THE F1RST TIMES

NEWS

2022.04.29

sumika・片岡健太、初の書き下ろしエッセイ『凡者の合奏』発売決定

■「僕が張り切ると大概失敗します。しかし、今自分の身の回りにいる人は、失敗のおかげで仲良くなれた人ばかりです」(sumika・片岡健太)

sumikaの片岡健太(Vo&Gu)初の書き下ろしエッセイ『凡者の合奏』が6月23日発売されることが決定した。

誰よりも“普通”だった青年は、誰よりも傷つき悲しみ、そして支えられてきた。そのすべてがアンサンブルとなり、自分を見つけていく。

「さまざまな人にとっての“sumika(住処)”のような場所になって欲しい」

バンド名の由来にもあるように、sumikaの音楽はとにかく優しく、人への愛に溢れている。

その中心にいる、すべての楽曲の作詞を手掛けるフロントマン・片岡健太。彼の紡ぐ言葉は、人々に寄り添い、そっと背中を押してくれる。その源はどこから来ているのだろうか。

挫折の連続だった中学時代、愛する人の裏切り、度重なるメンバーの脱退、声を失った原因不明の病etc.。

「人との関わりで多くの絶望を味わいました。でもそれ以上に、人との関わりに救われてきた僕は、ようやく“自分”を見つけることができました」

本書は、そんな片岡健太と、彼と関わる人々との記録を綴った人間賛歌エッセイ。オール本人書き下ろしに加えて、故郷の川崎市や思い出の地を巡った撮り下ろし写真も多数収録される。

「特別な才能があるわけじゃない」
「1人では何もできない」
「昔も今も常にあがいている」

凡者・片岡健太のすべてをさらけ出した一冊。
“自分は何者でもない”と悩む人へ――。

明日からの景色が、ちょっぴり明るく見えるはずだ。

片岡健太 コメント
大事な日の直前に複雑骨折したり、これからだという時に突然声が出なくなったり、僕が張り切ると大概失敗します。しかし、今自分の身の回りにいる人は、失敗のおかげで仲良くなれた人ばかりです。失敗から始まる縁に生かされてきました。
毎日を必死に生きて、空回りながら生まれた物語を、笑い話として読んで頂けたら幸いです。


書籍情報

『凡者の合奏』
著者:片岡健太
定価:2,090円(本体1,900円+税)
A5判 320P/ISBN:9784046056672
発行:株式会社KADOKAWA


リリース情報

2022.05.11 ON SALE
DIGITAL SINGLE「Simple」


sumika OFFICIAL SITE
http://www.sumika-official.com/