THE F1RST TIMES

NEWS

2021.12.18

スピラ・スピカ、単独ツアー『行こう!スピスピと一緒に夢の先へ』が閉幕! 2月発売の新曲も初披露

■「またみんなに会えることを願って、スピラ・スピカと君の約束の歌を届けます」

スピラ・スピカが全国3都市を回るワンマンライブツアー『One-Man Live 2021 winter「行こう!スピスピと一緒に夢の先へ!』のファイナル公演を12月17日に静岡・LiveHouse 浜松窓枠にて開催した。

スピラ・スピカのワンマンライブを待ち侘びた観客が息を潜めて待つなか、披露されたのは2ndシングル「小さな勇気」。今は小さな勇気でも、少しずつ積み重ねていけば大丈夫、というスピラ・スピカらしい優しく包み込むような歌詞と幹葉のスッと心に響く歌声に観客も真っすぐな視線を幹葉に送りながら聴き入る。

2曲目に披露されたのは、サビの中毒性と故郷・徳島の阿波踊りからインスパイアされたダンスが特徴的な4thシングル「イヤヨイヤヨモスキノウチ!」。会場の観客全員が両手を挙げてイヤスキ阿波踊りダンスをする光景は「これぞスピスピのライブ!」といわんばかりの盛り上がりを見せ、ハッピーが溢れるライブの始まりを実感させた。続けて披露された3rdシングル「恋はミラクル」のカップリング曲である「ハピパピ」でも、“魔法のおまじないダンス”で観客と一体になって盛り上がり会場の熱気は高まっていく。

「夢に向けて走るみんなに届けと思い書いた曲です」と披露されたのは、プロサッカークラブ、ジュビロ磐田の2021年シーズンソング「UNITE」。会場にはジュビロ磐田のサポーターも多く足を運んでおり、イントロが始まるとリズムに乗りながら拳を高く掲げ、サポーターからの愛情と熱も呼応していく。

続いて披露されたのは、Web漫画『今度は殺されたくないアザラシさん』のテーマソングになっており、スピラ・スピカ公式YouTubeチャンネルにてスペシャルコラボMVも公開されているデジタルシングル「君なんか好きにならない」。かわいらしい歌詞と曲調が特徴的な曲に、観客のボルテージもいっそう高まる。

今回のライブツアーは、サブスクリプション型音楽ストリーミングサービス「AWA」の「LOUNGE」にて10月に実施したイベントで行った人気楽曲投票企画の際に、ファンから募集したスピラ・スピカのお気に入り楽曲を参考にしてセットリストを組むという公言どおり、人気楽曲オンパレードのライブとなっていたが、投票数が多く収まりきらなかった結果を受け、初のライブでのメドレー形式で楽曲を披露。

「ポップ・ステップ・ジャンプ!」から始まり、インディーズ時代の曲で今もなおファンから愛されている「新しい私になれ」「in pairs」や左右交互に手を挙げて盛り上がるライブの定番曲「ちょっと待って」を含む全6曲をメドレーで披露し、言葉通どおりの“もりもりメドレー”に、観客もジャンプや手拍子をし、この日いちばんの一体感で、観客と作り上げた熱いパフォーマンスが完成した。

先程までの歌にダンスに熱気に満ちたステージとは一転、静寂のなか披露されたのは、幹葉とサポートメンバーであるキーボディスト・重永亮介のふたりで奏でる、7thシングル「サヨナラナミダ」。この曲は、今年10月と11月に東京・SHIBUYA PLEASURE PLEASUREの他、全4都市4公演で開催した、ボーカリスト・幹葉の初めてのソロツアーとなる『幹葉 アコースティックカバーライブ&トーク』で披露された曲。重永の力強く優しい演奏と、普段の元気で明るい雰囲気とは異なり、繊細で切なく、ときに悲しみを叫ぶような幹葉の力強い歌声で、客席もステージに釘付けに。

続けてシャンシャンと鈴の音に合わせて再びステージにメンバーが集まり披露したのは、7thシングル「サヨナラナミダ」のカップリング曲である「雪が降った日」。今の時期にぴったりなウインターソングを披露し、会場は温かい雰囲気に包まれた。続けて披露された6thシングルの表題曲「Twinkle」では、元気なスピラ・スピカではなく、クールでロックな一面を見せ観客を魅了した。

後半戦に差し掛かり始まったのは、“ピラミッドダンス”講座。8thシングル「ピラミッド大逆転」の曲中で披露される“ピラミッドダンス”をメンバー自ら観客に伝授し、その独特なレクチャーに会場は笑いに包まれた。

「タイトルで馬鹿にされがちな曲。今はピラミッドのいちばん下にいるかもしれないけどコツコツ頑張って頂点まで登りつめて、ピラミッドをひっくり返すぞ! という想いが込められている」と歌詞に込められた熱い想いも語り、いつもとひと味違う「ピラミッド大逆転」が披露された。続いては、ライブで必ず盛り上がる定番曲で、1st シングル「スタートダッシュ」のカップリング曲「じゃんけんキング」。サビではおなじみとなっている会場にいる全員とのじゃんけんも。ライブに参加し体験することでかわからない唯一無二の空間が広がった。

続けてジュビロ磐田の2020年シーズンソング「僕らの PRIDE」を披露すると、会場に訪れたジュビロ磐田のサポーターの目に涙が浮かび、ジュビロとスタートした短くも濃い歴史を感じさせるひと幕も。

「おしゃべりは大好きだけど、伝えたい思いは大好きな歌で伝えます」と語り披露したのは、スピラ・スピカ始まりの曲である1stシングル「スタートダッシュ」。「ここに足を運んでくれるみんな、一人ひとりのことをもっと大きなステージに連れていって、幸せにします」とこれからの活躍を約束し、本編は終了した。

アンコールでは、2022年1月放送開始のTVアニメ『その着せ替え人形は恋をする』のオープニングテーマに決定している2022年2月発売の新曲「燦々デイズ」を初披露。悩みや葛藤と向き合いながらも“自分の好きを大切にする”“ありのままの自分を大切にする”という想いを込め、『着せ恋』のストーリーにも寄り添ったスピラ・スピカらしい爽やかで、弾けるような青春ロックサウンドの楽曲となっており、これからのスピラ・スピカの定番曲となることを伺わせる盛り上がりを見せた。

「またみんなに会えることを願って、スピラ・スピカと君の約束の歌を届けます」と、アンコール最後の一曲は、2ndシングル「リライズ」を力強く歌いあげ、スピラ・スピカらしい聴く人を笑顔にし、明日への希望が湧いてくるスピラ・スピカのワンマンライブツアーは幕を閉じた。

PHOTO BY toya


リリース情報

2022.02.02 ON SALE
SINGLE「燦々デイズ」


TVアニメ『その着せ替え人形は恋をする』番組サイト
http://bisquedoll-anime.com

スピラ・スピカ OFFICIAL SITE
https://spiraspica.com