THE F1RST TIMES

NEWS

2021.12.28

aiko、1年9ヶ月越しの振替公演&Zepp Tokyoでのラストライブのレポート到着!

■「ここ(Zepp Tokyo)では61回ライブをすることができました」(aiko)

aikoのライブハウスツアー『Love Like Pop vol.9』のツアーファイナルが、12月22日にZepp Tokyoにて開催された。

本ツアーは2019年の10月から2020年3月まで開催される予定だったaikoのライブツアーであり、2020年3月7・8日のツアーファイナル2公演が新型コロナウイルス感染拡大の影響により延期。本公演はツアーファイナル2公演の延期公演であり、約1年9ヶ月ぶりの開催となった。また、この日は2022年1月1日に閉館することが決まっているZepp Tokyoでのラストライブとなり、aikoとファンにとっては記念すべきライブとなった。

この日は、一足早くツアーファイナルを迎えた『Love Like Pop vol.22』の最終公演にて、aikoがファンを驚かせる結婚発表を行なった日から、初めてファンの前に姿を現すライブであった。ツアーファイナルを迎えられる喜びと、衝撃の発表から初めてファンの前に姿を現すaikoが、一体どのようなパフォーマンスや話を聞かせてくれるのか期待が膨らんでいく。aikoのライブではお馴染みの赤い舞台幕が落ちると、そこには先日とは印象がガラリと変わったaikoの姿があった。なんと先日まで明るい色のロングヘアーだったaikoが、この日はブラウンのショートヘアーに変貌を遂げていたのだ。久しぶりのaikoのショートヘアに新鮮さを覚えながら、最初に披露されたのは「アンドロメダ」であった。Rockなセットリストが特徴のツアーシリーズである「Love Like Rock vo.l.9」のスタートダッシュを、「アンドロメダ」の心踊るビートで決めていく。

そのあとに披露された「58cm」は、aikoがZeppの舞台と観客までの距離が58cmくらいと思っていてそれをタイトルにしたZeppとゆかりのある楽曲だ。Zeppの舞台と観客までの実際の距離は90cmあるとのことだが、ライブが始まってからすでにaikoとファンの心の距離は、タイトルの通り58cmに感じられるくらいに近く、心が通っていた。「帰りたくないならこのまま朝になろうよ」というフレーズには、Zepp Tokyoでできるライブが特別であり、このままみんなと一緒にずっとライブをしていたいと言ってくれているようで、この日は特に心に刺さった。

「58cm」を歌い終えると、メッセージボードを掲げたファンを見つけ、先日発表した結婚報告に関して「本当にありがとうございます。結婚しました」と改めてファンに感謝の言葉を述べた。

「今日はツアーの最終日で、約1年9ヶ月ぶりで、しかも最後のZepp Tokyoでのライブです。本当に悲しいです」とZepp Tokyoでのラストライブへの名残惜しさを口にした。

続けて、歪んだギターのリフが耳に残る「より道」や「明日の歌」「プラマイ」を歌い、会場の熱気を上げていく。MCを挟んで披露された「ハニーメモリー」や幻想的な映像と照明で彩られた「You & Me both」によって雰囲気を作ると、最新曲の「列車」「食べた愛」などを熱唱。ライブの本編の後半に差し掛かかって披露された「何時何分」では、サビの「さようなら さようなら また今度さようなら」「愛してる 愛してる だからね 好きだよ」という歌詞が、Zepp Tokyoへ向けた最後の”愛の言葉”のように感じた。

また、aikoのライブではお馴染みの男子! 女子!のコールアンドレスポンスは、コロナ禍のツアーで恒例となったジェスチャーで行われると、バンドメンバーを絡めた“コールアンドレスポンスコント”のようなものが繰り広げられていき、会場は笑いに包まれた。ライブは後半戦、次の曲「beat」に突入。するとまた会場は、一気にRockの雰囲気に立ち戻って熱気に包まれた。この日の「beat」は、曲中でバンドメンバーの紹介ソロが盛り込まれた特別バージョン。その後「未来を拾いに」「エナジー」を披露しエネルギッシュに本編の幕を閉じた。

aikoのライブはこれからが本番。アンコールに突入すると「相合傘」がロックなバージョンで披露。「相合傘(汗かきMix)」の今回のバージョンは、まだまだ汗をかけるか? とaikoから曲を通じて言われているように感じた。「相合傘」を歌い終えると「アンコールありがとうございます! 今日はZeppで最後のライブなのですごく気合を入れてきたのですが、なんとなく心なしか緊張してお互いよそよそしい感じがします(笑)。なので、もっともっと受け止めていただけるとうれしいです。アンコールも楽しんでください! 宜しくお願いしまーす!」と続けて、テンポよく「ハナガサイタ」「メロンソーダ」を歌った。

アンコールを歌い終えてノリノリでバンドメンバーの紹介と挨拶を終えると、「今何時だと思っているんだ! まだ9時20分だぜ! 私にしてみればまだ昼の3時くらいだぜ! だってこれで最後ですもん! もうちょっとやらせてくださーい!」と最後の最後までこの日を楽しむつもりでいたことを口にした。ファンももちろんそれに答える形で大きな拍手で応戦。ダブルアンコールがスタートした。「赤い靴」を歌い終えると、サビの8ビートでファンと一体になる「運命」でボルテージを上げていき、「キスする前に」を立て続けに披露した。

ファンの前にもう一度バンドメンバーとラインナップするとaikoは、名残惜しそうに「まだ歌いたいです!」と続けて「最終日とは思えないし、明日も明後日もZepp Tokyoでライブが続いていく感じがします。ここでは61回ライブをすることができました。いろいろな思い出があって、本当になくなるのかな?と今も思ってます。でもみんながいてくれたから今日もいつものようなライブになりました。本当にありがとうございます!」とZepp Tokyoの思い出とともにファンに向けて感謝の言葉を述べた。

「それでは1曲目からいきましょうか?(笑)」とこの日の初めに披露された「アンドロメダ」のセッションを挟み、トリプルアンコールに突入した。Zepp Tokyoで一番披露された回数が多い「be master of life」から始まると、ファンは飛び上がって会場を揺らした。続けてこちらも過去にZepp Tokyoで24回披露されている定番曲の「二人」を熱唱。「二人」の最後に佐野康夫(Dr)が投げたスティックを取りそびれた須長和弘(Ba)を見たaikoが、スティックをキャッチするまでライブは終わらないと、最後にもう一曲「ボーイフレンド」を追加し、Zepp Tokyoでの有終の美を飾った。

「今年ももう少しで終わりですが、1年9ヶ月待っていただき、この日に来てくれて本当にありがとうございます。ライブが終わるのは本当に実感が湧かないのですが、2019年から始まって2021年にライブを終えることができてよかったです。みなさんありがとうございました! また必ず会えますように! またね!」と挨拶して2021年最後のライブを締めくくった。

なお、本公演のセットリストと、aikoのZepp Tokyo公演で過去に披露された楽曲のTOP30とレア曲をまとめたプレイリストが、各サブスクリプションサービスにて公開中。

【Love Like Pop vol.9 ツアーファイナルSETLIST】
1.アンドロメダ
2.格好いいな
3.ストロー
4.58cm
5.より道
6.明日の歌
7.プラマイ
8.ハニーメモリー
9.You & Me both
10.列車
11.間違い探し
12.恋ひ明かす
13.食べた愛
14.何時何分
15.beat
16.未来を拾いに
17.エナジー
アンコール
18.相合傘(汗かきMix)
19.ハナガサイタ
20.メロンソーダ
タブルアンコール
21.赤い靴
22.運命
23.キスする前に
トリプルアンコール
24.be master of life
25.二人
26.ボーイフレンド

PHOTO BY 岡田貴之


リリース情報

2021.09.29 ON SALE
SINGLE「食べた愛/あたしたち」


aiko Live@Zepp Tokyo全61公演【TOP30】プレイリスト
https://aiko.lnk.to/ZeppTokyo_TOP30

aiko Live@Zepp Tokyo全61公演【レア曲】プレイリスト
https://aiko.lnk.to/ZeppTokyo_rare

aiko OFFICIAL Twitter(@aiko_dochibi)
https://twitter.com/aiko_dochibi

aiko OFFICIAL SITE
http://aiko.com