THE F1RST TIMES

NEWS

2021.12.20

矢野顕子、恒例の『さとがえるコンサート』ファイナル公演でMISIAとサプライズ共演

■矢野顕子の「MISIAが歌ってくれないかな」の“つぶやき”を発端にコラボが実現した「音楽はおくりもの」を、MISIAを迎えてライブ初パフォーマンス!

デビュー以来日本を代表するアーティストとしてジャンルやカテゴリーに括られない斬新なスタイルで活躍を続ける矢野顕子。7月25日に1976年のデビューアルバム『JAPANESE GIRL』の発表から45周年を迎え、8月25日にオリジナルアルバム『音楽はおくりもの』をリリースした2021年。そんな記念すべき年を締めくくるツアー『矢野顕子 さとがえるコンサート2021 〜音楽はおくりもの〜』が、12月7日、神奈川県の関内ホールからスタート。6ヵ所7公演が12月19日に東京国際フォーラム ホールCにて無事ファイナル公演を迎えた。

『さとがえるコンサート』は矢野顕子の年末恒例の公演。今回のツアーは、矢野顕子とともに小原礼(Ba)、佐橋佳幸(Gu)、林立夫(Dr)が出演。今年8月に発表されたオリジナルアルバム『音楽はおくりもの』を一緒に作り上げたメンバーだけに、見事なアンサンブルで「愛を告げる小鳥」や「わたしがうまれる」等のアルバム収録曲を多数披露したほか、「春咲小紅」「ひとつだけ」などの自身の代表曲、さらに「Summer Breeze〜サマー・ガール」のメドレーや「Paper Doll」等のカバー曲も披露した。

さらにアンコールには、なんとMISIAがスペシャルゲストとして出演! 8月25日にリリースされたアルバムの表題曲「音楽はおくりもの」にMISIAがコーラスとして参加し、スペシャルなコラボレーションが話題を呼んだが、今回ライブでの初共演が実現した。

矢野に呼び込まれてMISIAがステージに上がると、このビッグサプライズに客席からは割れんばかりの拍手が。ステージに上がったMISIAが「千秋楽お疲れ様です。呼んでいただいてありがとうございます」とツアーの完走を労ってから、話はアルバムでのコラボレーションの話に。今回の共演は、アルバム制作中だった矢野がTwitterで「MISIAが歌ってくれないかな」と文字どおり“つぶやいた”ことが発端だったが、「(そのつぶやきが)素晴らしい形で実となり、今日は生で聴いていただけることになりました」と矢野が感慨深く語り、「音楽はおくりもの」が披露された。

矢野自ら「4人で“The 矢野顕子”だ」と語る盤石なバンドにMISIAのボーカルが加わったスペシャルなタッグで届けられた「音楽はおくりもの」にすべての観客が引き込まれ、会場全体がえも言われぬ幸福感に包まれたままツアーは大団円を迎えた。

今回はファイナル1公演限りの貴重な共演。会場で楽しめなかった人も、矢野顕子の最新アルバム『音楽はおくりもの』でふたりの歌声の共演を楽しもう。

PHOTO BY 三浦憲治


リリース情報

2021.07.25 ON SALE
DIGITAL SINGLE「音楽はおくりもの」

2021.08.25 ON SALE
ALBUM『音楽はおくりもの』


「音楽はおくりもの」配信サイト
https://jvcmusic.lnk.to/Music_Is_A_Gift

『音楽はおくりもの』特設サイト
https://www.musicisagift.net/

矢野顕子 OFFICIAL SITE
https://www.akikoyano.com/