THE F1RST TIMES

NEWS

2022.07.14

二宮和也×川口春奈出演、JCB新CM『キャッシュバック』篇が全国にて放送開始

■CM特設サイトでは、OAに先駆け、CM本編やメイキング映像が順次公開!

二宮和也と川口春奈が出演するJCBのCMシリーズ「SCOOP! JCB」の『キャッシュバック』篇(15秒)が、7月15日より全国で放送スタート。JCBのCM特設サイトでは、オンエアに先駆け、7月14日朝4時より、新CMやメイキング映像の公開が順次スタートする。

新CM『キャッシュバック』篇は、取材のためにショッピングモールを訪れていたJCB通信社の二宮編集長と川口記者が、たまたま設置作業中の大型サイネージ広告に遭遇。そこに掲げられていた内容から、キャッシュバックなどの様々なキャンペーンや優待サービスがJCBカード会員に届けられる「SCOOP! JCB Program」がスタートすることを知り、スクープするというストーリーだ。

「SCOOP! JCB」シリーズは、JCBの特長やサービスなど消費者に有益な情報を、架空の通信社である「JCB通信社」がスクープする様子に見立てて展開されるブランドプロモーション。

「JCB通信社」の編集長役に二宮和也、そして若手エース記者役に川口春奈を配し、「あなたの知らないJCBがある。」をキャッチフレーズに、TVCMやデジタル広告、屋外広告など、様々なチャネルを通して、JCBの特長やサービスなどを、よりわかりやすく訴求していく。

【ストーリー】
取材のためにショッピングモールを訪れていたJCB通信社の二宮編集長と川口記者。店先でカードやスマホでJCBのタッチ決済を利用する人が次々と現れるのを目の当たりにし、二宮編集長は「またJCBきてるな」と感嘆の声を上げる。

一方、“何か”を発見し、「あっー!」と声を上げたのはエースの川口記者。その視線の先にあったのは設置作業中の大型サイネージ広告。「SCOOP! JCB Program ~今、いつものあのお店で キャッシュバック~」と掲げられた広告の内容に、「キャッシュバック!?」とトクダネの匂いを感じる二宮編集長。

一方、エースの川口記者は、スマホの決済画面に映し出された青・赤・緑の「JCBエンブレム」を指さし、「このマークがあれば良いんですね?」と、その広告が、様々なキャンペーンや優待サービスをJCB会員へ届ける「SCOOP! JCB Program」のものであると察した様子。

「JCBで、いいことはじまる!」と確信したふたりは、二宮編集長の「急ぐぞ」の声とともに、裏取り取材を慣行すべく足早に「JCB通信社」へと向かうのだった。

■撮影エピソード
「“キャッシュバック”や“月額無料”というワードが嫌いな人、いるんですか? いるわけないんだから!」と切り出したのは「JCB通信社」の編集長役の二宮。「(その言葉を聞いただけで)わくわくしますから!」とエース記者役の川口も大きく頷く。「JCBと言えばハワイのトロリーバスに無料で乗れたり、ディズニーランドの完全貸切キャンペーンなどは有名ですが、より自分たちの生活の身近なところで、特典やサービスが拡がっているのはありがたいですね。期待大です」という川口に、「嬉しいね!」と二宮も言葉を添えていた。

また、新CM『キャッシュバック』篇に関連して、ふたりが身近なところで発見した“トクダネ”を紹介。

「連続ドラマの犯人」と答えたのは二宮。自身が出演している連続ドラマが放送されていると、犯人は誰なのかを訊ねられることが多いそうで、そのときは「(トクダネを)握っている感じがします」とのこと。「(出演している)我々だけの特権ですね」と話した。

一方、川口は「トクダネなので、あまり人には言いたくはないのですが」と前置きした上で「モヤシを1袋5円で売っている八百屋さん」。偶然見つけたお店なので「あまり知られたくないな」と川口。「確かにそういうお店は教えたくないよね」と二宮も共感していた。


CM特設サイト
https://www.jcb.jp/special/scoopjcb/index.html