THE F1RST TIMES

NEWS

2022.06.24

佐野勇斗、エスパス タグ・ホイヤー表参道リニューアルオープンのテープカットセレモニーに登場

■佐野勇斗、書道六段の腕前で短冊に「健康」と願いを込める!

表参道ヒルズに場所を移し、6月25日に「エスパス タグ・ホイヤー表参道」がリニューアルオープン。これを祝して6月24日に、特別ゲストに佐野勇斗を迎えたテープカットセレモニーが実施された。

佐野は、大人気のブラックダイヤルに自社製ムーブメント「ホイヤー02T」を搭載した日本限定モデルで、本店舗にて先行販売される「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02Tトゥールビヨン クロノグラフ ジャパンリミテッドエディション」(日本限定モデル/限定本数50本)を身につけ登場。

テープカットセレモニーに続くトークセッションでは、ストアデザインに初めて日本文化である“和”を取り入れ、タグ・ホイヤーのアバンギャルドな世界観を表現した店舗について「僕は田舎出身だからか、和の雰囲気は落ち着き、心が温かくなります」とコメントした。

また、7月7日の七夕に向けて「エスパス タグ・ホイヤー表参道」にて実施されるキャンペーンにちなみ、短冊に今年の願い事を“健康”と毛筆で記載し、「24歳になり徐々に歳も重ねてきたので、自分の中ではまだ若いかなと思っていますが、若いうちから食生活や筋トレなどをして健康には気をつけたいと思っています」と語った。

佐野が書いた短冊は店舗にて7月7日まで掲示される。

(C)タグ・ホイヤー

■佐野勇斗 トークセッション
Q.タグ・ホイヤーのイメージと、佐野さんご自身の最近のチャレンジについて教えていただけますか?
ラグジュアリーでありつつ、スマートウォッチャーなど最新のものを取り扱っているイメージがあります。チャレンジとしては最近、あるドラマの撮影で10キロほど増量しつつ筋トレをしています。人生でいちばん体を鍛えていますね。

Q.本日は、世界三大複雑機構のひとつで高級時計の代名詞である「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02Tトゥールビヨン クロノグラフ ジャパンリミテッドエディション」を着用していただいておりますが、いかがでしょうか? どのようなシチュエーションの時に着用されたいですか?
すごい重厚感がありまして、黒を基調としたボディに赤をさし色というデザインが男心をくすぐられてかっこいいと思いますし、日本で限定50本と言うこともお聞きしまして希少感というのもまたすごい素敵だなと思いました。勝負の日につけたいなと思っていましてライブに行く前の朝だったりに着けてゲン担ぎ的な。大切な場面で力を貸してほしいですね。

Q.佐野さんにとって“時間”とはどのようなものですか? また“大切にしている時間の過ごし方”などあれば教えてください。
人に与えられた時間は唯一平等なものと思っていて、今の僕がここに立たせていただいているのも、きっと過去の自分の何かがあったからこそ今の僕があるわけで、一瞬一瞬を大切にするというのは心掛けていますね。今はドラマだったりグループの活動だったりとお仕事の時間が充実しています。他の時間は、SNSを活発に更新して、普段応援してくださる皆様と交流するという時間に大切にしています。

Q.タグ・ホイヤーのモットーは“プレッシャーに負けるな!”ですが、佐野さんはどんなときにプレッシャーを感じますか?
プレッシャーを緊張と捉えると、撮影やライブの際などはつねに緊張はしています。昔から緊張しやすいので、緊張しているからこそ逆に安心できると言うような心構えで考えています。逆に緊張をしないときのほうが失敗をしてしまったりするので、友達のようにプレッシャーや緊張とはずっと付き合っていくものだと思っています。

Q.もうすぐ七夕ということで、新しいお店に期間限定で取り入れられた“和”の文化と連動し、笹と短冊をご用意しました。ぜひ佐野さんにも、お願いごとを書いて発表していただければと思います。
“健康”です。24歳になり徐々に歳も重ねてきたので、自分の中ではまだ若いかなと思っていますが、若いうちから食生活や筋トレなどをして健康には気をつけたいと思っています。笹に短冊をつけることも久しぶりです。僕は田舎出身だからか、和の雰囲気は落ち着き、心が温かくなります。

Q.今日新しい表参道店をご覧になって、お気に入りのタイムピースは見つかりましたか?
やはり今腕つけさせていただいている「カレラ」です。着けた瞬間からかっこいいと思い、時計に興味が湧いてきました。


M!LK OFFICIAL SITE
https://sd-milk.com/