THE F1RST TIMES

NEWS

2022.01.04

SixTONES・ジェシー、『日経エンタテインメント!』のロングインタビューに登場

■浜田雅功から「オマエ、(バラエティ番組に)よう出てるなぁ〜」と言われたSixTONES・ジェシー。「“全部再放送です!”って言っときました」

本日1月4日に発売となったエンタメ専門誌『日経エンタテインメント!』2月号に、SixTONESのジェシーがソロで登場。「こんな道だから楽しいんだ」と題した9ページのロングインタビューで、グループが進んでいる方向や、個人として目指しているタレント像について、率直な心の内を明かしている。

この1月でデビュー3年目に入るSixTONES。グループ活動の核である彼らの音楽は、従来の若手ジャニーズがたどってきた路線と一線を画する、アーバンでアダルトな雰囲気を漂わせており、2枚目のアルバム『CITY』(1月5日リリース)では、そのカラーがより明確になっている。

収録曲は、約80曲の候補からセレクト。「街」というテーマに合わせ、曲順のスタート位置を変えることで「朝盤」(初回盤A)、「夕盤」(初回盤B)、「夜盤」(通常盤)にしているなど、洒落た構成だ。そうやって音を遊び、楽しめていることについて、「僕らはスタッフさんと音楽の話をするグループチャットがあって、普段から気になっている曲を共有しているんです」と、スタッフとの良好な関係が背景にあると述べている。

個人としては昨年夏、初めて単独で主演舞台を経験。若者と老人の2役を演じ、高い評価を得たこの舞台は、ジェシー持ち前の強心臓が終始発揮されていたのかと思いきや、「自信なんてないし、プレッシャーに弱いから、僕に期待しないでほしい」と周囲に言っていたと明かす。上演時期(2021年8〜9月)はまだコロナ感染者が増えていた頃だ。「無事に千秋楽を迎えられて…ちょっと夢みたいだった。でも早いね。始まった当初は『こんなにあるのか!』とか『誰にも見られたくない』って思っていたけど(笑)、やっているうちに、自分から先輩に『もしよかったらお願いしまーす!』ってメールしたりしてたし。ヒャハハ!」とおなじみのジェシー笑いを交えつつ本音を語っている。

バラエティ番組の出演も多い彼。レギュラーを務める『オオカミ少年』(TBS系)のMC・浜田雅功から「オマエ、よう出てるなぁ〜」と言われたそうだが、これについては「全然そんなことない。『全部再放送です!』って言っときました」と話す。様々なバラエティに出演するなかでは、お笑い芸人との攻防があるとも。そこからは、ジェシーの勘の良さがうかがい知れる。

また、昨年11月にCDデビューした後輩グループ、なにわ男子についての率直な感想も。話は昨今のボーイズグループ乱立のことにも及び、そこでSixTONESがどうなっていきたいかも述べている。「自由」を軸とした未来像は、グループのこれからがますます面白くなりそうなビジョンだ。

誌面では、日経エンタ!ロングインタビューおなじみの「ブライベートトーク」のほか、新アルバム『CITY』の全曲レビューも掲載。「プライベートトーク」では、家飲みでのお酒の種類、好きなカレー、使っているボディソープの形状、最近良かったエンタメなど、ジェシージョーク込みの12問。

同号の第1特集は「2022年の新主役100人」。俳優、音楽、お笑いなど幅広いジャンルから、今年の活躍が確実視される顔をピックアップ。大河ドラマの主演を務める小栗旬のほか、坂口健太郎、もう中学生、望海風斗らのインタビューも掲載。さらに、大ヒット中のアニメ『劇場版 呪術廻戦 0』『「鬼滅の刃」遊郭編』の研究特集も。主要キャストのインタビューを軸に、作品の見どころを解説している。

PHOTO:(C)日経BP


書籍情報

『日経エンタテインメント!』2022年2月号
発売日:1月4日
特別定価:790円(税込)
発行:日経BP


リリース情報

2022.01.05 ON SALE
SixTONES
ALBUM『CITY』


SixTONES OFFICIAL SITE
https://www.sixtones.jp