THE F1RST TIMES

NEWS

2022.01.20

映画『嘘喰い』ジャパンプレミアで、横浜流星、佐野勇斗、白石麻衣らキャストが観客にイカサマ!?

■白石麻衣、人生でいちばんの大きな賭け(ギャンブル)は? の質問に、「この業界に入ったことです」

2月11日に全国公開される、横浜流星主演の映画『嘘喰い』(読み:うそぐい)のジャパンプレミアが、1月19日に開催された。

賞金20億円。嘘を見破れなければ、即死――。天才ギャンブラー“嘘喰い”こと斑目貘(横浜流星)が、日本の政財界、そして裏社会をも支配する会員制の闇ギャンブル倶楽部“賭郎”で、イカサマも、殺し合いも、なんでもありの超危険なデスゲームに挑む姿を描いた映画『嘘喰い』。原作は、集英社ヤングジャンプで連載(2006年~2017年)され、シリーズ累計で880万部(全49巻)を突破した、熱狂的人気を誇る迫稔雄の同名ギャンブル漫画。

本作の公開を記念して開催されたジャパンプレミアでは、ステージに多くの視線が集まる中、横浜演じる斑目貘の「あんた、嘘つきだね」の声と共に、ステージではなく客席中央に、主演の横浜流星を筆頭に、佐野勇斗、白石麻衣、本郷奏多、櫻井海音、村上弘明、三浦翔平ら豪華キャストたちと、本作のメガホンを取った中田秀夫が登場。ステージではなく、客席のなかからの登場という、キャストが観客に仕掛けた嘘(イカサマ)に、開場のボルテージは開始早々最高潮となった。

登場について横浜は、「バレないかハラハラしていましたけど、皆さんを騙せてよかったです」と笑顔で語り、役柄についても「迫稔雄先生の大事な原作をリスペクトしつつ、やるからには それを超えなければいけないという責任感はすごくあって、主人公・斑目貘のトレードマークである銀髪をカツラで表現するという案もあったのですが、地毛を銀髪に染めあげて、ひとつの覚悟を持つことからはじめ、内面も大事にしたいと思い、貘の絶対的な自信と人間らしさを意識しました」と、役柄に込めた想いを語った。

そして佐野も役柄について、「皆、現実離れしたキャラクターばかりの中、自分の役柄がいちばん普通のキャラクターなので、皆さんと同じ目線に立ってお芝居できるようにと思い演じました」と話しつつ、「流星君は、クールなイメージがあると思いますが、すごい話してくれるんです」と話すと、横浜も「いちばん俺のこと知っているんじゃない? たくさん話しました」と仲の良い一面を披露。

そして白石も自身の演じた役柄について「見た目のインパクトが大きいかと思いますが、ヘアースタイルはほとんど地毛で作らせていただいていて、とても楽しませてもらいました。格好良いだけではなくて、女性らしい表情も見せているので、注目していただきたいです」と注目ポイントを話し、悪役を演じた三浦は、「ただの悪役ではない、佐田国の中の、なぜそうなってしまったのかという、根っこの信念の部分も見てほしいのですが、目的のために行動しているということだけを意識して演じました」とキャラクターについて語った。

そしてMCから、死のババ抜き、通称“ハングマン”のシーンについて聞かれた横浜は、「現場に原作があったので、それを読み、台本になくて、原作にある部分を、その場でどんどん付け加えていきました」と語ると、三浦も「都度都度、原作の世界観と監督の世界観をいちばん良い形で併せて演じました」と、ふたりはあらためて原作をリスペクトする想いを吐露した。

そんな原作の映画化について監督は、「クランクインのひと月前に、原作の迫稔雄先生から“貘という主人公は普段ヘラヘラしているようでいて、乗り越えなければ行けないとき(ギャンブルなど)は、とんでもなくエグい勝ち方をする人物です”とバトンを受け取ったので、それをしっかり実現させようと思い、作品を作りました」と作品に込めたこだわりを語った。

さらに、本作に登場する死のババ抜きこと“ハングマン”ゲームにちなみ、自ら引いたカードに書いてある質問に答えるコーナーでは、横浜は、“演じたキャラクターといちばんギャップがあると思う方は?”の質問に、「白石さん演じる蘭子ですかね、普段の白石さんは穏やかでお淑やかな女性なのですが、蘭子のドスのきいた感じが正反対かと思いました」と回答すると白石も「私もそう思います(笑)」と回答。

次に佐野は、“ゲン担ぎはありますか?”という質問に、「1人暮らしなのですが、誰もいない家に向けて、行ってきますと言います」と答えると本郷は、「霊とか住み着いちゃいそうで嫌じゃない?」と会場の笑いを誘った。

続く白石は、“人生でいちばんの大きな賭け(ギャンブル)は?“の質問に、「この業界に入ったことです。元々、保育の道に進むか、音楽の道に進むか迷っているなかでオーディションに合格して、この道に進むことにしました。すごい良い道に来れてよかったと思っています」と満足そうに語った。

本郷は、“2月11日公開日までに成し遂げたいこと、目標は?”の質問に「元々『嘘喰い』の原作を読んでいたのですが、公開日までに全巻読み直したいと思います。皆さんも原作を読んでテンション上げてきてください! という百点満点の答えです(笑)」と自らの回答を自身で褒め、櫻井は、“相手の嘘を見破るタイプ? 嘘を見抜かれやすいタイプ?”という質問に「見破られちゃいますね。普段は嘘をつかないし、つくとしてもボケのような嘘しかつかないのですが、すぐ顔に出ちゃうので、難しいですね」と回答。

村上は、“20億当たったら何をしたいですか?”の質問に「寄付します。持っているとロクなことがないと思いますので、それが潔いと思います」と彼らしい回答をし、三浦は、“街中で会いたくないキャラクターは?”と聞かれ、「みんな癖強いですからね……」と熟考したのち、ちょっと強面の蘭子の部下たちですかね、すぐ拳銃出すので(笑)」と笑顔で答えた。

最後に横浜は、「今日から本格的に映画『嘘喰い』がスタートします。まずは楽しんで観ていただきたいですが、たくさんの方に届くよう、お力添えのほうを皆さんお願いいたします!」と語り、イベントを締めくくった。


映画情報

『嘘喰い』
2月11日(金)全国ロードショー
原作:迫 稔雄(『嘘喰い』集英社ヤングジャンプコミックス刊)
監督:中田秀夫
出演:横浜流星、佐野勇斗、白石麻衣、本郷奏多、森崎ウィン、櫻井海音、木村了、鶴見辰吾、村上弘明、三浦翔平
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)迫稔雄/集英社  (C)2022映画「嘘喰い」製作委員会


映画『嘘喰い』公式サイト
https://wwws.warnerbros.co.jp/usogui-movie/