント! 三種の神器ですね(笑)」とコメント。

水島総監督が「家族と他愛のない話をすることだったり、何もしない時間を過ごすこと、リラックスをするために自分のためにする時間って昔に比べて取るようになったなと思います。いいかたちに自分をコントロールするために必要だなと思いました」と、話すと、ディーンが「そういうときにぜひパロサントを! 羊羹のお礼にお送りします(笑)」と反応し、会場を盛り上げた。

最後に水島総監督が「広い年齢層の方に楽しんでいただけるフィルムができたと思っております。2度3度と観ていただけたらうれしいです。この作品が長く楽しんでもらえるものになっているとうれしいなと思いました」、ディーンは「この作品は自分にとって新しいスタート、声優デビューをさせていただいて、かつ自分の生まれ故郷を舞台にした、特別な作品になっています。皆さんが柔らかい気持ちになる、まるで羊羹のような柔らかさを堪能してください!(笑)ありがとうございました!」と謝辞を述べた。

そして、福原が「早く水島総監督にいただいた羊羹を食べたくなってしまったのですが(笑)、温かいコメントをたくさんいただいて、前向きさや一歩踏み出すことの大切さ、明るい気持ちが届いているんだなと思ってうれしく思います。たくさんの愛が詰まった作品で、いわき市やハワイアンズの景色、フラダンスもモーションキャプチャーでつけていただいたり、細かなところもたくさん楽しめるようになっていますので、1度だけではなく、何度も見ていただいて、明るい気持ちになっていただけたらと思います」と呼びかけ、イベントは幕を閉じた。


映画情報

『フラ・フラダンス』
全国公開中!
総監督:水島精二
監督:綿田慎也
脚本:吉田玲子

【声の出演】
夏凪日羽:福原遥
鎌倉環奈:美山加恋
滝川蘭子:富田望生
オハナ・カアイフエ:前田佳織里
白沢しおん:陶山恵実里

平和人:山田裕貴
鈴懸涼太:ディーン・フジオカ

夏凪真理役 / CoCoネェさん:早見沙織
塩屋崎あやめ:相沢梨紗
カピリナなずな:上坂すみれ
日羽(子供時代):東山奈央
日羽の父:三木眞一郎
日羽の母:中村繪里子
菜子:奥野香耶
せり:本泉莉奈
コージ・レックス:木村昴


『フラ・フラダンス』作品サイト
https://hula-fulladance.com/