THE F1RST TIMES

NEWS

2022.04.25

大滝詠一歌唱の「夢で逢えたら」が、映画『ぜんぶ、ボクのせい』EDテーマに決定

■NIAGARA TRIANGLE(大滝詠一、佐野元春、杉真理)による「A面で恋をして」と大滝詠一の「夢で逢えたら」が、7インチレコードシングルとして2タイトル同時リリース!

大滝詠一、佐野元春、杉真理によって1981年に発表された楽曲「A面で恋をして」と、大滝詠一の名曲「夢で逢えたら」の2タイトルが、8月3日に7インチレコードとして同時発売されることが明らかになった。

さらに「夢で逢えたら」が、映画『ぜんぶ、ボクのせい』がEDテーマに決定した。

「A面で恋をして」は、40年前の1982年3月21日にリリースされたアルバム『NIAGARA TRIANGLE Vol.2』にも収録された、NIAGARA TRIANGLE名義のシングル曲。発売40周年を記念して3月21日に発売された『NIAGARA TRIANGLE Vol.2 40th Anniversary Edition』からのリカットという形で、7インチレコードとして、このたびシングルバージョンがリリースされる。

カップリング曲は、同時期にラジオ特番でのみお披露目された、金沢明子の「イエローサブマリン音頭」の別バージョン「イエローサブマリン音頭(特別変)」。(特別編)ならぬ(特別変)であることもポイントだ。この組み合わせは大滝本人も妄想したことがあり、遊び心に溢れたレアアイテムが実現する。

さらに、日本ポップ史を代表する名曲「夢で逢えたら」の7インチレコードも同時にリリース。「夢で逢えたら」は大滝詠一が、”大瀧詠一”名義で作詞・作曲した楽曲で、数多くのカバーバージョンが存在するスタンダードナンバー。

そしてこのたび、制作サイドからの強い要望を受けて、8月11日より、新宿武蔵野館他にて全国順次公開される映画『ぜんぶ、ボクのせい』のエンディングテーマとして本人歌唱のバージョンが起用されることも決定! 映画のラストに彩りを添える、重要なファクターとなっている。

映画『ぜんぶ、ボクのせい』は、自主制作映画『NOISEノイズ』で世界中の映画祭を席巻した駿才・松本優作監督が、オリジナル脚本で満を持して挑む商業映画デビュー作。オダギリジョーが出演するなど注目を集めている。

また、本作のカップリングには、“麒麟 発酵レモンサワー”のCMソングとしてお茶の間で流れている、日本ポップス界を代表する名盤アルバム『A LONG VACATION』からの人気曲「FUN×4」を収録。こちらも話題性の高い2曲が揃い踏みした超強力盤となる。それぞれのジャケットアートワークなどは、追って発表される。


リリース情報

2022.03.21 ON SALE
ALBUM『NIAGARA TRIANGLE Vol.2 40th Anniversary Edition』

2022.08.03 ON SALE
ANALOG「A面で恋をして」

2022.08.03 ON SALE
ANALOG「夢で逢えたら」


映画『ぜんぶ、ボクのせい』 OFFICIAL Twitter(@bokunosei0811)
https://twitter.com/bokunosei0811

大滝詠一 OFFICIAL SITE
http://www.sonymusic.co.jp/artist/EiichiOhtaki/