THE F1RST TIMES

NEWS

2022.07.10

緑黄色社会・小林壱誓、NiziU「ASOBO」を考察。「実は絶妙な不気味さを持っている不思議な曲」

■「“ASOBO”って言葉にフィーチャーしたのが天才的!」(緑黄色社会・小林壱誓)

緑黄色社会の小林壱誓(Gu)が、レコメンドしたい音楽を紹介する『誰だってNeed music』。第15回となる7月10日放送で紹介した楽曲は、NiziUの「ASOBO」。

「『ASOBO』は2021年に大ヒットを記録した1stアルバム『U』以来となるデジタルシングルで、“遊び心があれば日常は変えられる、遊び心があればどんな日常でも楽しめる”というメッセージが込められた楽曲だそうです。MVを見ても、すごくたくさんの遊び心が散りばめられているので、みなさんもチェックしてみて下さい」と、まずは楽曲紹介。

そして、「まずね、“ASOBO”って言葉にフィーチャーしたのが天才的ですね! もちろん、NiziUのメンバーが歌う“ASOBO”だから、素敵になってると思うんですけど。それを分かって、“ASOBO”をチョイスする遊びが、遊んでますよね」と楽曲のテーマについて大絶賛。続けて、「これ、作詞家さん誰なんだろうな? と思って調べたら、脇阪真由さんという方だったんですけど。他にもビッグネームの韓国アイドルの日本詞を書いてる方で、すごい方でした! 日本には天才がまだまだいるんだなぁと思いました」と感心。

さらに、「この曲って、“どんな時も前向きになれるパワーをくれる曲”って感じがするんですけど、実は絶妙な不気味さを持っていると僕は思っていて。というのも、曲全体を通して分かりやすいピークがないというか。それゆえにずっとワクワクしながら聴ける曲の作りになっているのかな? という僕の考察なんですけど」と独自の視点で解説。

「ハウスミュージックのようで、どこか無機質に感じる曲の単調さがありつつ、わりかし音程が自由な管楽器が乗っかってて、楽しげなダンスナンバーに仕上がってるという不思議な組み合わせの世界観なんですよね。曲自体も3分でサクッと終わるんで、何回もリピートして聴きたくなる中毒性も持ってます」と、この曲の持つ魅力や中毒性の秘密を明かすと、「ちなみに僕はMAYUKAちゃんのラップがすごく好きです! ……というね、情報を最後に終わりたいと思います(笑)」と、個人的なお気に入りの箇所も照れくさそうに明かして、レコメンドを締めくくった。

『誰だってNeed music』は、J-WAVE(81.3FM)で毎週日曜午後に放送中の『SAISON CARD TOKIO HOT 100』内で、13時30分~、15時25分~(※)放送。毎回1曲ずつ、小林壱誓が自らセレクトしたおすすめ楽曲を紹介。熱量の高いレコメンドで、楽曲の新たな魅力を伝えていく。

『THE FIRST TIMES』では、放送しきれなかった小林の言葉もノーカットで紹介。radikoでは、放送後から1週間、視聴可能となっている。

『誰だってNeed music』プレイリスト


『誰だってNeed music』概要
7月10日(日)放送
毎週日曜13:30~、15:25~放送
※放送時間は毎週入替
※J-WAVE『SAISON CARD TOKIO HOT 100』内で毎週放送される120秒の長尺CM企画。


リリース情報

2022.07.04 ON SALE
緑黄色社会
DIGITAL SINGLE「ブレス」


緑黄色社会 OFFICIAL SITE
https://www.ryokushaka.com/

NiziU OFFICIAL SITE
https://niziu.com/