THE F1RST TIMES

NEWS

2022.04.26

TWICE、東京ドーム3days完遂! 笑顔と涙にあふれたパフォーマンスで魅了

■「私達TWICEをここに立たせてくれて本当にありがとうございます!」(ツウィ)

TWICEが、自身4度目のワールドツアー『TWICE 4TH WORLD TOUR ‘III’ IN JAPAN』の日本公演、東京ドーム3daysの最終日を迎えた。

2021年12月25日の韓国公演を皮切りに、アメリカ5都市7公演でも開催された本ワールドツアーの、日本公演は4月23日・24日と追加公演となった25日を含む3日間にわたり東京ドームにて開催され、約15万人を動員。約2年ぶりの来日公演ということもあり、チケットを求めて応募が殺到した。延べ70万枚を超える応募があり、一般チケット販売時には、瞬く間にソールドアウトとなった超プレミア公演。今回の東京ドーム3days公演で、TWICEは、“韓国デビューしたガールズグループとして、初の東京ドーム3日間連続公演”という記録を樹立した。

そんなプレミアライブの1曲目は、TWICE史上初の全編英語歌詞で世界的ヒットとなった「The Feels」からスタート。日本公演用に用意された、赤の衣装に身をまとい、クールに登場したTWICE。アップテンポなダンスチューン「The Feels」に乗せて、会場は「CANDYBONG Z」(TWICEの公式ペンライト)の光と熱気の渦に飲み込まれた。

メンバーは、「ONE IN A MILLION TWICEです!」と元気よく挨拶。ナヨンは、「ONCE! 私達TWICEを待っていてくれましたか! 私達も皆さんに会うのを楽しみにしていました! 今日は皆さんをハッピーにするステージをお見せします!」と語り、チェヨンは、「今日は最高のステージを用意しています! 最後まで、ワクワク、ドキドキしながら楽しんでくださいね!」とメンバーそれぞれ、最終日に向けた意気込みを語った。

続けて、「SHOT CLOCK」で、黒が基調のシックな衣装で登場したTWICE。ダイナミックなステージングで圧倒的な存在感をみせた。来日公演ができなかった間にリリースしてきた楽曲を初めて生で聴くことができたファンからは歓声を上げられないが、熱気と興奮が伝わってきた。

「SCIENTIST -Japanese ver.-」で始まるパートでは、「What is Love?」「KNOCK KNOCK」「Heart Shaker」といった人気楽曲や、JYPエンターテイメントのメインプロデューサーを務める、J.Y. Parkが作詞作曲で話題となった、「Alcohol-Free」といった楽曲を披露し、TWICEらしいキュートなトリックと、夏を感じさせるようなポップで華やかな演出でパフォーマンスを行った。

そして、2021年に韓国でリリースされた、TWICE 3rd FULL ALBUM『Formula of Love: O+T=<3』に収録されている、グループ初のユニット曲、「PUSH & PULL」(ジヒョ、サナ、ダヒョン)、「HELLO」(ナヨン、モモ、チェヨン)、「1, 3, 2」(ジョンヨン、ミナ、ツウィ)の3曲も披露。「HELLO」では車を使用したド派手な演出で、会場を盛り上げた。

トロッコに乗ってアンコール登場したTWICE。ヘアケアブランド「LUX」とのタイアップソングとして、先月サプライズ配信をスタートした、日本オリジナル配信シングル「Just be yourself」と、昨年リリースされた自身3枚目の日本オリジナルアルバムとして話題となった、「Perfect World」の2曲を披露。「Perfect World」はどんな状況でも、動じない“強い女性”を表現した一曲で、今までのTWICEのイメージを覆す楽曲。スピード感があり力強い曲調で会場を盛り上げた。

2曲を歌唱し終えたTWICE。ツウィは、「最後に、東京ドームに来たのは3年前ですが、今日はONCEのみんなに会えてうれしいです。いつも応援してくれてありがとうございます。私達はいつも皆さんにパワーをお届けしたいと思っています。だからこれからも頑張ります! 皆さんには私達のファンである事を誇りに、幸せに思ってほしいです。改めていつも応援してくれてありがとうございます。私達TWICEをここに立たせてくれて本当にありがとうございます! また会える事を楽しみにしてます!」と話すなど、メンバーひとりずつ、会場に集まったファンに向けてメッセージを送った。

さらには本ツアーの名物企画、ルーレットで当たった楽曲を披露するという企画で、数ある楽曲の中で「HAPPY HAPPY」「Fake & True」「LUV ME」の3曲が当たり歌唱披露。歌唱後、感極まったメンバーの目には大粒の涙が見えた。そのまま、最後の1曲はまだ日本で生披露できていなかった、「Kura Kura」をメンバーが選び最後の1曲を締めくくった。

3日間で約15万人を動員した本公演。24日の公演では、全国47都道府県、140館の映画館でライブビューイングを実施。どの会場もほぼ満席で大盛況で、約2万人を動員した。さらにはNTTdocomoが運営する映像配信サービスdTVでも生配信(後日見逃し配信も予定)を実施するなど大盛況で終了した『TWICE 4TH WORLD TOUR ‘III’ IN JAPAN』。最終日の25日は、公演終了後、会場で緊急告知として、7月27日リリースの自身4枚目の日本オリジナルアルバムのタイトル&ビジュアルをサプライズ発表した。

公開されたアルバムタイトルは、TWICE JAPAN 4th ALBUM『Celebrate』(読み:セレブレイト)。“Celebrate(祝う)“という名前の通り公開されたビジュアルは、2022年で日本デビュー5周年を迎えるTWICEをお祝いしているかのような華やかでゴージャスなデザインとなっている。また、タイトル曲「Celebrate」には、TWICEメンバーが歌詞の世界観にアイデアを出し、JYPエンターテイメントのメインプロデューサーのJ.Y. Parkが作詞に参加している。

今後解禁されるTWICE JAPAN 4th ALBUM『Celebrate』の楽曲に注目だ。

PHOTO BY 田中聖太郎、田中聖太郎写真事務所


リリース情報

2022.05.25 ON SALE
Blu-ray&DVD『T・W・I・C・E』

2022.07.27 ON SALE
ALBUM『Celebrate』


『Celebrate』の詳細はこちら
https://www.twicejapan.com/feature/Celebrate

TWICE OFFICIAL SITE
http://www.twicejapan.com