THE F1RST TIMES

NEWS

2022.01.07

松岡昌宏(株式会社TOKIO)、20代後半の自分=「カコオレ」と共演!

■「20年前、30年前と比べて自分はそんなに変わっていないと思いますが、唯一<カコオレ>に感謝するとすれば、その“変わらなかったこと”だと思います」(松岡昌宏)

松岡昌宏が、総合不動産事業を展開する株式会社ベルテックスの新TVCM『カコオレに感謝』篇(30秒、15秒)に出演することが発表された。このCMは1月8日より放送開始となる。

新TVCM『カコオレに感謝』篇では、俳優、アーティストとして活躍中の現在の松岡昌宏=「イマオレ」と、過去の松岡=「カコオレ」(※CMの演出では15年ほど前の松岡を想定)との会話を通し、不動産投資にも通じる、未来に対する過去の準備の大切さを訴求していく。

写真や映像を参考に、今作のためだけに特別に制作されたウィッグとメイクで約15年前の姿となった「カコオレ」の松岡との共演(!?)について「イマオレ」の松岡は、「20代後半(の「カコオレ」)と40代中盤(の「イマオレ」)との共演というのは、ちょっと不思議な感じがしますね。あのときの自分はこうだったなとか、45歳の自分がこうなっているとは思っていなかっただろうなとか、いろんなことを考えながら撮影に臨みました」と語った。

「イマオレ」と「カコオレ」、ふたりの松岡が見せる息の合った掛け合いに注目だ。

■TVCM『カコオレに感謝』篇ストーリー
「パフォーマンスを上げるためには…」と語り始めた現在の「イマオレ」松岡。そこへ「ちゃんと準備が必要だね!」と割って入ってきたのは、襟足長めの髪型に日焼けした肌が印象的な15年前の「カコオレ」松岡。「今のオレがあるのは…」と振り返る「イマオレ」松岡に、「過去のオレのおかげっしょ!」と「カコオレ」松岡が胸を張る。

「例えば、不動産。昔から資産として知られているけど、どう付き合っていくかで、未来が変わるよね?」と未来を見据え、しっかりとした考えを持つ「カコオレ」松岡に、「おー、わかってんじゃん」と、「イマオレ」松岡も目を見張る。「イマオレくん、なんか言うことない?」と問われ、未来へ向けてしっかりと準備をしていた「カコオレ」松岡への感謝の気持ちに代えて、「やっぱ、ベルテックスだろ!」と言葉を贈る「イマオレ」松岡なのだった。

■撮影エピソード
現在の松岡=「イマオレ」と、過去の松岡=「カコオレ」との会話を通して、未来に対する過去の準備の大切さを訴求するという今作『カコオレに感謝』篇。現在の松岡である「イマオレ」役はもちろん、「カコオレ」役も松岡自身に演じてもらう企画だ。参考にしたのは今から15年ほど前の松岡の写真や映像の数々。

今作のためだけに特別に制作されたウィッグと、肌の色や質感までも忠実に再現する精緻なメイクによって、約15年前の「カコオレ」となった松岡がスタジオに現れると、「おぉーっ!」とスタッフたちもどよめく。襟足が長めの髪型や日焼けした肌はまさに“あの頃”の松岡。「カコオレの松岡さんを見ていると、あの頃の(松岡さんが主演していた)ドラマとか曲とか、鮮明に甦ってくるね」と、CMの制作にあたるスタッフたちの感動もひとしおの様子だった。

松岡昌宏 インタビュー
Q:松岡さんご自身が「カコオレ」に感謝することは?
20年前、30年前と比べて自分はそんなに変わっていないと思いますが、唯一「カコオレ」に感謝するとすれば、その“変わらなかったこと”だと思います。この世界(芸能界)に入り、こうして活動を続けるなかで、自分で思ったように、自分を信じて、それを貫いてきたことで、今の自分のキャラクターが成り立っていると思います。そこを曲げなかった過去のオレには感謝したいと思います。

Q:1月11日に45歳という節目を迎える松岡さんの、今後の抱負は?
気張ることなく、例年のようにマイペースでやっていければなと思います。50代までの残りの5年間で、株式会社TOKIOも含めて、いろいろな準備をして、50代に突入できるようになればいいなと思っています。

Q:現在の「イマオレ」が「カコオレ」となる15年後、松岡さんご自身はどのような生活を送っていそうですか?
15年後? 還暦ですか? こたつに入ってみかんを食べているんじゃないですかね(笑)。そんなにバタバタしたくはないので、赤いスーツでも着てうまい酒でも飲んでいると思います。


ベルテックス公式サイト
https://vertex-c.co.jp/

株式会社TOKIO OFFICIAL SITE
https://www.tokio.inc/s/tokio/

TOKIO OFFICIAL SITE
https://www.johnnys-net.jp/page?id=artistTop&artist=7