THE F1RST TIMES

NEWS

2021.12.24

ディーン・フジオカ&岩田剛典出演、『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』新ビジュアル公開

■シリーズ史上、最も背筋の凍る事件の真相に、獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮(岩田剛典)が迫る!

世界的探偵小説『シャーロック・ホームズ』シリーズを原案とし、ディーン・フジオカ演じる誉獅子雄(ほまれ・ししお)と、岩田剛典演じる若宮潤一(わかみや・じゅんいち)が、唯一無二の名探偵バディとして数々の難事件を解決する、フジテレビ系月9ドラマ枠で放送された『シャーロック』が映画化。2022年6月17日に公開される。

2019年10月期のフジテレビ連続ドラマとして放送され、初回視聴率12.8%を獲得。初回放送のFOD見逃し配信の視聴数は118万と、フジテレビ月9枠史上歴代1位(当時)を記録するなど、好評を博したミステリーエンタテインメント『シャーロック』。物語終盤では、主人公・獅子雄が宿敵との対峙の末に海の底に深く沈むという衝撃的なラストに注目が集まった。

また、同年12月23日に放送となった特別編では、獅子雄を失い失意の若宮が、生前の獅子雄の足跡を辿ることで別れを告げ、獅子雄のあとを継ぎ犯罪捜査コンサルタントとして成長したところに、死亡したと思われた獅子雄が3年ぶりに若宮のもとに帰って来て、クリスマスの奇跡と共に物語の幕を閉じた。

そして『シャーロック劇場版』では、ホームズシリーズ最高傑作の呼び声の高い『バスカヴィル家の犬』をモチーフに、不気味な島に棲む華麗なる一族の闇に獅子雄と若宮が迫る!

ドラマシリーズで好評を博した、魅力的なキャラクター、テンポの良いスタイリッシュな演出、美しい映像はそのままに、映画ならではの重厚感と中毒性をもたらすのは『容疑者Xの献身』『昼顔』などヒューマンドラマの名手・西谷弘監督。

あわせて解禁された新ビジュアルは、戦慄の心理スリラーを彷彿とさせる深紅のカラーを背景に、その謎に立ち向かう強い眼差しの誉獅子雄と若宮潤一姿が。ふたりの影が犬の姿になっているなど、様々な意味が潜んでいそうな謎多きビジュアルとなっている。


映画情報

『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』
2022年6月17日(金)全国東宝系にてロードショー

出演:ディーン・フジオカ、岩田剛典
監督:西谷 弘

■ストーリー
瀬戸内海の離島。日本有数の資産家が、莫大な遺産を遺して謎の変死を遂げる。
資産家は死の直前、美しき娘の誘拐未遂事件の犯人捜索を若宮に依頼していた。
真相を探るため、ある閉ざされた島に降り立つ獅子雄と若宮。
二人を待ち受けていたのは、異様な佇まいの洋館と、犬の遠吠え。
容疑者は、奇妙で華麗な一族の面々と、うそを重ねる怪しき関係者たち。
やがて島に伝わる呪いが囁かれると、新たな事件が連鎖し、一人、また一人消えてゆく。
底なし沼のような罠におちいる若宮。謎解きを後悔する獅子雄。
これは開けてはいけない“パンドラの箱”だったのか?
その屋敷に、足を踏み入れてはいけない――。終わらない謎へ、ようこそ。

(C)2022映画「バスカヴィル家の犬」製作委員会


『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』OFFICIAL Instagram
https://www.instagram.com/sherlock_cx/

『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』OFFICIAL Twitter
https://twitter.com/SHERLOCKcx