THE F1RST TIMES

NEWS

2022.02.22

注目の仮想空間プロジェクト『ReVers3:x』(読み:リバースクロス)が始動

■記念すべき第1回のアクトは、KEIJUに決定!

ソニー・ミュージックレーベルズによる仮想空間上での新プロジェクト『ReVers3:x』(読み:リバースクロス)のローンチが、2月22日に発表された。

本プロジェクトは独自に制作した仮想空間を舞台に様々なアーティストのライブを楽しむことができるショートライブプロジェクト。ソニーの最新技術を活用したグループ横断の取り組みとして開催される。

記念すべき第1回として、KEIJUのライブが3月3日22時から配信される。

本ライブは、仮想空間上に作られた東京のストリートに設置されたステージから、全世界に配信。先駆けてXRLIVEプロダクションを手掛けているMomentTokyo、REZ&、huezらの協力のもと、独自に制作された仮想空間内には、先鋭の若手クリエイターを抱えるOFBYFOR TOKYOのデジタルアーティストによるアートも配置され、音楽のみに限らず、空間としても楽しめるコンテンツとなっている。

発表に合わせ、『ReVers3:x』の世界を垣間見ることのできるティザー映像も公開となった。

ライブの撮影は、世界最高品質のソニーのボリュメトリック撮影スタジオ「Volumetric Capture Studio Tokyo」にて実施。ボリュメトリックキャプチャ技術(※1)とソニーのカメラによる4K撮影に加え、Unreal Engineを活用した、MomentTokyoによる高いクリエイティブによる仮想空間の中、大型フェスでも活躍するVJチーム・REZ&の仮想空間内での照明・VJ演出によって、通常のバーチャル音楽ライブとは別次元の高精細な品質の実現に成功。ライブハウスからの配信中継などではない、ウェブ上だからこそできるライブ演出となっている。

今回第1弾となるKEIJUは、東京をホームに持ち、音楽シーン以外にファッションシーンも注目する人気ヒップホップクルー、KANDYTOWNのメンバーであり、その中でもフォトジェニックなルックス、メロウネスを感じさせるボイス含め、強く個性を感じさせるラッパー。ソニー・ミュージックレーベルズに所属するアーティストの中でも、ストリートカルチャーと最も接点があり、本プロジェクトの音楽以外の様々なシーンを横断(クロス)するのにふさわしいアーティストとして起用された。

併せて解禁となった本プロジェクトのロゴは、Nicki Minaj、Flying Lotusのアルバムのジャケットをはじめ、Post MaloneやFetty Wapのアートワークにも関わるなど、東京を拠点に国内外で活躍するグラフィックデザイナーのGUCCIMAZEが制作。また、ワールドビジュアルにはOFBYFOR TOKYOに所属するデジタルアーティスト、midoriによるグラフィックペイントがビルや道路に施されているなど、プロジェクトの世界観と合致したオリジナルのアートワークにも注目だ。

『ReVers3:x』では、2022年3月から1stシーズンとして、今後も不定期にヒップホップアーティストを中心にXRライブの配信を予定。様々なカルチャーの交差点として仮想空間上でのエンターテインメントを発信していく。

※1:ボリュメトリックキャプチャ技術は、スタジオを取り囲む数十台のカメラで撮影した実在の人物や場所を、3次元のデジタルデータに変換し、任意の方向から見た3D映像として高画質に再現できる技術。実世界を丸ごと撮像し、本来カメラがない視点からの映像や、CGと合成したまったく新しい映像表現が可能になる。


『ReVers3:x』OFFICIAL YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCIhFxvd6YkutchugsFqpbzA

『ReVers3:x』公式サイト
https://revers3x.net/

KEIJU OFFICIAL SITE
https://keijutokyo.com/


KEIJU