THE F1RST TIMES

NEWS

2022.03.16

フジファブリック・山内総一郎の新曲が、高校年代の“真の日本一”を決めるサッカーリーグのテーマソングに決定

■若者たちの熱き戦いを、サッカー経験者である山内総一郎本人が推薦した、疾走感溢れる楽曲「風を切る」が盛り上げる!

フジファブリックの山内総一郎が、3月16日にリリースした1stアルバム『歌者 -utamono-』の収録曲「風を切る」が、「高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグ2022 J SPORTS中継テーマソング」に決定した。

『高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグ 2022』は、Jリーグチームを中心とするU-18世代クラブチームと高校サッカー部の強豪校による、高校年代の“真の日本一”の座をかけたリーグ戦。

4月から12月にかけて繰り広げられ、2022シーズンは従来より4チーム拡大した全24チームが、EASTとWESTに分かれて全22節にわたるリーグ戦を行い、各1位チーム同士によるファイナルで王者が決まる。J SPORTSでは毎節の注目試合が、シーズン通して放送される。

楽曲「風を切る」は、ベースを山内と地元・大阪時代からの盟友・砂山淳一、ドラムは以前フジファブリックのサポートも務めていた、刄田綴色(東京事変)が担当。注目の楽曲となっている。

「風を切る」は、参加全24チームと注目選手を一挙紹介する『高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022 ナビ』で3月20日に初オンエアされることが決定。高校年代“真の日本一”を懸けた熱い戦いを、サッカー経験者である山内本人が推薦した、疾走感溢れる楽曲「風を切る」が盛り上げる。

山内総一郎の1stアルバム『歌者 -utamono-』は、ボーカリスト兼ギタリストとして経験を積んだ山内が、“歌”に焦点を当てて制作した一枚。本人とも親交の深い様々なアレンジャーや作家、プロフェッショナルなミュージシャンたちとともに、山内総一郎が生み出す楽曲のあらたな魅力を引き出し、1stアルバムにして最高傑作と呼べる作品が完成した。

4月9日には1stアルバムの発売を記念して、昭和女子大学人見記念講堂にて『山内総一郎 HALL LIVE「歌者-utamono-」』を開催。現在チケットのオフィシャルHP先行を実施中だ。


リリース情報

2022.03.16 ON SALE
ALBUM『歌者 -utamono-』


J SPORTS『高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグ 2022』特設サイト
https://www.jsports.co.jp/football/takamadonomiya/

フジファブリック OFFICIAL SITE
https://www.fujifabric.com/