THE F1RST TIMES

NEWS

2022.07.15

ドキュメンタリー『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』予告編&場面写真が解禁

■ザ・ビートルズ、デビュー60周年! インド滞在期のビートルズの知られざる素顔に迫る

9月23日に公開されるドキュメンタリー『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』(原題:Meeting the Beatles in India)の日本版予告編と場面写真が解禁された。

本作は、世界的ロックバンド、ザ・ビートルズの最高傑作 『ホワイト・アルバム 』の誕生に遭遇した1人の青年がビートルズと過ごした奇跡の8日間が描かれるドキュメンタリー。『ホワイト・アルバム 』を生んだインドで、ビートルズと共に過ごしたポール・サルツマンが監督を務める。

解禁された予告編は、ビートルズ博物館「ビートルズ・ストーリー」に飾られたサルツマン監督が撮影したビートルズの有名な1枚の写真から幕を開ける。

1968年、超越瞑想運動の創始者であったマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーに招待され、北インドのリシケシュ、ガンジス川のほとりにあるアシュラム(僧院)に滞在していたビートルズ。不思議な縁で彼らと出逢った当時23歳のサルツマン監督は、その夢のような8日間をカメラにおさめていた。その後、長年忘れさられていた写真を再び発見したことから、50年以上の時を経て、ビートルズとインドの関係を紐解く旅が始まる。

サルツマン監督はビートルズ研究の第一人者である歴史家マーク・ルイソンと共に再びアシュラムを訪れ、ビートルズの代表作にして最高傑作と謳われるアルバム『ザ・ビートルズ』(通称『ホワイト・アルバム』)の楽曲が多く生まれたインド滞在期のビートルズの、楽曲制作の瞬間とプロセスを目撃した当時の思い出を語る。モーガン・フリーマンのナレーションにのせて、製作総指揮を務めるデヴィッド・リンチや、インドに同行したジョージ・ハリスンの元妻パティ・ボイドも登場する。

また、サルツマン監督が撮影したビートルズのメンバーを始めとする計10点の場面写真が解禁。本編ではこれらの写真が撮影された背景や、メンバーとの貴重なエピソードなどが明らかとなる。


映画情報

『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』
9月23日(金)よりヒューマントラストシネマ 渋谷、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺 、新宿 バルト9 ほか、全国順次公開

監督・脚本・製作:ポール・サルツマン
ナレーション:モーガン・フリーマン
製作総指揮:デヴィッド・リンチ
出演:デヴィッド・リンチ、パティ・ボイド、ジェニー・ボイド、マーク・ルイソン、ルイス・ラファム、ローレンス・ローゼンタール、リッキ・クック、ハリプラサード・チョウラシア、デヴィアニ・サルツマン
原題:Meeting The Beatles in India
配給:ミモザフィルムズ
(C)B6B-II FILMS INC. 2020. All rights reserved

【STORY】
1968年、23歳のポール・サルツマン監督は、失恋の傷を癒しに北インドのガンジス川のほとりにあるマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーのアシュラム(僧院)の門を叩く。そこで思いがけず出逢ったのは、世界的ロックバンド「ザ・ビートルズ」のジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人だった。サルツマンが瞑想を学びながら、カメラに収めたビートルズと過ごした奇跡の8日間が、50年以上の時を経て初めて明かされる。


公式サイト
http://mimosafilms.com/beatles/