THE F1RST TIMES

NEWS

2021.12.14

「東京破壊計画」or「たったひとつの恋」――。キンプリ・永瀬廉、究極の二択に迷わず即答!「恋です!」

■映画『真夜中乙女戦争』完成披露試写会に永瀬廉、池田エライザ、柄本佑が登壇! 「全身全霊で作った作品」(永瀬廉)

映画『真夜中乙女戦争』の完成披露試写会が、12月13日、劇中で秘密裏に動きだす壮大な破壊計画“真夜中乙女戦争”で破壊の中心地となる東京・六本木にて実施され、主演の永瀬 廉(King & Prince)をはじめ、キャストの池田エライザ、柄本佑、そして二宮健監督が登壇した。

本作は10代、20代を中心に圧倒的支持を受け、Amazonでは総合カテゴリでベストセラー1位を獲得した作家Fの初の小説『真夜中乙女戦争』が原作。“平凡で退屈な日々を送る青年が自分自身と東京を破壊するまでの夜と恋と戦争”が描かれる。

【完成披露試写会レポート】
ついに作品を観客に届けられる日を迎え、永瀬は「この映画を観て皆さんがどう感じるのか、皆さんの反応が楽しみです! ゆっくりご覧ください!」、池田は「衝撃とかトラウマ以上の“希望”を与えることができる映画だと思います。ちょうど年末ですし、ポジティブに来年を迎えられるような気持ちになっていただけたらうれしいです」、柄本は「今観てくださっている皆さんに懸かっています! ぜひこの作品を一緒に盛り上げていただけたらうれしいです!」、二宮監督は「撮影延期もあったので、こうして今舞台に立っていることがうれしいです。とてもワクワクしています」とそれぞれ思い思いにコメントした。

3人とも個性的な役を演じた本作。役作りについて永瀬が「結構、監督に相談して話し合いました。監督と一緒に作っていった感覚があります」と明かすと、監督も「永瀬さんとは細かいところも共有しながら作っていきました。永瀬さんとは心中するような想いで挑みました」と振り返った。

また、永瀬は「実際演じるなかで“私”が引っ張られる部分を感じたので、“先輩”と“黒服”の存在も大きかったです」と池田と柄本に感謝を述べた。

これを受けて“先輩”を演じた池田は「“正義に生きる女性=先輩”を、男性から見た女性像だけでなく多角的に演じたかったので、台本を何度も改訂している段階で、厳しくいろんな意見を出させていただきました。思っていた以上にたくさん反映してくださっていて、作る段階から携われてありがたかったです」と想いを語った。

“黒服”を演じた柄本は「監督とはクランクインする前日まで電話で話していました。“黒服”は黒い服を着ているけど、スピリットが黒いだけで、黒い服が好きなわけではない(笑)。どう演じるか、結構話し合わせていただきました」とそれぞれ監督と密にやり取りしながら役を作っていたことを明かした。

監督自身は「皆とディスカッションしながら作れたので、事前にそういう時間を持てたのが現場の信頼関係に繋がったと思います。心強かったです」と役作りだけでなく、監督と役者の関係性も深まり作品のクオリティが高まったと感謝を述べた。

永瀬演じる主人公“私”が、池田演じる“先輩”や柄本演じる“黒服”に大きく影響され、退屈だった毎日が少しずつ変わっていくストーリーに絡めて、“先輩”や“黒服”のような影響を与えてくれた人を尋ねられると、永瀬は「僕の人生自体を変えてくれたのは、ジャニー喜多川氏です。僕を中学1年生で見つけてくださって、最後までお仕事に呼んでいただいて、仕事へのやりがいを見つけることができました。たくさん感謝もしていますし、尊敬の気持ちがあります」、池田は「人生で大きく変化することってあまりないと思うのですが、明確に感じるのは中学1年のときです。雑誌『ニコラ』のモデルになるときにたくさん面接して、今の事務所の方にお会いして、当時どう努力したらいいのかわからなかったのですが、ノウハウを教えてくださって成長を促してくださる方に出会えた。今もお互い変化し合う関係を築けています」とコメント。

そして柄本が「たくさんいらっしゃるのですが、いちばんは妻との出会い。お互いに大きい選択をして、いい影響を与え合えていると実感があります」と少し照れながらも答えると、永瀬が「お子さんの写真を見せてくださるときの柄本さんの笑顔がかわいいんです(笑)。お話を聞くなかでこうした一面を知れるのがうれしいです」と明かした。

そして監督は「大学時代に知り合った方々と、まさにこの作品で再会できたのでそういった意味で忘れられない作品になりました。自分のスタイルを分かち合うことができて、僕にとっての“黒服”が現場にたくさんいました」と感慨深く答えた。

また、クライマックスでは“私”が「東京破壊計画」と「たったひとつの恋」の二択しか選べないという状況に陥ることから、“選ばなければいけない”という立場の場合どのような選択をするか究極な問いを尋ねられると、永瀬は「恋です」と即答。

池田も「“東京破壊”は良くないですからね…恋じゃないですか?」、柄本も「破壊はちょっと…」と考える余地なく回答し、最後に監督も「恋ですね」と全員“恋”と迷わずに選択した。

最後に、監督は「この時代にこの作品を公開できることに意義を感じています。観終わったあとにいっぱい話したくなると思うので、ぜひいっぱいお話してください! ちょっとでも心が軽くなったり、勇気が宿ることを祈っています」とコメント。

永瀬は「皆さんそれぞれ違う悩みを抱えて生きていると思います。その悩みのどれかひとつだけでも軽くなったり、何か挑むときに背中を押すことができる映画だと思います。全身全霊で作った作品なので、映画を観て感じたことをぜひ共有してほしいですし、ぜひお力添えいただけるとうれしいです!」と熱い想いとともにイベントを締めくくった。


映画情報

『真夜中乙女戦争』
2022年1月21日(金)全国公開

出演:永瀬廉、池田エライザ、篠原悠伸、安藤彰則、山口まゆ、佐野晶哉、成河 / 渡辺真起子、柄本佑

原作:F『真夜中乙女戦争』(角川文庫刊)
脚本・監督・撮影:二宮 健
音楽・撮影:堤裕介
主題歌:ビリー・アイリッシュ「Happier Than Ever」(ユニバーサル インターナショナル)
製作:『真夜中乙女戦争』製作委員会
配給:KADOKAWA
(C)2022『真夜中乙女戦争』製作委員会


映画『真夜中乙女戦争』作品サイト
https://movies.kadokawa.co.jp/mayonakaotomesenso/